丸の内タニタ食堂の有機金花プーアール茶を飲んだ感想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエットや健康にいい社員食堂として大流行した、タニタ食堂ブランドの「有機金花プーアール茶」です。
このお茶は脂っこい食事やダイエットを気にする人向けみたい。
茶葉は、有機JAS栽培茶を専門に取り扱う海東ブラザース社のものを使用しています。

金花プーアール茶は「シルクロードの神秘のお茶」と呼ばれるほどビタミンやミネラルが豊富。
中国・西北地方の極寒&乾燥という環境に住む遊牧民が飲んでいて、野菜不足な食生活の中で健康維持に役立っているそうです。

丸の内タニタ食堂の有機金花プーアール茶ペットボトル

茶葉を1年半近く発酵させる過程で、金色の麹菌が生まれるのも特徴。
黒茶の中に金の鉱脈のように輝く様子から「金の花」と呼ばれていて、その部分にはアミノ酸や脂肪分解酵素・消化酵素などがふんだんに含まれています。

プーアール茶といえば苦味があるのが当たり前なので…というか、苦ければ苦いほどダイエット効果のあるポリフェノールとか入っていて、脂肪分解にも良さそうな気がしていました。
この有機金花プーアール茶もさぞかし苦いだろうと覚悟して口にしましたが、すごくまろやか!
午後の紅茶程度の苦味と渋みで、特別なお茶とはあまり意識せずに飲めます。

さすがに何回か飲んだ程度では、目に見えるほどはやせないですけどね~。
ただ、黒ウーロン茶の濃い味が苦手な人でも、簡単に食事に取り入れられそうで良いです。
1本150円くらいで、普通のペットボトル茶と値段は変わらないため、味や品質を考えたら相当お得な気がしました。
パッケージデザインも優雅な色合いで、飲むだけで綺麗になれそうな気分に…

Post a comment

You may use the following HTML:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

注意:日本語を含む投稿限定です。(スパム対策)