Tagged: お茶

便秘&ダイエット用デトックスティー・五葉茶を飲んでみた感想

五葉茶(ごようちゃ)と言っても、カッシアアラタ(別名・ゴールデンキャンドルブッシュ)をはじめ杜仲の葉や黒大豆・はと麦など16種類の天然植物が配合されているブレンドティーです。
さらに便秘をケアするために、食物繊維の「難消化性デキストリン」も新しく入ったそうです。

お通じやダイエット向けの健康茶は、「飲みやすい」と広告に書いてあっても実際は苦味やクセの強い味が多い印象。 ギムネマ茶や杜仲茶はおなかにはいい気がしましたが、苦くて食事と一緒に摂ると味が変わってしまうのがマイナスでした。

ビューティプランニングの便秘デトックスティー・五葉茶

●五葉茶の味について

最近は五葉茶のように、何種類ものお茶をミックスして飲みやすさにもこだわったものが増えてるようですね。
たしかに急須で淹れてみると、やわらかい口当たりと滋味のある味で飲みやすい。

「ほうじ茶に似ている」という口コミがありましたが、そこまで苦くないです。村田園の万能茶のように、香ばしさはあるものの麦茶感覚で飲めました。冷やすとまったく気になりませんが、温かいままで飲むと少しとろみがあります。

お通じへの効果も良かったです。飲んだ翌日はするっと出ました。

●五葉茶に入っている天然植物と副作用について

主成分であるカッシアアラタ(ゴールデンキャンドルブッシュ)には、漢方薬に使われているセンナと同じセンノシドという成分が入っているというので、副作用について調べてみました。

すると、下剤作用があるので妊娠中は控えたほうがいいものの、お茶として飲む程度なら気にするほどではないみたいですね。
センナを飲み続けていると腸が黒くなるので良くないとか、腸の働きが悪くなるという話を聞いたことがあったので不安でしたが、それは「毎日、大量に飲むことを習慣化した場合」の話でした。


私が2~3日ごとに飲んでいるかぎりでは、おなかが痛くなったり負担を感じたりということはなかったので、便秘で毒素がたまるよりはいいかな~と思いました。

ポンパドールのペパーミントリーフハーブティーを便秘改善期待して飲んだ感想

ドイツのハーブティー会社POMPADOUR(ポンパドール)の緑箱のペパーミントハーブティー。
スーパーや輸入食品店では定番と言えるほど、置いてある率が高いですね。
ペパーミントティーを買うのは初めてなので、少な目の10包み入りを買ってみました。

pompadourポンパドールのペパーミントリーフハーブティー

1回分ずつアルミパックで密閉されているので、開封してから時間がたっても香りと風味が変わらないのがいいです。
紅茶のティーバッグと同じようにポットで淹れますが、蒸らし時間は少し長めで。
フタをして3分から5分蒸らすと、うまみや有効成分がしっかり出ます。

ペパーミントティーの色は・・・ウーロン茶みたいに濃厚な茶色!
生のミント葉で淹れるハーブティーは薄い黄緑色で清々しい雰囲気ですが、これは「いかにもお茶」という色合い。
ミントのアイスやチョコに比べるとスースーしたメントール感は少ないです。むしろ、ローズマリーティーの風味の方がすっきり爽快に思えるほど。苦味はありません。
口の中はさっぱりするので、脂っこい食事と併せたりして飲んでます。ノンカフェインだから夜でも安心して飲めるので良いです。


先日、便秘外来専門医の松生恒夫(まついけ つねお)氏の「毒出しジュースダイエット(マキノ出版)」という本を読んだのがペパーミントティーを飲もうと思ったきっかけです。
ペパーミントティーと生姜・オリゴ糖を混ぜたドリンクを飲むことで、腸の働きを良くしようという内容の本でした。
防風通聖散という便秘やおなかぽっこり向きの漢方薬にも薄荷(ペパーミント)が入っていると書いてあったので、ダイエット効果をけっこう期待して飲んでました。
しかし、ペパーミントティーを飲んだからといって便秘やお腹のお肉に変化は感じません・・・うう。
ノンカロリーだし味も体に悪い感じはしないので、気長に取り入れてみます。

 

日本産のべにふうき茶葉紅茶・奥八女産和紅茶を飲んだ感想

愛飲している緑茶や粉末やまかいと同じ、福岡県八女市の「お茶の千代乃園」で作っている紅茶のティーバッグです。
紅富貴(べにふうき)という品種は、花粉症対策に良いと言われているメチル化カテキン効果を期待し、緑茶としての飲み方が広がりポピュラーになっています。
しかし元々は紅茶用に改良された品種なので、一度紅茶として飲んでみたいと思っていました。

お茶の千代の園の奥八女産和紅茶

ティーバッグに入っている茶葉の形もしっかりしていて、リーフで入れたのに近いしっかりした味と香りです。色も透明感があって鮮やか。苦味はありませんが、一般的なダージリンよりは濃い味わいです。
じわーっと口内全体にうまみが感じられるお茶で、ストレートで飲むのにはまっていました。
べにふうきはアッサムに似た茶品種ということで、牛乳を入れてミルクティーにしても合いそうですが、もったいなくてできません・・・
「和紅茶」だけあって、和食の朝ごはんと一緒に飲んでも違和感ありません。最中や羊羹ともうまく調和してくれます。

12袋で630円とちょっと高めですが、ポットでの2煎目でもしっかりきれいな色と味が出るので、コストパフォーマンスは良好です。
外袋は厚手でチャックもきちんと閉まるので、保存での劣化も気になりませんでした。
色が5種類から選べるので、プレゼントにも良さそう。写真のはゴールドで、けっこう落ち着いた色合いです。

石垣食品 フジミネラル麦茶と烏龍茶には石が入っている!&味の感想も

「♪ミネラールむ・ぎ・ちゃ! ウーロン茶っ緑茶~」というCMソングでおなじみのミネラル麦茶です。
(30才以上の世代ならたぶん知ってますよね?)

フジミネラル麦茶の箱

子供の頃は麦茶の会社やブランドの区別などつかずに何でもガブガブ飲んでました。
ところが自分で買って作るようになると、会社によって相当味が違うのに気がついた!
大手のものやスーパーのプライベートブランドなどマイナーな物まで色々飲みましたが、香りがほぼ無かったり、色や味が出ないなど、いまいちだったりも。
その中で、値段と味のバランスで、フジミネラル麦茶は気に入っています。

箱に書いてあるのですが、焙煎した麦の皮や粉をざっと取り除くことで、雑味や苦味が減っています。
そして、驚いたのが、パックの中にミネラル石(黒曜石)が入っていること。水道水で気になりがちなカルキ臭を無くす狙いみたい。
たしかに飲んでいて、軟らかくてまろやかな味だと思います。焙煎大麦の香りも香ばしいです。

石垣食品フジミネラル麦茶に入っているミネラル石

ためしに、パックを開いて、ミネラル石が入っているか確かめてみました。細かいガラス片のような黒い石が少し入っています。

烏龍茶も飲んでみましたが、やはり苦味や渋味がなく、とても飲みやすいです。烏龍茶の中には飲みにくいのもありますが、それと比べるとまろやかで茶葉の味を感じやすいです。台湾産の茶葉を使用していると書いてあります。


パッケージのデザインも昔ながらの商品ですが、意外なこだわりと良さがあり、ロングセラーで売れている理由がわかりました。
子供から大人まで美味しく飲める癖のない味で、煮出さなくも水出しで簡単に満足できるお茶が作れます。

 

トワイニングティーバッグ5種類セット・クラシックコレクション飲んだ感想

紅茶の定番ブランド・TWININGSトワイニングの5種類アソートセット。
前から正規輸入代理店(片岡物産)の日本向けティーバッグ「ザ・ベスト・ファイブ(5種類×4袋)」は良く飲んでいましたが、これは富士貿易が輸入している「クラシックコレクション(5種類×5袋」で、ちょっとお買い得だったので試してみました。

トワイニングTWININGS紅茶ティーパック5種

最後の2つは、ザベスト5にあるダージリン&セイロンオレンジペコと違う味です。
どちらもトワイニングのは飲んだこと無かったので、楽しみでした。

●セット内容

  • アールグレイ
  • レディグレイ
  • プリンスオブウェールズ
  • イングリッシュブレックファスト
  • トラディショナルアフタヌーンティー

 

箱を開けてみると、種類ごとに透明パックされているものの、ティーバッグはペラペラの紙袋に入っています。安めの紅茶ティーバッグによくある薄い紙袋です。
ザベスト5のはしっかりした内側アルミ紙パック入りなので、それと比べるとちゃちぃなぁ。
夏だし全部飲みきるのに3ヶ月くらいはかかるため、湿気や匂い移りが気になるので箱ごとビニール袋に入れて保管しています。そのままでは紅茶の香りも飛んでしまいそう。

どれもホットのストレートで飲んでみました。
アールグレイやプリンスオブウェールズの味や香りは、いつも飲んでいるのとだいたい同じ感じがします。
レディグレイはフレッシュさが少し弱いような・・・気のせいかもしれませんが。レディグレイはティーバッグとリーフ(茶葉)で比べてもちょっと香りの印象が違ったので、配合が微妙に違うとかフレーバーが抜けやすいとかあるのかも。
イングリッシュブレックファストはさっぱりしていて香りも弱く、ただの安めのセイロンみたいな味。ミルクとの相性が良いそうなので、濃い目に入れてミルクティーにしたりチャイにしたらおいしそう。
トラディショナルアフタヌーンティーも味が薄めのダージリンで、想像していたほど個性は強くなかったです。

クラシックコレクションだけに入っている2つがそこまで好みでは無かったのと、保存中に品質が変質しやすいのが気になるので、次回トワイニングのセットを買うなら日本国内向けのにします。(セイロンオレンジペコの味が好き、という理由もあり)
すぐに飲みきってしまう人なら、こちらの方もいいかもしれません。