食べるヤクルト「カップdeヤクルト」ヨーグルトの味感想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今年も、風邪やインフルエンザが流行りだす季節になりました。
ヨーグルト選びの基準として、夏はどちらかといえば「お通じを良くしてくれるか」を重視するんですが、冬は「免疫力を上げてくれるかどうか」を気にするようになります。
昨年、スーパーの中でヤクルトの試食販売をしてたんですが、その時にもらったパンフレットに「ヤクルト(に含まれる乳酸菌シロタ株)を継続して摂取していると風邪をひきにくい」という研究結果があると書いてありました。

そのパンフレットに影響されて+私のお腹に合ってることもあり、昨冬はヤクルトを買う回数が増えたんですが、糖分が多いのが欠点…。ヤクルト自体は50kcal程度でそんなに高カロリーではないものの、1本飲むとかなり口が甘ったるくなってしまいます。
かといってダイエット向けのヤクルトハーフは人工甘味料を使っていて、本当に健康にいいのか疑問を感じるところもあるんですよね。

カップdeヤクルトヨーグルト

そんなわけで夏の間はヤクルト離れしていたんですが、先日飲み物ではなく食べるヤクルトの『カップ deヤクルト』を見つけたので購入してみました。

カップヨーグルトのコーナーに置いてあり、1個120円くらいです。
白地に赤とオレンジのタイル模様のパッケージで、なんだかポップな感じ。
乳酸菌シロタ株もちゃんと入ってるようですが、そこまで健康重視な印象は受けません。
三ツ星ファクトリーとか生クリーム仕立てとか書いてあって、スイーツとして期待できそう!

「カップdeヤクルトヨーグルトの中身

少し黄色がかったクリーム色のヨーグルトです。スプーンを入れると、なめらかながらしっかり形を残したまますくえました。
ゼラチンでプルンとした食感に固めているタイプで、こぼれたり垂れ落ちたりしにくく、食べやすいです。
味は…かなりヤクルト! ぶどう糖果糖液糖ののどにからみつくようなヤクルト風味がここでもしっかり再現されてます。
生クリームが入ってるおかげかリッチな舌触りで、ムースやカスタードプリンよりは「甘いもの食べたな~」という実感があります。
そうそう、1個あたり100kcalなので、デザートにしてはこれまた低カロリーなほうではあるんですよね。
しっかりとした味なので、砂糖の入ってない飲み物を用意したほうが食べやすそう。
個人的な好みでいえば、もう少し甘さおさえめでさっぱりしてる方が好きです。でも、それだと普通のヨーグルトになってしまうのかな?!
この「食べるヤクルト」は、ヤクルト飲料の甘みが好きな人ならけっこうハマる味だと思います。

Post a comment

You may use the following HTML:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

注意:日本語を含む投稿限定です。(スパム対策)