Tagged: たるみ

ジバンシイVAXシティローションセラム美容液を使った感想

久々に、びっくりするような使い心地のコスメに出会いました。
ジバンシイの新しいエイジングケア対策美容液「VAXシティローションセラム」です。
@コスメのファンクラブプレゼントでいただき、発売前から1週間ほど使ってるんですが、かなり幸せ気分になれちゃう美容液で、ジバンシイの他のスキンケア商品にも興味が出てきたほど気に入りました。

ジバンシイVAXシティローションセラム美容液(GIVENCHY VAX'IN CITY SKIN SOLUTION)

VAXローションセラムのパンフレットによると、この美容液は大気汚染による肌ダメージを修復させるのが目的だそう。
肌機能をアップさせることで、汚染物質が原因のくすみやシワなどに立ち向かう力をつけるというスキントレーニング発想がコンセプトです。
たしかに、汚い空気を浴びると肌が疲れちゃいますね…。自然が多くて空気がきれいな場所に行くと、なんだか肌荒れも化粧崩れもしにくいように思えてたけど、気のせいじゃなかったんだなぁ。

このごろは最先端のテクノロジーを使った化粧品が増えていますが、VAXローションセラムも生化学者が開発に携わっています。サウナやスパイスの効果として有名な、少しの刺激が細胞を活性化させるという現象・ホルミシス効果を応用し作られたそうです。
わざと微弱なストレスを与えてスーパーHSP70というたんぱく質を生産させることにより、修復機能や免疫機能が高くなったという研究結果がみられたとか。

ジバンシイVAXシティローションセラムスポイトと美容液((GIVENCHY VAX'IN CITY SKIN SOLUTION SERUM)

大きめのスポイトで取り出すタイプの美容液で、ていねいにお肌のお手入れしてる~と気分が盛り上がります。
1プッシュだと顔全面になじませるのにちょっと足りない感じかな。2プッシュを顔と首に塗ってちょうどいいくらい。
クリーミーな液は、ジェルと乳液の中間なやわらかさ。とても肌なじみが良く、朝でもストレスなく使えました。
塗ってすぐに、肌キメが整って見え、吸いつくような弾力が出たのに驚きました。
いつも使ってる美容液の前に塗るプレ美容液らしいですけど、VAXローションセラムだけでも充分しっとりふわふわなさわり心地の肌になるので、美容液はパスしてすぐ乳液塗っちゃってます。
肌状態にもよると思いますが、まだ空気の乾燥がひどくないし、その使い方でも寝る前に塗って朝の洗顔後までしっかり潤ってるので。

保湿効果は申し分なしだし、頬がふっくらしてたるみが目立たなくなるせいか、小顔に見えるところも気に入りました。
ぐぐっとリフトアップしてるのにシリコンやポリマーで無理に引きつってる感触はなく、肌自体は赤ちゃんみたいにやわらかいのが不思議。
それと、くちなしの花が咲いたかのような香りに癒されますね。ふだん匂いの強いコスメはあまり使わないんですが、香水でも有名なジバンシイだけあってすごく自然な香りで、塗っている間に気分も明るくなりました。

容器が変わっているので中身の残量がわかりにくいですが、10回ほど使っても横の透明部分が減らないので、品質の割にはコストパフォーマンスも悪くなさそう。
細胞に働きかけるコスメにしては刺激が少ないのでよほどの敏感肌でなければ使えそうですし、エイジングケアの即効さや使用感のよさにこだわる人にはかなりおすすめです。

@コスメでは9/29まで、VAXシティローションセラムのイベント参加やサンプルパウチのキャンペーン募集をしているので、気になっている方は応募してみてはいかがでしょう。

エンビロンのモイスチャージェル&クリームスタート3日使用体験

このところ関東では晴れた日が続いていて、紫外線もピカピカに強いですね。
外出するときは日焼け止めクリームを塗って帽子もかぶってますが、それでも夜になると肌がUVのせいで疲れてしまってる気が。
せめて紫外線ダメージを減らせないかと思って使ってみたのがこのエンビロンのモイスチャージェルとモイスチャークリームスタートです。

ENVIRON(エンビロン)は30年近く前に南アフリカの形成外科医・D.フェルナンデス氏が皮膚医学の観点から開発したスキンケアブランド。
紫外線によって皮膚のビタミンAが破壊されることに着目し、肌環境を整えるようビタミンA・ビタミンC・ビタミンEなどの保湿成分を高配合しているのが特徴です。
日本でも多くの美容皮膚科クリニックで採用されていますが、ビタミンA配合率が高すぎて刺激になるおそれもあるため、今までは医師・薬剤師による対面カウンセリングが必要でした。
今回使ってみたモイスチャージェルスタートとクリームスタートは、作用の穏やかなプロビタミンAを処方していることにより、外来にかからずエンビロンの公式通販サイトで買うことができます。

エンビロンのモイスチャージェルスタート

化粧水+美容液的な位置づけのモイスチャージェルスタートは、鮮やかなオレンジ色。
肌に出した瞬間は寒天みたいに固めですが、肌の上でだんだんと溶けてゆるくなっていきます。
匂いは外国コスメにしてはそんなに気にならないし、水分が肌の上に浸透していく塗り心地はおもしろいです。
しかしゼラチンが入っているせいか、乾いてくると肌がピーンと張った感覚になるのは好みが分かれるかも。
フジフイルム・アスタリフトジェリーと同じようなツッパリ感で、私はちょっと苦手です…。

シリコンやポリマーなどの成分で肌荒れしやすい肌なんですが、エンビロンのジェルは大丈夫でした。
しっかり乾くまではちょっと時間がかかるので、化粧前には余裕を持たないとファンデがうまくのりません。
塗る量を少なめに調整すれば朝でも使いやすそうですが、1回使い切りサイズなので開封してから何時間も置いておくとビタミンが壊れてしまいそうな気がしてできませんでした。

エンビロンのモイスチャークリームスタート

乳液+クリーム効果のモイスチャークリームスタートはかなりこってりめ質感のクリーム。
ただ、見た目とは違い、肌に伸ばしていくとなじみは良いです。
油分がそんなに多くないようで、水分やパンテノールなどの保湿成分で肌が満たされていく感じ。
こちらもジメチコン等のポリマー成分が入ってましたが、塗ってすぐの刺激は感じませんでした。

ジェルとクリームを朝晩使い出して2日目に、肌きめが綺麗に整いだしたような。透明感が出て、肌の弾力も増してます。
ところが3日目、なんだか皮膚が薄くなっているような気がして使うのをやめました。
それからはキュレルの化粧水&乳液やクリームとかの低刺激シンプルケアに変えたんですが、数日たった今でも洗顔後に頬が乾燥して細かい皮むけしているのが気になります。
配合成分を良く見てみましたが、肌を薄くする効果がありそうなのはビタミンC(アスコルビン酸)くらいでしょうか。
ビタミンAが多く入っているというのは覚悟してましたが、けっこうビタミンCの作用も強いですね。
エンビロンの説明文では「日本人向けの低刺激処方」だと書いてありますが、ピーリング系コスメで荒れやすい人は注意が必要かもしれません。

それとトライアルセットが届いてから知ったことですが、このジェルとクリームの原産地は南アフリカ共和国です。
海外コスメは色々使ったことがあるものの、Made in South Africaという文字は初めて見ました。国産にこだわる人はお気をつけて。

ルアンジュボーテ アクティブゲルでたるみ頬が上がったかも!?

ルアンジュボーテのアクティブゲルです。先日の記事で感想を書いたルアンジュボーテの化粧水と一緒に使いました。
肌が弱いのであまりジェルコスメは使わないんですが、これは説明に「敏感肌でも使える」とあったので信じてみました。

アクティブゲルは乾燥肌~普通肌向けのジェルで、美容液と乳液の役割的なアイテムのよう。
化粧水と同じで、エイジングケアに良いという研究がされているEGFや、抗酸化力の高いフラーレン・白金ナノコロイドのほか、植物性のプラセンタ・バイオアンテージといった保湿成分が含まれています。
夜用のクリームもありますが、トライアルセットには日中用のUVカット化粧下地しかついてません。
そのため就寝前にアクティブゲルを使った後、目元にはアロインスのアロエクリームを塗りました。

ルアンジュボーテアクティブジェル

ゲルといってもゆるめで、白透明の乳液に近いテクスチャーですね。
塗っていくうちに水分がみるみる浸透していくのがわかります。油分はひかえめで、さっぱりしたタイプ。
化粧水もそうですが、みずみずしいけどすぐに浸透する感じなので夏場でも使いやすいです。
ルアンジュボーテを使う前は、エステ専売品ということもあってコッテリした使い心地かと思ってたので、うれしい誤算です。
水分不足なだけの肌なら、この美容液だけでかなり保湿効果を期待できそう。
油分はあまり入ってなさそうなので、肌が乾燥するときは手持ちのクリームや乳液を組み合わせればちょうど良いかな。

何日か使っているうちに、肌のふっくら感が変わった気がします。
しっかり潤ったおかげかたるんだ頬の位置が上がってきたようで、鏡を見るとなんとなくスッキリした印象に見えるような。
香りも塗り心地も控えめで個性がさほどないため、ライン使いせずに美容液としてこのアクティブゲルを塗る…という取り入れ方もできそうです。

ルアンジュボーテのしっとり化粧水モイストローション★9

エステサロン限定の化粧品ブランド・ルアンジュドボーテです。
ミニサイズの基礎化粧品をライン使いした中で一番良いなと思ったのが、このしっとりタイプ化粧水のモイストローションでした。

ルアンジュドボーテは、フラーレンやEGFといった保湿成分がたっぷり入っているエイジングケアコスメ。
おもしろいのが、微量な電気を帯びたナノ化ビタミンCが入った還元水をベースにしているというところです。
微粒サイズなので普通のビタミンCよりも角質層にしっかり浸透して、メラニンのはたらきを抑制してくれるそう。
このモイストローションにはその他にも、鮭由来のマリンプラセンタ・クロレラエキスなどのアミノ酸たっぷりな生物パワーとプラチナナノコロイドが保湿成分に使われています。

ルアンジュボーテのしっとり化粧水モイストローション

手にとった瞬間はさらっとした液に思えますが、肌にのばすとジェルのようにプルンとした感触に変わりました。
ローズウォーターのせいかほんのりした香り。意識しなければわからないくらいなので使いやすいです。
しっとり潤って、他に何もつけなくても平気なくらい。全然荒れなくて、敏感肌でも使えると説明に書いてあったのは本当なんだ~と嬉しくなりました。
使い始めて3日くらいで、細胞そのものが元気になった感じの肌弾力に。
ターンオーバーも自然に整えてくれたみたいで、さわり心地はサラサラ。くすみも減ったような…
ファンデーションのノリが良くなったし、チークもぱあっと綺麗に色がのるような気がします

ルアンジュドボーテをネット通販で買えるか検索してみましたが、どうやら本当にエステサロン直売だけのよう。
この化粧品は150mlで4800円と、アンチエイジング向けコスメとしては買いやすい値段だけに、販売ルートが限られてるのはちょっともったいないと思いました。
ミニのトライアルセットもあるので、加齢肌や美白が気になる人はもし見かけたら使用感を試してみてはいかかでしょう。
ただ、クレンジングと洗顔料には果実由来のAHA(フルーツ酸)が配合されていてピーリング効果があるため、肌が弱い人には厳しいかもしれません。
(私は敏感気味で角質除去が苦手なので、洗顔クリーム等はまだ使っていません。ひじやひざ用にするかも…)

ラナス・スペシャルリンクルエッセンスでたるみバイバイ!?

最近、春なのに湿度が低くお肌もカラカラに乾きがちになっていました。
とにかく肌に水分を蓄えてくれる美容液がいいな~というわけで、ラナスのスペシャルリンクルエッセンス美容液を使うことにしました。

本当は特別なイベント前に使いたいくらい、豪華な美容液です。
しわのリンクルケア用の保湿成分としてポリリフト・クイックリフト・アルゲエキス・プルランが配合されている上に、肌のターンオーバーを正常化してくれるEGF(ヒトオリゴペプチド-1)・抗酸化力の高いフラーレン・キャッツクローエキス(AC-11)などのエイジングケアに人気の美容エキスがたっぷり入っています。

RANASラナス・スペシャルリンクルエッセンス美容液

小ジワはないものの、目の周りが乾燥しやすくたるみも気になるので、目元とほおを引き上げるイメージで塗ってみました。
半透明のやわらかいジェルで、肌に力を入れずにすーっと伸ばせます。
美容成分が多い美容液なのでベッタリしてるかと思ってましたが、ぷるぷるで塗りやすいテクスチャー。
浸透も早くすぐに日焼け止め下地を塗れるため、朝にも使いやすいです。
野バラとレモンのすっきりした香りで、塗ると気にならない位ほんのりしたアロマでした。

塗った後の肌は、ぷるんともっちりの中間くらいのさわり心地。
少量でもかなり潤うので、このリンクルエッセンスだけで乳液が必要ないくらいのしっとり具合です。
鏡を見てみると、いつもより肌にハリが出てリフトアップしたような気がします。
ぐぐっと上げてくれて、なんとなく若々しい雰囲気。夕方になっても、乾燥してません。
それと、3日くらい塗りつづけていたら、心なしか洗顔後でもたるみが減ったような…
ポリリフトやプルラン等の保湿成分は即効性だけでなく長期的にも良いみたいなので、まだ若くてシワを定着させたくないという人にもいい美容液じゃないかと思いました。