目の疲れ予防にアイブライトティーを飲んだ感想~効果・効能・歴史も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

疲れ目に良いと聞いたので、アイブライトのハーブティーを飲んでみました。
ハーブティー屋さんで、茎や葉を乾燥したドライハーブを購入。ポーランドで栽培されたものです。

アイブライトの植物学名はセイヨウコゴメグサといいます。
半寄生植物で、昔はヨーロッパの草原で雑草のようにありふれていましたが、近年は数が減っているとか。

お皿にアイブライトを出してみると、まあたんなる茎…という印象。
紅茶の酸味を強くしたような、すっきり系ハーブの香りがします。薬用植物ということでキツい匂いを予想していたので、かなり意外でした。

アイブライトの茎ハーブ

アイブライトにはさまざまな有用物質が含まれていますが、アウクビンという成分には炎症を和らげるはたらきが見られ、抗菌や抗ウィルス作用を確認したという研究もあるそうです。
また、ケルセチン(ビタミンP)やタンニンなどのフラボノイドポリフェノールも抗酸化作用があるため、最近ではアイブライトは疲れ目向きのサプリメントにも配合されています。

古代ギリシャでは、アイブライトの煎じ汁を眼病に塗っていたという記録があります。
その後もフランスやロシアなどヨーロッパでは結膜炎・疲れ目に効果があると民間療法に使われていましたが、現代では安全性が不十分なため直接目に塗ることは良くないとされています。
ハーブティーとして1日に10g程度摂ることについては問題ないとされていますが、糖尿病患者や肝臓障害のある人・シトクロムP450系代謝の薬を飲んでいる人は注意が必要です。

アイブライトティーを淹れたところ

 アイブライトを3つまみに熱湯500mlを入れ、10分くらい経ったら上の写真のような薄い茶色になりました。
お茶にすると、さらに香りが際立ってきました。よもぎの様な、柏餅の葉っぱのような香りです。
味は緑茶にけっこう近いかも。苦味やえぐみはほとんどないので、お茶に慣れた日本人なら飲みやすいと思います。
ハーブティーの中ではおだやかな味で、濃かったら水で薄めれば一気に飲めるので、続けやすいです。エキナセアやカモミールよりも万人受けするのでは?

アイブライトティーを飲んだからといって、体に大きな変化は感じませんでした。もしかしたら、いつもよりは目が疲れにくいのかもしれませんが…
ドライアイに良いと商品ページに書いてあったんですが、効果はよくわかりません。
花粉症による目のかゆみやアレルギーにも良いそうなので、これからもちょくちょく飲んでみます。

Post a comment

You may use the following HTML:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

注意:日本語を含む投稿限定です。(スパム対策)