千代乃園のべにふうきとやまかいで作った玄米茶の味感想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3月はいつも花粉症で悩んでいるんですが、今年はかなり体調がいいです。
近所に買い物行くときにうっかりマスクを忘れてしまっても、少し目がかゆくなる程度ですんでます。
スギ花粉の飛散量が例年よりも少ないのと、毎朝起きたときに飲んでいるやまかい粉末緑茶のおかげかな。
福岡・八女産のやまかい粉末茶は時間がなくてもすぐ作れて便利なんですが、緑茶としての味わいはちょっと物足りないんですよね…

福岡県八女産・千代乃園の山峡とべにふうきで作った玄米茶

なので、1月くらいからは普通の緑茶のかわりに、同じ千代乃園の『べにふうきとやまかいで作った玄米茶』を飲んでました。 抗アレルギー作用があるメチル化カテキンを多く含むべにふうき茶葉と、べにふうきほどではないものの緑茶の中ではカテキン含有量が多く苦味の少ないやまかいをブレンドした玄米茶です。

やっぱり、緑茶葉を使って急須で入れたほうがおいしいな~と実感しました。
香りが楽しめるし、じんわりと体にしみいるような優しい味わい。
なによりもべにふうきの苦味がまったくなく、八女茶らしい甘みが楽しめるというのがうれしいです。
ボディがしっかりした味なため、上品な香りの高級煎茶を愛飲してる人には合わないかもしれませんが、抹茶入りの煎茶や白折(かりがね)が好きな人なら違和感なく飲めると思います。
「粉末緑茶は溶かしにくいから嫌い」という人にもおすすめです。

Post a comment

You may use the following HTML:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

注意:日本語を含む投稿限定です。(スパム対策)