ジュニパーベリーハーブティーの味~西洋ねずの実の効能・効果~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ジュニパーベリー・西洋杜松(ねず)の実と聞いてジンを思い出す人は、お酒が好きな人かも。
ジンの香り付けで有名なジュニパーベリーですが、ハーブティーや手作りコスメの原料としても使われています。
肉の臭みをとる効果があるため、ヨーロッパでは鹿などのジビエ料理やシチュー等の煮込みによく利用されているそうです。

そもそもジンは、ジュニパーの利尿作用や解熱効果を期待して医師が作った薬用酒でした。
おいしくて飲みやすいことで普及し、今ではそんな成り立ち関係なく飲まれていますね。
体内の巡りを良くして老廃物を出すほかにも、消炎・抗炎症作用があるとされています。
アメリカの原住民は実を風邪薬として使っていたり、フランスの病院では枝を燃やして消毒をしたりと、世界各地で古くから民間療法に使われていました。

マケドニア産ジュニパーベリー(西洋杜松の実)

リンパの流れをよくすることから、ジュニパーの精油はセルライトやリウマチ向けマッサージに人気のアロマオイルです。
しかし腎臓に負担をかけてしまうため、 腎臓の弱っている人が飲んだり体に塗ったりする場合は注意が必要。
また、体内に炎症があったり、妊娠中の場合も使用を控えたほうがいいハーブです。
健康な人であっても、長期間にわたって使い続けるのは腎臓に良くないと言っている専門家もいます。

ジュニパーベリーをハーブティーにすると、すっきりスパイシーな味。時間をおいても透明なお茶ですが、香味はきちんと溶け込んでます。
フラボノイド成分のせいかメントールのような爽快感があって,、気分転換したいときに良かったです。
実をつぶしてからお湯を入れたほうが成分がよく出るそうですが、丸のままでも味が濃いのでつぶさずに飲んでました。
松の仲間ということもあり木を感じさせる香りで、深い森で深呼吸しているような気分にもなれます。
食事やお菓子にはあまり合わなくて、好みが分かれる味だとは思います。
たまに飲む限りでは、利尿効果は「緑茶と同じくらいかな~」という印象でした。

Post a comment

You may use the following HTML:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

注意:日本語を含む投稿限定です。(スパム対策)