ダノンのOIKOSオイコスヨーグルト2種類を食べてみました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

久々に変わったヨーグルトを発見!
ダノンから出ているOIKOS(オイコス)という新商品で、「小腹を黙らせるヨーグルト」というキャッチコピーが書いてあります。
ヨーグルト売り場でパッケージ説明を見ると、脂肪分ゼロで普通のヨーグルトに比べてたんぱく質が多くておなかにたまりやすい…というのが特色のヨーグルトみたい。
1個150円位で、ダノンBIOなどと比べるとちょっとお高めですが、どんな味なのかすご~く気になったので購入しちゃいました。

ダノンOIKOSオイコスヨーグルトのストロベリー味とブルーベリー味

ダノンのサイトを見たらフレーバーは3種類あるとのことですが、近くのお店で置いてあったのはストロベリー味とブルーベリー味だけでした。
ちなみにもう1種類はパッションフルーツ味だそう。たしかに、パッションフルーツはイチゴに比べて好き嫌いがわかれるので無いのも納得。
オイコスヨーグルト1個あたりの内容量は110gで、容器のサイズはりんごくらいの大きさ。
明治R-1ヨーグルトのブルーベリー脂肪ゼロタイプとほぼ同じで、たっぷり容量です。
ダイエット向きといっても手の平にのせるとずっしり重みを感じるので、食べごたえはありそうだなぁ。

まずはストロベリー味からいただきました。
アルミのフタをあけると、ヨーグルトの大部分にひびが入り、はじっこはちょっと崩れちゃってます。
オイコスはヨーグルト自体の水分が少ないので、ちょっとした衝撃で型崩れしやすいみたい。
買って帰る際は、オイコスを入れた袋を何かにぶつけたり振り回さないように気をつけると良さそうです。

ダノンのオイコスヨーグルトストロベリー味

まずヨーグルトだけを一口食べて、予想以上に「水切りヨーグルトだ!」という感想。
そのままだと少しポロっとした舌触りで混ぜるとなめらかに変わる、ギリシャヨーグルトの食感そのものです。
上のほうはまっ白なプレーンヨーグルトだけですが、下にはフルーツソースがたっぷり入ってるので、甘党さんはスプーンですくって一緒に食べましょう。
ヨーグルトオンリーで食べてる時は自作した水切りヨーグルトとの違いがわからなかったんですが、苺ソースの風味にはBIOヨーグルトと共通するものがあって、ダノンならではの個性が出てます。
たしかに、1個92kcalとは思えないほどしっかりお腹にたまります。
プチダノンのあの不思議なストロベリー風味が好きなら、きっと気に入るのではないでしょうか。

ダノンのOIKOSオイコスヨーグルトブルーベリー味こちらはオイコスブルーベリー味。
水切りヨーグルト部分はイチゴ味のほうと同じであっさりしてて、ソースはしっかり濃い味です。
とはいっても砂糖たっぷりというほどの甘さはないので、朝ごはん代わりにも食べやすそう。
カロリーはこちらも92kcal。脂肪分もゼロですが、チーズケーキに似たこってりした風味がうれしいです。

どっちも、100kcal以下とは思えないくらいお腹が膨れる感じがしました。
夕方小腹が空いた時に食べたんですが、8時頃の晩御飯までちょうどいい具合に空腹感がなくなります。
おやつをうっかり食べ過ぎちゃうと、罪悪感が芽生えたり夕食がおいしく思えないことがありますけど、ヨーグルトならカロリー低めだしヘルシーな気分なのでいいですね。
自分で水切りヨーグルト用意するのと比べての長所は、オイコスは始めからフルーツソースが入ってるのでジャムや果物を用意する手間が省けるのと、食べ過ぎもセーブできるところでしょうか。
おやつの量をコントロールするのが苦手なダイエッターにとっては、食欲の区切りをつけやすくていいと思います。

Post a comment

You may use the following HTML:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

注意:日本語を含む投稿限定です。(スパム対策)