Tagged: 料理レシピ

ののじサラダおろし お手軽ハンディタイプの野菜カット比較(画像有)

にんじんや大根の千切りをするのに「ののじサラダおろし」が便利と聞き、amazonの口コミレビューも良かったので購入してみました。
料理レシピ付きのサラダおろしムック本も気になったんですが、持ち手の色がピンクかグリーンかだけの違いで器具自体は同じ物ということなので、すっきりした色合いのグリーンをチョイス。
使い方やにんじんしりしりのレシピやはネットでも探せるからいいかな~と。

サラダおろしが普通の千切り器と違うのは、ふんわりとした形状にスライスできる点です。
ドレッシングや調味料のからみやすくなり、口当たりもやわらかくなるというのに惹かれました。
1000円ちょっとと少し高めのキッチングッズですが、前に100円ショップで買った大根おろし器がひどくて結局処分したことがあるため、きちんとしたサラダおろし器を使ってみたかったのです。

レーベン・ののじサラダおろしお手軽ハンディタイプ 沖縄ではにんじんしりしりを作るために、木枠製で蜂の巣穴のしりしり器がどこの家庭にもあるそうです。
ののじのおろし器を購入する前にそういった伝統的なスライサーとも比較してみましたが、ののじは持ち手がエラストマーという弾力のあるゴムで、フィット性が高く使いやすいとのこと。
さらに、両面でカットできるので、料理に合わせて細め・太めを選べるのもいいな~と思いました。

写真では凹凸がわかりづらいですが、このように大きい穴と小さい穴が交互に開いています。
ハートのマーク側では、荒く太めのカットができます。
透明のトレイ(着脱可能)がついていて、お皿の上でなくてもスライスできるそうですが、邪魔なので最初は取って使いました。
しかし、トレイがない状態ではカットした野菜があちこちに飛び散ってしまい後悔した為、それ以降はつけるようにしています。

ののじサラダおろしお手軽ハンディタイプの刃 たしかに、持ち手はとても握りやすく、高級なテニスラケットのようにしっくり手になじみます。
力を入れなくてもおろせるとのことでしたが、上部をしっかり固定しないとスライスしづらいです。
手だけで野菜を動かすよりも、うまく体重をのせるにしたら綺麗に切れるような気がしたんですが、1回目に使ったときは失敗なくできたのに、2回目にはうっかり手も傷つけてしまいました。
おろし器を固定する位置や野菜の角度・力の入れ方など、少しコツがいりますね。
一般的な大根おろし器よりも刃が出っ張っていて鋭いので、野菜が小さくなったらムリにすらない方がいいと思います。

ののじサラダおろしお手軽ハンディタイプでスライスしたにんじん3種類

にんじんをカットしてみたのが上の写真です。
左から、細め(にんじんを横にして)・粗め(にんじんを縦にして)・荒め(にんじんを横にして)になります。 細めはサラダやなます、粗めは炒め物に合う太さでした。
にんじんの短辺を押し付けたものは、きんぴらのささがきに似たような形です。
カットした両端がけっこう薄くなりますね。皮むきピーラーでスライスしたのをカットしたように、ペラッとした感じ。
生のままで食べてみると、意外に歯ごたえはいいです。シャキっとしてるのに固すぎず食べやすい厚さです。
粗めニンジンを使ってにんじんしりしり(玉子やツナと一緒に炒めた沖縄料理)を作ってみましたが、包丁で切った時よりも火が通りやすく、にんじんの甘みも増していておいしかったです。

ののじサラダおろしお手軽ハンディタイプでスライスした大根細太

こちらは大根で、どちらも3分の1本の長さをスライスしました。
左の細めは、さしみのツマに使えるくらいの細さです。 大根サラダには右側の粗めがちょうど良いです。
ドレッシングがしみこみやすくなるため、千切り器でカットする時よりも少し薄味にしたほうがいいかと。
あまり水分が出なくて、サラダにしてもビチャっとならなくて使いやすいです。
円を描くように押し付けると大根おろしのようになるそうですが、サラダおろしにその機能は求めてないので試してません。

ののじサラダおろしお手軽ハンディタイプでおろしたキュウリ(横方向)

上はキュウリの短辺を押しつけておろしたものです。
なるべく長くスライスできるよう意識しても、左側の細めではキュウリおろしのようになってます。
右は粗めですが、2センチない位の大きさで、サラダにパラッと散らすにも小さめかなというサイズでした。
下はキュウリの長い面を押しつけてすりおろしたもの。
左の細めカットは、料理のつけ合わせにいいですね。右の粗めもサラダなど使いやすいです。
ただ、薄すぎて歯ごたえはないので、冷やし中華のトッピングにするには物足りないかも。

ののじサラダおろしお手軽ハンディタイプでカットしたきゅうり(縦)

スライスしたにんじんや大根は、タッパーに入れておけば冷蔵庫で3日くらい持つので作り置きに便利です。
料理の見栄えも綺麗になったので、ののじのサラダおろしにして良かったなとは思います。
にんじんの色素がついて白い部分がオレンジ色に染まることがありますが、時間をおかずにスポンジでしっかりこすれば落ちました。
ただ、安全性はもっと高くなってほしいですね。今の刃では、子供や料理初心者が使うには危ないので。
ともあれ、包丁でカットするのに比べたら楽で時間短縮になるし、今年の夏はたくさん生野菜を食べられそうです。

本場ベトナム産・バウロンのフォーガースープの素を使った味感想

あたたかい季節になると食べたくなりだすのが、ベトナムやタイなど東南アジアの麺料理。
特にフォーガー(鶏肉の米麺うどん)はスープがさっぱりしていて、食欲のない夏でも食べやすくて好きです。
米麺はあまり手に入らないため、前々からフォーのスープでそうめんを食べてみようと思ってたんですが、ハーブ味のスープがうまく作れないのが悩みでした。
粉末の鶏ガラスープに香菜(パクチー)やナンプラーを入れてみても、なんかお店のと違うな~と。
本格的に作るのは大変そうなので、ベトナム産のスープの素を買ってみました。

ベトナム産・バウロンPHOGAフォーガースープの素

バウロンという会社のフォーガースープキューブで、日本のドーバーフィールドファーイーストという貿易会社が輸入しています。
ケンコーコムで扱っていて、4個入り300円くらいでした。
使い方や原材料表記は日本語でしっかり書いてあって、スムーズに作れます。

包装を開けてみると、中身は大きめのコンソメキューブといった感じ。
砂糖・食塩・香辛料・チキンエキス・野菜エキスと植物油などでできています。
鶏油とスパイスが入り混じったような癖のあるにおいがしますが、お湯に溶かしたらマイルドになりました。

バウロンのフォーガースープで作ったそうめん

キューブ1個を300mlのお湯で煮立て、器に入れた麺・野菜の上にかけてできあがり。
綺麗に澄み切ったスープで、雑味も少ないです。
パッケージに書いてある分量どおりに作ったつもりでしたが、使った麺がそうめんだからか少し薄味。
フォー以外の麺で作るときや野菜多めにする場合は、スープをちょっと濃い目にしておいたほうがバランス取れそう。

インスタントにしては、そこそこフォー店の味に近いかも。
悪くはないけど、どうしてもこのスープキューブが良いと思うほどの味ではなかったです。
ケンミン食品の乾麺セット「ベトナム風フォー鶏がらスープ味」と比べると、鶏ダシのうまみやパンチ力に欠けると思いました。
ただ、スープの素だけという商品になると他に選択肢がないため、またバウロンを買うことになるかもしれません。
屋台料理みたいに、個人ごとにライムやにんにく・ナンプラーなどで味を変えて食べるには、このくらい薄い味がいいんでしょうね。

タイの台所・タイ鶏肉のガパオ炒めの素を使って調理してみた

タイ料理店で食べるガパオ炒めはおいしいけど、自分で作るとなんだかイマイチ。
材料もレシピも合ってるはずなのに、なんか味わいが違うんですよね~
ガパオは鶏肉と野菜を生のバジルの葉&ナンプラーなどで味付けするシンプルな炒め料理ですが、それだけに細かいさじ加減が必要なんでしょうか。

そういえば、中華料理はクックドゥみたいな合わせ調味料を使うと楽だな…と思い、「タイの台所」ブランドから出ているガパオ炒めの素を試してみました。

アライドコーポレーションタイの台所・タイ鶏肉のガパオ炒めの素

用意するものは、鶏肉・ピーマンだけでOKらしいです。
さすがにそれだけでは彩りがさびしそうなので、赤パプリカとたけのこも入れます。
鶏肉はひき肉か細かく切ったものがいいみたいなんですが、今回は家に合った唐揚げ用のもも肉を使っちゃいました。

ガパオ炒めの素のペーストは、汁気が多くバジルの葉もいっぱい入ってて高菜漬けみたいな見た目。
1箱に40g入りパウチが2つ入ってて、2~3人前作れます。

アライドコーポレーションタイの台所・タイ鶏肉のガパオ炒めの素の中身

主な原材料は「ひまわり油・ホーリーバジル・醤油・ニンニク・ナンプラー・砂糖・唐辛子」など。
変わったところでは、オイスターソースとブラックソイソースも入っています。
ブラックソイソースは初めて聞いた調味料ですが、醤油に糖蜜や砂糖を入れた濃い口醤油で、東南アジアでよく使われているものだそう。

フライパンに油をいれ、鶏肉にだいたい火が通ったら野菜を加え、ガパオの素ペーストと水を入れて炒めていきます。
素を入れた瞬間から、バジルのいい香りが台所中に広がりました。

アライドコーポレーションタイの台所・タイ鶏肉のガパオ炒めの素で調理完成

少し汁が残ってるくらいで火を止めて、どんぶりによそったご飯にのせたら、ガパオ丼のできあがり。
作っている時に赤唐辛子が見えていたのでうすうす予測してましたが、かなり辛い!
1袋で2人分にしておいたのに、それでも辛いものが得意じゃないと食べ進められないくらい激辛。
ブラックソイソースやオイスターソースのうまみが強くて、タイ料理のガパオ炒めともちょっと違う味です。

はっきり言って、食べたかった味と違う~
バジルの香りは新鮮でいいですが、味が「黒い醤油の味」といった感じのくどい風味があって、クセの強いペーストかと。
ガパオ炒めの味はもっとシンプルで、ナンプラーと鶏肉の味が前面に出てるようなのが好みです。
おいしいタイ料理屋さんの味を家で再現するための旅はまだまだ続きそう…

簡単ポキ丼(ハワイ風まぐろ海鮮丼)の作り方

ハワイ料理・ポキ丼は、マグロなどの生魚刺身を漬け丼にしたものです。
観光客においしいと人気のポキ丼店の厨房の調理手順をテレビで見たので、まねして作ってみました。
「まぐろの赤身は脂がのってなくて苦手」という人でも食べやすい味で、ロコモコ(ハンバーグ+玉子丼)と同じくらい簡単なレシピです。

まぐろのポキ丼

●ポキ丼の材料(2人前)

  • 魚の刺身(マグロ・かつお・サーモン等)・・・1人分100gくらい
  • ごま油・・・大さじ2
  • しょうゆ・・・大さじ1
  • 塩・・・ひとつまみ
  • にんにく・・・1欠片をみじん切り、チューブなら2センチ
  • 野菜・・・レタス・サラダ菜・かいわれ等適量
  • 刻みのり・・・好みで

●ポキ丼の作り方手順

  1. ボールに刺身を入れ、ごま油をまぶす
  2. しょうゆ・塩・にんにくも混ぜ、5~10分置いてなじませる
  3. どんぶりにご飯をよそい、魚と野菜等を盛り付けて出来上がり


ごま油の香ばしい風味とにんにくが相性良く、パクパク食べられます。
にんにくの他にしょうがやワサビ・唐辛子を使ったり、刻んだナッツを混ぜたりも。
ハワイのネイティブレシピでは、スライスした玉ねぎを魚と一緒に混ぜるそうです。
(甘めの玉ねぎを水にさらす必要があります。漬け丼っぽい味の方が食べやすいので、シンプルなアレンジにしました)

ポキは英語読みでハワイ語ではポケ(poke)と言い、「切り身」という意味。昔から鮮魚の切り身に塩をつけて食べる習慣があり、それと日本人移民の食文化が混じって現在のポキ丼の原型ができました。

ごはんにのせずに、サラダの具や一品料理として食べても美味しいです。
下の写真はロミロミ(サーモンの和え物)風にかいわれ&万能ねぎと混ぜてみたものです。野菜も食べやすくなりますよ。

サーモンポキサラダ

アスパラのオリーブオイル焼きトマトがけ簡単レシピ

夏はトマトやアスパラの美味しい季節。
アスパラガスはアスパラギン酸やビタミンが豊富で、新陳代謝を良くするはたらきが期待できます。
疲れているときにも3分で簡単に作れて栄養もしっかり取れるので、肌荒れや夏バテが気になるときに特におすすめのメニューです。

アスパラのオリーブオイル焼きトマトがけ

●2~3人分の材料

  • トマト・・・2~3個を8等分に切っておく
  • アスパラ・・・5本くらいを4等分に切る(根元3分の1の固い皮はピーラーでむく)
  • オリーブオイル・・・大さじ2
  • 塩・・・ひとつまみ
  • にんにく・・・2片を薄切り、チューブなら4センチ

●作り方

  1. フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れ、弱火にかける
  2. にんにくの香りがしてきたらアスパラガスと塩を入れて、菜箸で軽く混ぜながら中火で炒める
  3. トマトは大きめの皿や小鉢に、重ならないように並べておく
  4. アスパラに焼き目がついてきたら火を止め、アスパラをトマトの上に載せる
  5. フライパンに残ったオリーブオイルをトマトに回しかけて出来上がり


大きなトマトでなく、ミニトマトを縦に半分に切ったものでも作れます。
野菜の大きさや水分量によっても味が変わるので、オリーブオイルやにんにくの量は好みで増減してください。
油はトマトと相性のいいオリーブオイルを使いましたが、ごま油やサラダ油でも。
アスパラと一緒にベーコンや豚ばら肉を炒めてもおいしいです。ベーコンを使う場合は、塩を入れなくても味が付きます。
ごはん・パン両方に相性のいい副菜です。にんにく味がしっかり効いているのでおつまみにもGood。