ダイソーの天然防虫菊蚊取り線香を使った感想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今年はまだ、昨年のようにデング熱が流行になってませんが、伝染病リスクが少ないといってもやっぱり蚊に刺されるのはイヤ~なものですね。
かゆいだけならまだしも、蚊の種類によっては刺された付近がものすごくはれてしまったり、真っ赤にかぶれてしまうこともあります。
肌が弱いのと関係有るのか、アレルギーのように蚊の成分に苦手な体質なのか、子供の頃から蚊には悩まされています。

今回はすごく久々に蚊取り線香を使いました。100円ショップのダイソーへ草取りの道具を買いに行った際、たまたま季節コーナーでみつけた「天然防虫菊使用の蚊とり線香」のミニタイプです。
普通に大きいサイズの渦巻きもあったんですが、防虫菊だけで作られた蚊取り線香の効き目や匂いがどんなものかわからないので、まずは小さい方で様子見してみることにしました。

100円ショップダイソーの除虫菊使用蚊とり線香

天然の防虫菊粉末だけを使っているという点と、100円なのに日本製というのに惹かれました。
現在ホームセンターなどで手に入る多くの蚊取り線香には、ピレスロイドという殺虫作用のある合成物質が虫除けとして配合されています。
化学成分といっても、天然除虫菊の花びらから抽出・精製したもので、虫には効果があっても人や犬猫など哺乳類の体には危険性が少ないというデータがあることから、蚊取り線香以外にも殺虫剤や虫よけスプレーなどによく使われているそう。
とはいえ、口に入れたり大量に吸い込んでしまうと毒性があり、小さい子供やアレルギー体質などの人は注意が必要な成分です。

私はアレルギー体質というほどではないものの、化学物質には軽い過敏症があるみたいで、蚊取り線香の煙を吸うとのどが痛くなったり気分が悪くなることが多々ありました。
除虫菊の線香は、蚊を殺すのではなく「近くに寄せ付けないようにする」ものだと聞き、天然の除虫菊だけで作られている蚊遣りなら、少しは刺激や香りがマイルドかなと期待したわけです。

ダイソーの蚊取り線香(天然除虫菊使用)に火をつけて使用しているところ

製造元は東洋除虫菊という和歌山県にある会社で、50年以上続く老舗の蚊取り線香屋さんでした。
東洋除虫菊のサイトを見て初めて知ったんですが、よく見るグリーンの蚊取り線香の多くは着色料で深緑色にしているそう。
この天然除虫菊を使った蚊とり線香は無着色・無香料なので色は菊粉末そのままの薄茶色です。
全成分は「ジョチュウギク末、除虫菊抽出粕粉末、糊粉、木粉、デヒドロ酢酸」で、ミニサイズ1巻に含まれる有効成分は総ピレトリン換算で18mgと印刷されてました。
デヒドロ酢酸って化学物質ぽい名前でなんだか体に悪そうに感じたけど、調べてみたら食品添加物にも使われ漬物に入ってることもあるくらい安全性の高い成分で、防カビや殺菌作用があるよう。

さっそく、夕方に長時間窓を開ける用がある日に使ってみました。
ビニール袋を開けるとふわっと薬草っぽい匂いがします。これが除虫菊の香りか~。
少し燻製のフレーバーにも似ていて、土や木材っぽい印象です。いい匂いではないけど嫌いというほどでもないです。
火のつきは少し悪いかも。久々に厚みのある線香を使ったので気のせいかもしれないし、保管状態などの差かもしれませんが。
100円なのであまり期待してなかったものの、厚みも奥行きもしっかりあるし巻きも綺麗。固さも普通の蚊取り線香と同じで頼りがいがあります。
アルミ製のミニ線香立てまで付いているので、専用の皿を用意しなくてもいいとこも好感もてます。キャンプやバーベキューなどアウトドアに行く途中に100円ショップに寄って買ったりしても、すぐに使えて便利だと思いました。

蚊への効果はというと、なんと全然寄ってこない!
5分程度部屋で焚きしめてからサッシ窓を開け、皿ごと体の近くに置いて10分くらい窓の外側で作業してたんですが、まったく蚊に刺されることはなく、部屋の中にも蚊が入ってくることなく済みました。
煙をダイレクトに顔に浴びたらちょっと苦しくなりましたが、普通の蚊取り線香を使った後より体への負担は少ない気がします。
唯一の欠点は、布に線香の匂いが残ったことですね。みごと、窓際に取りこんでた洗濯物をいぶしてしまいました。
特に、煙を直に浴びた服は何日たってもスモーク臭がとれず、洗い直すはめに。
カーテンにも線香臭がついてしまい翌日まで気になるほどだったので、匂いに敏感な人は部屋の中では使わず、野外専用として利用した方がいいかもしれません。
この蚊とり線香は長時間焚かなくても、煙がそこにあるだけで蚊が寄ってこない気がするので、今では窓を開ける前にちょこっと窓際だけに煙を充満させたり、玄関を開ける前につけてすぐに外に置いたりと、なるべく室内には匂いがこもらないようにして使ってます。

Post a comment

You may use the following HTML:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

注意:日本語を含む投稿限定です。(スパム対策)