グリコのBifiX (ビフィックス)フローズンジェリーを食べてみました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スーパーのアイス売り場で「BifiX フローズンジェリー」という変わった新商品があったので購入してみました。
販売元はグリコで、朝食BifiX ヨーグルトでおなじみのおなかで増えるビフィズス菌・BifiX (ビフィックス)をアイス1本あたり100億個も配合しているそうです。

味はヨーグルト味とブルーベリーヨーグルト味の2種類。細長いスティックが7本入りで500円弱くらいでした。
脂肪分ゼロで1本52kcalとカロリーひかえめだから、食後に食べても罪悪感は少ない感じ。

グリコのBifiX (ビフィックス)フローズンジェリーヨーグルトアイス

ようするにフローズンヨーグルトなんですが、独自の製法によってビフィズス菌を生きたまま凍結しているとか。
普通のヨーグルトを食べるのと同じ効果がありそうで、アイスにしてはかなりお腹に良い感じがします。

この形、どこかで見たことがあるような…と考えて思い出したのが、九州発祥の「ムース」というアイスです。
このビフィックスフローズンジェリーも九州・佐賀県のヤマキ製菓の工場で製造していて、会社名で検索したところムースっぽいアイスを作っているみたいです。

グリコのBifiX (ビフィックス)フローズンジェリーヨーグルトアイスの中身

開けてみると、しっかり凍っているものの手や口に触れたところからやわらかく溶けていきます。
1個が小さめだし片手で持って食べられるので、年齢問わず食べやすいアイスですね。
ただ、口にべったりと残る感じの甘さが強いです。
生協(coop)やミニストップのフローズンヨーグルトアイスと比べると、ちょっと後味がくどく感じます。
そういえばグリコ朝食ヨーグルトも、初めから入っている糖分の味バランスが好きじゃなくてあまり買わないのでした…
このアイスは脂肪分がなくても砂糖は使っていて、カロリーのほとんどは糖分なので、ダイエット中にいい食べ物かというと微妙かな。

グリコのサイトを見たら、ビフィズス菌ヨーグルトをアイスにする事で長期保存しやすくするという狙いもあるみたいなので、おなかにいいヨーグルトを常備したいという人には便利かもしれません。
ちなみに、私はあまり好みではありませんでしたが、家族が気に入って1日3本も食べてしまったらおなか壊しました。
いくらビフィズス菌が腸や体に良いとしても、冷たいアイスなので食べすぎには気をつけましょう…

Post a comment

You may use the following HTML:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

注意:日本語を含む投稿限定です。(スパム対策)