Tagged: 免疫力アップ

冷え対策にオルビスの高麗人参ミルクティーを飲んでみました

気温が暖かくなっていたので油断してたら、いきなり梅雨冷えが来て体が戸惑ってます。
とりあえず長袖を重ね着して、レッグウォーマー・スカーフ・腹巻と完全防備したら寒さは和らぎましたが…。
いきなりの気候変化なので、うっかり薄着で外出してしまった方も多そう。
電車やビル内は冷房がガンガンにかかってることもあるので、カゼ予防のためには体が冷えたと思ったら温かい飲み物を飲んだほうがいいですね。

地球規模で異常気象が増えてるといいますが、そういえばこないだの冬も昔よりハードな日が多かった気がします。
元々寒がりなんですが、前冬は特に冷え込みがつらく、気温の変化になかなか体がついていきませんでした。
そんなブルブル状態を緩和しようと冬に買ってみたのが、オルビスの高麗人参ミルクティー。
今は夏ですが、いくつか残っていたのを今日飲んでみたら、すごく体があたたまったんです。そんなわけで、季節を問わず体調管理するのにいいアイテムかもと思い紹介します。

オルビスの高麗人参ミルクティー

オルビスの高麗人参ドリンクシリーズはミルクティーとカフェオレがあってどっちにしようか迷ったんですが、味がマイルドそうなのでミルクティーの方にしました。サンプル注文でカフェオレ1袋も頼めたので、そちらの感想も後半で紹介します。
どちらもお湯を注ぐだけで作れる粉末が1杯分ずつ個包装になっていて、8杯分で1000円くらいでした。
味見ということでこのサイズにしましたが、もっとたっぷり飲みたい人向けに30杯分3000円の大容量もあります。

高麗人参は滋養強壮効果があると聞きますが、そのほかにもサポニンという成分には体を温めてくれる作用があるそうです。このオルビスの高麗人参ミルクティー(とカフェオレ)は、サポニン含有量が高い紅参と苦味の少ない白参をミックス配合してます。
紅参(こうじん)と白参(はくじん)は違う種類なのかな?と疑問に思って調べてみたところ、どちらも原料となる人参は同じだと判明。皮付きのまま蒸したりゆでたりして乾燥させたのが色の濃い紅参、皮をむいて乾燥させたのがクリーム色の白参と呼ばれているのだとか。

高麗人参は漢方薬として使われるイメージが強いためクセがあるかと身構えてましたが、想像してたよりも薬っぽさは薄くて、普通のインスタントティーのように飲める味です。
エリスリトールという低カロリー甘味料がさらっと軽い甘さで、後味すっきり。
チャイのような濃厚ミルクティー好きにとっては、甘さもミルク風味も少し足りないと思えるほどシンプルです。
苦味やアクのような味は前面に出てなくてとても飲みやすいので、万人受けする感じですね。

ORBISオルビス高麗人参カフェオレ

高麗人参カフェオレの方はさらにマイルドです。あまりコーヒーっぽさはなくて、ミルクたっぷりのカフェラテを飲んでいるみたい。
適度に甘さはありますが、牛乳に近い程度の糖度なので1杯飲みきっても罪悪感は少ないです。
コーヒーの苦さや酸味がだめな人でも、おやつがわりとして飲める味だと思います。

肝心のポカポカ効果はと言うと、「この高麗人参ミルクティーや高麗人参カフェラテを飲んでも、薄着なら冷える」という結果でした。
当たり前かもしれませんが、体をガンガンに温めるほどの燃焼パワーは感じられません。
飲んですぐに汗が出るような即効性を期待するなら、生姜をたっぷり入れたミルクティーの方が上かも。
ただ、飲む前にしっかり厚目の靴下はいたり首巻きして十分に体を保温できるようにしていた場合は、緑茶や紅茶を飲んだ後よりも温かさがしっかり続きます。
じんわりと血行が良くなり、長時間にわたって冷えにくくしてくれる感じです。
今も高麗人参カフェラテを飲んでから何時間かたってますが、まだ指先まで自然にポカポカした状態です。
おいしいし、サプリメントよりも自然に摂れ続けやすいという点で、冷え症さんの体質改善には手軽だと思います。

汗が出るほど体を熱くさせないため、夏の冷えにもけっこう良いです。
ぬるめのお湯でもしっかり粉末が溶けてくれるので、季節関係なく飲めますね。
さっきオルビスの公式Webを見たところ夏でも販売してるみたいですが、ページがどこにあるのかわかりづらいです。サイト内にある商品検索で「人参」等のワードを入れたらみつかりました。

食べるヤクルト「カップdeヤクルト」ヨーグルトの味感想

今年も、風邪やインフルエンザが流行りだす季節になりました。
ヨーグルト選びの基準として、夏はどちらかといえば「お通じを良くしてくれるか」を重視するんですが、冬は「免疫力を上げてくれるかどうか」を気にするようになります。
昨年、スーパーの中でヤクルトの試食販売をしてたんですが、その時にもらったパンフレットに「ヤクルト(に含まれる乳酸菌シロタ株)を継続して摂取していると風邪をひきにくい」という研究結果があると書いてありました。

そのパンフレットに影響されて+私のお腹に合ってることもあり、昨冬はヤクルトを買う回数が増えたんですが、糖分が多いのが欠点…。ヤクルト自体は50kcal程度でそんなに高カロリーではないものの、1本飲むとかなり口が甘ったるくなってしまいます。
かといってダイエット向けのヤクルトハーフは人工甘味料を使っていて、本当に健康にいいのか疑問を感じるところもあるんですよね。

カップdeヤクルトヨーグルト

そんなわけで夏の間はヤクルト離れしていたんですが、先日飲み物ではなく食べるヤクルトの『カップ deヤクルト』を見つけたので購入してみました。

カップヨーグルトのコーナーに置いてあり、1個120円くらいです。
白地に赤とオレンジのタイル模様のパッケージで、なんだかポップな感じ。
乳酸菌シロタ株もちゃんと入ってるようですが、そこまで健康重視な印象は受けません。
三ツ星ファクトリーとか生クリーム仕立てとか書いてあって、スイーツとして期待できそう!

「カップdeヤクルトヨーグルトの中身

少し黄色がかったクリーム色のヨーグルトです。スプーンを入れると、なめらかながらしっかり形を残したまますくえました。
ゼラチンでプルンとした食感に固めているタイプで、こぼれたり垂れ落ちたりしにくく、食べやすいです。
味は…かなりヤクルト! ぶどう糖果糖液糖ののどにからみつくようなヤクルト風味がここでもしっかり再現されてます。
生クリームが入ってるおかげかリッチな舌触りで、ムースやカスタードプリンよりは「甘いもの食べたな~」という実感があります。
そうそう、1個あたり100kcalなので、デザートにしてはこれまた低カロリーなほうではあるんですよね。
しっかりとした味なので、砂糖の入ってない飲み物を用意したほうが食べやすそう。
個人的な好みでいえば、もう少し甘さおさえめでさっぱりしてる方が好きです。でも、それだと普通のヨーグルトになってしまうのかな?!
この「食べるヤクルト」は、ヤクルト飲料の甘みが好きな人ならけっこうハマる味だと思います。

グリコのBifiX (ビフィックス)フローズンジェリーを食べてみました

スーパーのアイス売り場で「BifiX フローズンジェリー」という変わった新商品があったので購入してみました。
販売元はグリコで、朝食BifiX ヨーグルトでおなじみのおなかで増えるビフィズス菌・BifiX (ビフィックス)をアイス1本あたり100億個も配合しているそうです。

味はヨーグルト味とブルーベリーヨーグルト味の2種類。細長いスティックが7本入りで500円弱くらいでした。
脂肪分ゼロで1本52kcalとカロリーひかえめだから、食後に食べても罪悪感は少ない感じ。

グリコのBifiX (ビフィックス)フローズンジェリーヨーグルトアイス

ようするにフローズンヨーグルトなんですが、独自の製法によってビフィズス菌を生きたまま凍結しているとか。
普通のヨーグルトを食べるのと同じ効果がありそうで、アイスにしてはかなりお腹に良い感じがします。

この形、どこかで見たことがあるような…と考えて思い出したのが、九州発祥の「ムース」というアイスです。
このビフィックスフローズンジェリーも九州・佐賀県のヤマキ製菓の工場で製造していて、会社名で検索したところムースっぽいアイスを作っているみたいです。

グリコのBifiX (ビフィックス)フローズンジェリーヨーグルトアイスの中身

開けてみると、しっかり凍っているものの手や口に触れたところからやわらかく溶けていきます。
1個が小さめだし片手で持って食べられるので、年齢問わず食べやすいアイスですね。
ただ、口にべったりと残る感じの甘さが強いです。
生協(coop)やミニストップのフローズンヨーグルトアイスと比べると、ちょっと後味がくどく感じます。
そういえばグリコ朝食ヨーグルトも、初めから入っている糖分の味バランスが好きじゃなくてあまり買わないのでした…
このアイスは脂肪分がなくても砂糖は使っていて、カロリーのほとんどは糖分なので、ダイエット中にいい食べ物かというと微妙かな。

グリコのサイトを見たら、ビフィズス菌ヨーグルトをアイスにする事で長期保存しやすくするという狙いもあるみたいなので、おなかにいいヨーグルトを常備したいという人には便利かもしれません。
ちなみに、私はあまり好みではありませんでしたが、家族が気に入って1日3本も食べてしまったらおなか壊しました。
いくらビフィズス菌が腸や体に良いとしても、冷たいアイスなので食べすぎには気をつけましょう…

ミニッツメイド・ヘルシーフォーミュラアサイーMIXジュースの味感想

コンビニでみつけた新商品・ミニッツメイドのアサイーミックスジュースです。
アサイー入りのジュースはいろいろな会社から出ていますが、アサイーも果汁も少なく砂糖たっぷりだったり、マンゴージュース入りで風味がかなり違うジュースだったりでイマイチ気に入るものがありませんでした。
かといってアサイー100%だと高くて気軽に飲めないので、ある程度のブレンドはしかたないんですが…

この「ミニッツメイドヘルシーフォーミュラ・アサイーミックス」の良い所は、使っているフルーツがぶどう・カシス・ブルーベリーなこと。
どれもそれ果物がポリフェノールたっぷりだし、味や色もアサイーを邪魔しない感じがします。

明治ミニッツメイド・ヘルシーフォーミュラアサイーブレンド

アサイーベリーはブラジル原産の果実で、鉄分やポリフェノールが豊富なことから美容・健康にいいと言われています。
見た目はブルーベリーそっくりの小さな実なのに、不飽和脂肪酸や食物繊維などバランス良く栄養を含んでいることから、アスリートやモデルの間でも人気があります。グラノーラにアサイーとヨーグルトを盛り付けたアサイーボウルが最近流行してますね。
日本国内ではまだ高級品なアサイーですが、ブラジルでは冷凍品が安く売られているそうです。

このアサイーミックスジュースは、ブドウジュースがベースなのでさらっと飲みやすいです。
ブルーベリーの香りが良くて、そこそこ体に良さそうな味でした。
アサイー単独のジュースはドロドロしていて自作する場合はどっちみち他の果物とブレンドした方が飲みやすいらしいので、このジュースで十分満足です。
アサイーの量は少ないかもしれないけど、飲んだあとはちょこっと目の疲れが楽になったような気がします。
170円とちょっと高めではありますが、天然のサプリだと思えばたまにはありかな!?

ブルーチーズCASTELLOキャステッロダナブルー臭いやばし!

10日くらい前にテレビの健康番組を見ていたら、ある医師が「ブルーチーズはがんをやっつけるという研究結果がある」と言ってます。
テレビで「この食べ物が体にいい!」と話題になると、しばらくはスーパーで品切れ続出になることが多いですが、ブルーチーズはそれからも普通においてあり品薄にはなってません。
やっぱり、食べづらいからかな…? ただ、前よりもブルーチーズを買う人は増えたかもしれません。
ひんぱんに割引シールが貼られていたお店でも、このごろは回転良くなってるみたいなので…

そんなわけで、チーズ好きとしては「がんに良い」という大義名分ができて嬉しい日々。
ちょっと高くて買いづらかったチーズも「がん予防になるなら安い!」と言い訳できちゃうので。
今回紹介するブルーチーズ『CASTELLO キャステッロ ダナブルーclumbled traditional』も、家族をそう説き伏せて購入したものです。
細かく砕かれたタイプで、145g600円くらい。
普通のカットタイプダナブルーも食べたことありますが、同じくらいの値段でも量は少なかった気がします。

デンマーク産ブルーチーズCASTELLOキャステッロダナブルーのブロークンタイプ

CASTELLOキャステッロはデンマークの会社で、これはフランスのロックフォールをお手本にして作ったブルーチーズだそうです。
最初は「ダニッシュブルー・ロックフォール」と名乗っていましたが、フランス側からのクレームによりダニッシュブルー→ダナブルーと呼び方が変わっています。
パクったといってもキャステッロが製造を始めたのは1927年と古く、今ではEUの地理的表示保護に認定されているブルーチーズ。
ロックフォールは無殺菌の羊のミルクを使っていますが、ダナブルーは加熱殺菌済の牛乳で作るため、においがおだやかになっているそうです。

デンマーク産ブルーチーズCASTELLOキャステッロダナブルー中身

とはいえ、フタを開けるとブルーチーズ特有の強い発酵臭がぷんぷん漂います。
これはclumbled traditionalというブロークンタイプなせいか、においの拡がりが特に早いです。
スプーン2杯程度をお皿に入れて食卓に出したら、家族から「クサイクサイ」と大ブーイング。
匂いはやばいけど味はおいしいよ~とすすめて食べてもらったら、体調が悪くなったと言い出しました…
あれ…なんかブルーチーズの存在がストレスになってる…?
翌日からは、冷蔵庫から出しスプーン1杯分だけ素早く食べるという方法で、臭いが充満しないよう配慮してます。

チーズの味はというと、白い部分はやわらかく、ミルクのうまみがあっておいしいです。
ブルー部分は酸味が強いですが、甘めの飲み物と合わせるとちょうどいいです。
キャステッロの公式サイトを見ると、パン・サラダのトッピングにしたりパスタソースに入れたりという使い方をおすすめしています。
固まりのブルーチーズだとなんとなく一気に食べないといけない気がするんですが、砕いてあると量を調整でき便利でした。
ただ、発酵が止まってないので1週間たつとかなり酸っぱさが増してます。
その分体にいい菌も増えてて免疫上がるかな?と思いつつ今日もこっそりパクっ。