映画『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』で人生の思い出摘み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

映像が綺麗で、内容はあんまり重くなくて、でもそこそこ見ごたえのある映画ないかな~と店頭で探していてみつけたのが、この『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』でした。
アカデミー賞受賞の『恋に落ちたシェイクスピア』の監督と女優さんをはじめとして、イギリスを代表するような名優たちが勢ぞろい。
映画の舞台はインドなんですが、ホテルのインド人オーナー役は『スラムドッグ$ミリオネラ』で主役を演じたデーヴ・パテール氏だったりと、どこかで見たことある気がする役者さんばかりで、やはり演技も上手。

イギリス人用グループホーム・マリーゴールドホテルに移動する7人が集まったところから物語は始まります。
日本人でも、物価が安い海外老人ホームに入居している人がいるとドキュメンタリー番組でやっていましたが、トラブルが起こった時は言葉が通じなくて大変みたいです。
イギリス人なら英語が話せるから安心かな~と思いきや、マリーゴールドホテルは事前の説明とは全然違ってオンボロ…
それでもインドライフに少しずつ慣れていき、それぞれが人生に置いてきた色々な思いを溶かしていきます。

マリーゴールド

 

とにかく、インド・ジャイプールの街や市場の色彩の強さに圧倒されます。
ホテルのインテリアや女性の衣装もカラフルで、見ているだけでリゾート気分が味わえました。
ストーリーもメリハリがあり、笑える部分としんみりするシーンが混じりつつも最後は前向きな終わり方なので、悲しい映画がニガテな人でも安心して見られます。
若いインド人カップルの恋愛ドラマもあるので、年配の人だけでなく若い人も十分楽しめるのではないかと。

ただ個人的な好みですが、細かいエピソードではどうもイギリス人の感性と合わないな~とモヤモヤするところもいくつか。
具体的には、恋愛感情の描き方とか、他人を傷つけてもさらっと流れていつのまにか許されているところとかです。
有名な『英国王のスピーチ』や『ラブアクチュアリー』『ブリジットジョーンズの日記』など、イギリス人スタッフが作った映画の多くでそういう細部で感情移入できないことがありました。
まあ、気にならない人のほうが大多数みたいですし、リアルかどうかなんて深く考えずに観るならいい映画ですね。
年をとったら…というよりも、今からでも後悔しないように生きていきたいなぁと改めて思い直します。
アメリカではけっこう人気が出たようで、2015年には続編の公開も決まっているそうです。

Post a comment

You may use the following HTML:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

注意:日本語を含む投稿限定です。(スパム対策)