Tagged: 入浴剤

生薬浴用剤・薬草湯は臭いけど入る価値あり…な使用感

梅雨時の気分リフレッシュに、変わった入浴剤を探すのに最近こっています。
今回レビューするのは、なんだか怪しげなパッケージの『ユーアイ 生薬浴用剤 薬草湯』です。
この薬草湯の凄いのは、使われてるのが薬草100%なところ!
成分を見ると「ウイキョウ・サンシシ・センキュウ・チンピ・ハッカ・カミツレ」と、漢方成分が揃ってます。

赤い大袋の中に2袋入っていて、さらに1袋ずつプラ袋で包装されているので、保管の時には香り飛びしにくい感じ。
その袋を開けるとカレーのような薬のような香りがたちのぼり、正直言ってかなりキツイです。
ハッカやカミツレ(カモミール)は単独では良い香りのハーブなのに、他の生薬の強烈な臭いとミックスされることで悪い方向へと傾いているような…
そう、これはアロマや香りといった言い方では表現しきれない、漢方の「ニオイ」がする入浴剤。

ライオンケミカルの生薬浴用剤・薬草湯

有効成分をとことん抽出すべく、お湯を入れる時に浴剤袋を投入しちゃいました。
実際に入浴してみると、お湯自体は意外とマイルドな香りで、不快ではありません。
しかし薬草の袋をギュウギュウと手で揉みこむと、またもスパイシーな漢方臭がたちのぼってきました。
湯色は、黄土色~濁り気味のイエローで、まるでスープの中に入ってるような気分になったり…
宮沢賢治の『注文の多い料理店』ならばさしずめ「体をハーブ湯の中に沈めて、よく肌にしみこませてください」といったシーンかも。
さっとシャワーで流したら肌ににおい残りはなかったので、けっこう使いやすいです。

ぬるめの湯で入浴中したこともあり、まったく体は熱くならず効果がよくわからないまま出ました。
ところが、化粧水をつけようと鏡を見てビックリ。なんだか顔の血行が良くて、肌もプリプリしてます。
ハッカのおかげか湯上り気分はすっきりしてますが、全身の血液循環がとっても良いようで体が楽です。
体を保温・発汗させるタイプ入浴剤ではなく、「めぐりを良くする」タイプなんだなとこの時初めて気がつきました。
慢性的な冷え性体質さんにいいですね。これからの時期は冷房病対策としてもおすすめです。
肌もしっとりするし、漢方の香りが大丈夫ならば買って損はないかなと思います。

本格ハーブ入浴剤・ダブルアロマバスソルト疲れ&ぐっすりの感想

暖かくなってきたな~と思っていたら、雨が降ってまた寒くなってきたこのごろ。
夜はかなり冷えるので、しまいかけていた冬服を着ています。

入浴剤も体がしっかり温まるのがいいかなと、サブヒロモリのダブルアロマバスソルトを使ってみました。
ダブルアロマバスソルトは、2種類のドライハーブをオーストラリア産岩塩に混ぜた入浴剤。
半透明のメッシュ袋に、草や塩の塊が入ってるのが外から見えておもしろいので、思わず買ってしまったものです。
今回紹介するのは2つですが、心身の悩み別に10種類くらいのアロマが出ています。

サブヒロモリダブルアロマバスソルト「疲れをとりたい」オレンジ&ローズマリー入浴剤

黄緑のシールに「疲れをとりたい」と書かれているのは、オレンジとローズマリーのミックスです。
お風呂に入れてみると、岩塩の溶けはそこそこ早いです。ハーブは手で揉まないとあまり香りがしません。
ローズマリーのすっきり感が少ないな~と原材料欄を見てみると、セージやカミツレ(カモミール)も入っていました。
疲れは取れるような…取れないような…。保温力は塩にしては物足りないです。
ハーブを間近でくんくん嗅いでいたら、ちょっと気分は安らぎました。

サブヒロモリダブルアロマバスソルト「ぐっすり眠りたい」ラベンダー入浴剤

薄紫に「ぐっすり眠りたい」とあるのは、ラベンダーとベルガモットのミックス。
ラベンダーがすっごくいい香り~。心がなんだか喜ぶ香りがします。
乾燥させたラベンダーを使うのはかなり久しぶりだったこともあり、ちょっと感動しました。
入浴剤のメッシュ袋をもみもみする度に、ラベンダーのやわらかく華やかなアロマが弾けます。
でも、やはりちょっと香りが弱いなぁ。塩もそこまで肌や体にいいとは感じられません。
ドライラベンダーが欲しくなっちゃった…自分で袋に入れて作ったら、もっと量を多くできて良さそう。

ハーブの香りはフレッシュでいいんですが、疲れが取れたり眠りやすくなるといった効果を期待して使うとイマイチに感じそうです。
もう自分で買うことはないと思いますが、人からもらったら嬉しいレベルではあります。
ハーブが入っていて見た目がかわいいし、プレゼントには華やかさがあっていいかもしれません。

バスクリン きき湯カリウム芒硝炭酸湯 の口コミ ★4

きき湯

個包装で入ったら、合いませんでした。

肩こり&疲労回復にいいと書いてあるので、寒くてこりがある日に入浴。
はちみつレモンのさわやかな香り。・・・しかしすぐに香りは飛んで色も薄いので、入浴剤を使ってる感じがあまりしない。
入れたときのシュワシュワ泡はけっこうあります。
首までしっかり入っていたら、ちょっと肌がチクチクしてきた。リンゴ酸という成分のせい?
そして、意外とお湯が冷めやすい。炭酸ナトリウムも入っているから保温効果あるかと思ってたんですが・・・。

疲れやすく「きき湯」シリーズ愛用の家族も、これは成分のせいか、やたら足の裏や手の平で皮が剥けてしまい使用を断念。
2回目以降は量を減らしてみたようですが、やはり同じことに。

「きき湯」シリーズの他製品より刺激が強いのですかね。
こりは少しましになりましたが、もうカリウム芒硝炭酸の入浴剤は使わないです。

他の方のレビューを読むと似た感想の人はあまりいないので、体質に合わなかっただけなのかもしれません。肌が弱めだから、刺激が気になってしまうのかな(私も家族も、アトピーとかではないのですが、やや敏感なほうだと思います)。むしろその刺激が肌の新陳代謝を促すのかもしれないけど、無理して入るものでもないですし。

「きき湯」シリーズは好きなので、成分配合の調整でマイルドにできるなら、改良して欲しいと思います。

石澤研究所のゲルマバス黒湯入浴剤レビュー★10

冬真っ盛りなうえにこの頃は風が強く、晴れてても寒い日が続いています。
体を動かすのはウォーキング程度で運動といえるような運動はしていないため、しばらくいい汗をかいていないような気が…
そんなわけで、石澤研究所のリラク泉・ゲルマバス黒湯のお風呂に入ることに。

石澤のゲルマニウム入浴剤は気温が寒い時でも体があたたまるので何度もリピート購入してますが、黒湯は初めて。
有機ゲルマニウムのほかにも、死海の泥と天然塩を配合していてミネラルたっぷり。
保湿成分としてトウガラシエキスも入っているので、保温も期待できそう。

石澤研究所のゲルマバス黒湯

お風呂に入浴剤を溶かしたとたん、泥のぬめっとした感触がします。
よーく混ぜると、茶色がかった黒いお湯に変化!
ほんのりと硫黄の香りがするので、温泉っぽい雰囲気です。泥湯に入ってるような気分。
浴室の気温が低いせいでお湯が冷めやすかったんですが、ゲルマニウムのおかげで血行が良くなったのかぬるめ(38度くらい)でもいつもより長く入っていられました。
汗はほんのりにじむ程度でしたけど、お湯の温度を40度以上にすれば真冬でも大汗が出るかもしれません。

お肌への効果は、まあまあなめらか~といった感じでした。
時間がたっても体の芯がポカポカして湯冷めしにくいし、気分もスッキリしてよかったです。
お湯の色が黒いせいかなんとなく効き目が強そうで(プラシーボ効果ですな)、ノーマルのゲルマバスよりも好みでした。

マインの入浴剤福袋(30袋入)中身公開と使用感想まとめ2014

マインの入浴剤福袋が届きました~!
肌が弱いのであまりコスメ福袋は買わないんですが、マインオンラインショップの福袋は日本製の入浴剤30袋入り&送料込みで1280円なので、入浴剤マニアとして損はないかな~と。
入っている種類もだいたい見られたので、ドキドキ感は少ないですけどね。
注文したのが12月のクリスマス頃だったので、福袋の中身はすっかり忘れていました。
実際に届いた福袋の中身とサイトの画像とを比べてみたら、すべて同じ内容。サプライズやおまけも特になかったです。

マインは福岡県に本社と製造工場があり、ホテルのアメニティやGemid(ゼミド)というナチュラルアロマのコスメブランドを展開している会社みたい。
入浴剤の製造元はフィッツという名前ですが、住所はマインと同じです。
透明のビニールにまとめて入っていて、開けるとグリーンアップルの香りがしてきました。

マインの入浴剤福袋・和風

これは和風のシリーズ『和み庵(なごみあん)』です。
檜・生姜・竹・炭・緑茶・豆乳の6種類で、竹酢液やひのき水等それぞれネーミング通りの成分が入っています。

さっそく生姜の湯に入ってみましたが、まあ普通でした。
ショウガエキス配合でスパイシーな雰囲気ありつつ人工香料や着色料が使われていて、バスクリンに似た感じです。
他の豆乳や炭などもなんとなく近い香りはしますが、入浴中はそこまで違いがわかりませんでした。

マインの入浴剤福袋・ラグジュアリースパ風

これらはちょっと高級感のあるラグジュアリー系です。
『Petit Fleur プチフルール・白(純金入り)と黒(プラチナ入り)』はバラの花エキスが入っていて香りも良さそうとワクワクしました。
実際使ってみても、本格的なバラの香りで保温力もありそこそこ満足。黒袋のほうは湯色が薄い黄色なのでちょっと意外。
金やプラチナは粒子が小さいのか、少し粉末に光沢がある程度でした。

『HERBAL EXTRA ハーバルエクストラ』はグレープフルーツ・フルーツカクテル・スパークリングカクテルというフレッシュな果物の香り。
ちなみに、アットコスメでハーバルエクストラを検索してみたところ、バブルバスの口コミで「よくラブホテルに置いてある」と書いてあって、そっちのホテルアメニティも扱ってるのか~と驚きました。
若い子は友達に「持ち帰ってきたの?」とツッコミ入れられたらショックかもしれませんね。
入浴剤名で検索してみたら、マインのはどれもホテルで置いているほかに企業の販促グッズや景品なんかに使われているので、気にするほどではないかも。
お湯に入れてみるとけっこうリアルなフルーツの香りで、気分がさっぱりしました。

『AROMADOR アロマドール茶色』はダージリンティーとローズの2つの香り。
これはクチコミで「ローズの香りなのにエメラルドグリーンの湯色・香りはすぐなくなった」とイマイチな評価で、使う前からテンション下がってしまいました…読まなければ良かった…
ダージリンはお湯に入れる瞬間は紅茶のいい香りがしましたが、溶かしてしまうとにおいも色も薄くて少し物足りない気分。

マインの入浴剤福袋・アロマ系

『AROMADOR アロマドール パステル』は完熟オレンジ・ラフランス・バラ・アロマブレンドの4種。
このフルーツ系アロマドールも「香りは違うし、入れないよりはマシ」という辛辣なクチコミが…さすがに泣いてもいいですか?

あ、でもでも動物キャラパッケージの『murmur farms(マーマーファームス)』は天然精油が使われているので、本格的なアロマ香っぽい!
ミルキーとローズ・ミルクとラベンダー・ユーカリとティーツリー・シトラスとジンジャーの4種です。
これはお店で買ったらひとつ200円位しそうな原材料使ってます。確実に好みなのがあって安心した~
使ってみると、予想以上に良い香り! 使われているアロマオイルの香りが入浴中もずっと続き、アロマテラピー効果ありそう。
湯色は薄いですが、心身が安らぐのでかなり気に入りました。

マインの入浴剤福袋・フルーツ系

 『aroma in bath(アロマインバス)』はパッションフルーツ・マスカット・グリーンアップルです。
このシリーズはどれかを粗品でもらって使った記憶がありますが、香り・色ともに人工的な感じでした。

『PAL PAL PO(パルパルポー)』もフルーツ系ですね。
マスカット・アップル・イエローピーチ・南国フルーツの4種で、パパイヤ果実エキスやりんごエキスなんかが入っています。
お風呂に入れてもかなり甘いにおいで、子供が喜ぶ感じでした。


総評としては「送料込み1280円ならこんなものかな」といった感想です。
市販価格を想像するに30円~200円くらいと、値段の幅がけっこうありそうですね。
何度も書いていますが、人工香料や着色料を使っている入浴剤もあるので使用感は好みがわかれると思います。
バブやきき湯愛用者にとっては保温力が物足りないのばかりだし、半数は美肌効果もそこまで期待できなさそう。
何度もリピートしたいほどではないため、来年も同じ内容の福袋なら買わないと思います。

最後に細かなことですが…
送られてきたダンボール箱には油性マジックで「入浴剤30P×1」と書かれていて、納品書も外付けで商品名がわかるように貼ってあるため、ぱっと見でも中身がバレバレでちょっと恥ずかしかったです。

マインの入浴剤福袋のダンボール