Tagged: メイク用品

スイーツスイーツ・シャイニードルチェシャドウ03ショコラモンブラン★7

秋が深まってから大活躍してるのがスイーツスイーツの「シャイニードルチェシャドウ03ショコラモンブラン」というアイシャドウです。
ブラウン系のシャドウはどこのブランドでも出してる基本色ですが、人の肌の中にある影色だからこそシビアなのか、長年あれこれ使ってきたのにどうもぴったりと合う物をみつけられずにいたんですよね。

このシャイニードルチェシャドウは、あまり色がつかなそうな茶色のアイシャドウを探していてみつけました。
さらに細かい条件はというと、締め色に濃い色が入っているライトブラウンかベージュのパレットで、ラメやパール感があまり強くなく、値段はできればプチプラ(1500円以下位)、ブラシやチップも付属してる…というところでしょうか。
ドラッグストアでテスターをあれこれ試してみて、粉のやわらかさと色合いの絶妙さに気に入り購入です。
シャイニードルチェシャドウのラインナップには、他にも赤みが強い色やゴールドよりのブラウン系パレットがありましたが、「人気ナンバー1色」とポップが貼ってあったので03を購入です。
ショコラモンブランという名前も、なんだかおいしそうで気に入りました。

シャンティ・SWEETSSWEETSスイーツスイーツシャイニードルチェシャドウ03ショコラモンブラン

塗ってみてまず感じたのが、クリームベースがけっこう良いこと。
アイシャドウベースは昔試したことあるものの、ヨレやすい・落ちやすいのが気になってしまいずっと使わずじまいでした。
このクリームベースには平らなフロストパールが入っていて、肌にしっかり密着して適度なツヤ感がでます。色はほとんどつかずべたつきも少ないので、日常メイクに取り入れやすいです。
パレットシャドウのおすすめ手順はパッケージ裏と公式サイトに載ってるので、その通りに塗ればナチュラルに立体感を出せます。
どのシャドウも粒子が細かく、溶けるように色がなじんでいくのに驚きました。
肌色の延長上カラーなので、塗りすぎちゃったりしてミスってもぼかせばなんとかごまかせるのも、不器用にとってはありがたいです。
締め色ダークブラウンにもパールが入ってますが、ぱっと見はほとんど目立たず、シャドウを塗っているとは見えないことも。
パールが強いクリームベースを使わなければ、化粧にうとい人にはすっぴんだと思われるかもしれません。
ただ、ベースに入っているパールは半日くらいたつと少しくすんだように感じました。
それと、時間が経つとなじみすぎるのか取れてしまうのか、自分でもアイシャドウの効果がよくわからなくなるのでメイク直しは必要かな。

SWEETS SWEETS(スイーツスイーツ)はグロスやネイルカラーがかなり高発色の明るいが多く、通りすがりに眺めていただけの頃は学生向けのコスメブランドだと思ってました。
ただよく見てみると、アイライナーやシャドウはかなり肌なじみの良さそうな色がそろっています。
ヌーディーで自然な色も多いので、オトナ世代がちょっと流行を取り入れたい…という時にいいブランドだと思いました。

好きな大きさにカットできるロールケーキコットンを使ってみました

コットン売り場で変わった物を発見して、おもわず衝動買い!
丸三産業から出ている『ロールケーキコットン』という化粧用の綿製品です。
箱の大きさや見た目はシルコット等のカットコットンと同じなんですが、中にはこんな巻き巻きでロールケーキ状になったコットンが入っています。

丸三産業・ロールケーキコットン

 コットンの内容量は、幅60mm(6センチ)×8メートル。
一般的なコットンが6センチ×5センチくらいなので枚数に換算したら160枚分ですが、400円くらいしたのでお値段はちょっと高め。

丸三産業という会社は初めて知りましたが、公式サイトを見ると医療用の消毒綿や赤ちゃん用の清浄綿などのコットンを作っているようです。
お茶っぱポンという茶葉パックはよく売っているのをみかけるし、もしかしたら使ったことあるかもしれません。

丸三産業・ロールケーキコットンの説明文

そんなコットン製品メーカーだけあって、このロールケーキコットンは繊維の有害物質を調べる国際規格「エコテックススタンダード100」において、乳幼児にも使えるレベルの安全性が認証されているそうです。

とはいえ、箱にそのままロールコットンが入ってるので、カットするために取り出す際はしっかり手を洗ってからがいい気がします。
雑菌やほこりがついたまましまっちゃうと、いくら元の品質がいいコットンでも危ないですよ~

丸三産業・ロールケーキコットンで腕をコットンパック

ロールケーキコットンの箱にあるイラストでは丸型やハート型にカットしてますが、私はシンプルに長くカットして使ってます。
写真のように、腕全体にも幅広くコットンパックできるのは便利。首にくるくる巻いて、うなじケアするのも簡単です。
でも、曲面には化粧水をしみこませるとうまく貼り付きません。
顔やデコルテにも使いたかったんですが、起きた状態で貼ってもすぐにびろ~んと落っこちてきちゃいます。
コットンが厚めで毛羽立ちやすいタイプなせいか、水分を含むと重くなってしまうのが原因みたい。
おでこや目元にぴたっとコットンパックしたいという場合は、重力に反せずあおむけになって貼るしかなさそうです。

化粧水をひたひたにしてのパッティングでは肌あたりがやわらかくて良いコットンですが、パックにはあまり向かないですね。
今のところ、コットンパックでは腕にしか使えないのでなかなか減りません… 結局、普通のカットコットンと同じようなサイズにして使い切る予定です。

コーセーエルシア メルティオンアイズBR-7の感想 ★7

ナチュラルメイク好きなため普段はブラウン系のアイシャドウばかりなんですが、夏らしいさわやかカラーが欲しくなって、ドラッグストアで色々と見比べてみました。
今回のアイシャドウ選びの条件は、

  • あんまり使わないかもしれないので、予算は1500円以下
  • 寒色系2~3色の同系色グラデーションパレット
  • ラメやパールは強すぎず、さらにマット過ぎない自然な肌なじみ色
  • 元からついてるシャドウチップやブラシが使える品質

といったところです。

初めは500円程度のプチプラ中心に見てたんですが、この間購入したキャンメイク・グロウフルールチークのケースの貧弱さが使いにくかったこともあり、奥様向けブランドのコーセー・エルシアに落ち着きました。
このエルシア メルティオンアイズのブルー系BR-7は鮮やかすぎず、黄みのある肌でも使いやすい色です。
コーセーのサイト上にある色見本画像ではぼんやりしたパステルカラーに見えますが、実物はもっと深みのある青でした。

コーセーエルシア メルティオンアイズのブルー系BR-7

ベースカラーから順にグラデーションになるようまぶたに重ねていくと、だんだんツヤ感が出てきます。
細かいピンクラメ・水色ラメ・ホワイトパールがたっぷり入っているので、一番薄いベースカラーをのせ過ぎるとかなりつやつやキラッキラになるので注意が必要です。
ツヤ肌やラメが似合う人なら、あえてたっぷり塗って人魚姫っぽい雰囲気にするのもいいかもしれませんが。
真ん中のうすい青は単独でも使えるくらい発色が良いです。
一番右側のインディゴブルーは藍色ですが、塗る量や光のあたる角度によっては甘めの青紫色よりにも見え、繊細なニュアンスが感じられました。

1ヶ月くらい使ってみての感想ですが、店頭で見た印象よりラメパールが強いものの普段着でも浮かないツヤと色みです。粉がやわらかくて、付属チップもよくしなってくれるから、テクニックがなくても塗りやすいアイシャドウです。
似たような価格と色出しのキスミーフェルム・グラデーションアイカラーと比較すると、このエルシアの方が粒子が揃っててふわっとなめらかにつくので粉質は良いように思います。

何よりも気に入ったのが、一番濃い色が桔梗や朝顔のような「和」を感じさせる素敵な青なところ。
涼しげな雰囲気の目元になるので、ゆかたメイクにもおすすめです。
マイナスポイントは落ちやすい点です。夏で汗ばむせいか、4時間くらいたつと、「アイシャドウはどこに行った!?」と言いたくなるほど薄くなってしまいます。
持ち運びしやすいミニサイズなので、外出の際は付け直すためポーチに入れなければ…
まあ、定価900円ですし、さらに割引してるドラッグストアもあるので、コストパフォーマンスはまあまあいいんじゃないでしょうか。

キャンメイク グロウフルールチークで気分晴れ晴れ!

どんより曇って気持ちが落ち込みがちな季節でも、明るい色を見ると元気が出ますね。
そんな言い訳をしつつ、レイングッズやキッチングッズを鮮やかなものに変えて気分一新しました。
先日買ったキャンメイクのグロウフルールチークスも、見るたびにハッピーな気分にさせてくれるアイテムのひとつ。
ハイライトに使える薄い色と、ニュアンスが微妙に違うグラデーションの合計5色がひとつのパレットになってます。
このかわいいお花模様チークがブラシ付きで1000円以下とは、キャンメイク恐るべし!

グロウフルールチークスは昨年発売されたばかりなのに、キャンメイク総選抜選挙で第1位を獲得したそう。
ピンクやオレンジなど5種類展開されてますが、いちばんナチュラルそうに見えた01のピーチフルールを選びました。
オレンジがそんなに強くなくて、薄いピンク~コーラルピンクでまとまったチークパレットです。

キャンメイク グロウフルールチーク01のピーチフルール

下の写真は、腕の内側にグロウフルールチークスを時計回りに塗ってみたもの。
チークのパッケージには、「2→3→4→5」の順でふんわりとブラシを3回転して混ぜた色を塗り、ほおの高く見せたいところに1のグロウパウダーをツヤ出しにのせましょう…と書いてありました。

写真の一番上の緑で囲んだ部分が、2~5をミックスさせた色です。
下側はそれぞれのカラーを単色で濃く置いてみました。だいたい見たまんまの色ですが、キャンメイクのサイトにある画像ではレッド系に見えてた2と4が、実物はけっこうオレンジ寄りのコーラルピンクでした。

キャンメイク グロウフルールチークスのピーチフルール色見本

 それと、写真では一番上のミックスカラーは薄い色に見えますが、ほおに塗るとかなり濃く感じるのも意外でした。
発色がいいのと、全部の色に細かいピンクパールが入ってるおかげで、チークブラシを3回転させるとしっかり色がつきます。
ぎりぎりOKな黄みでしたが、3の色の存在感が強くオレンジピンクっぽい仕上がりなので、イエロー系のメイクが似合わない人の場合ピーチフルールは使いづらい色かもしれません。
1のグロウパウダーは、つけすぎるとテカテカになってしまうので、近所に行く程度ではあまり必要ないかも。

色持ちはかなり良いです。塗ってから10時間たっても、発色はほぼ変わりないし粉落ちもしてません。
付属のブラシは肌当たりやわらかく、質は悪くないですが、先端が細めなせいで1か所にボテっとつきやすいのがちょっとマイナスかな。ふんわりと綺麗につけたいなら別にチークブラシを用意したほうが確実ですね。
これはたまたま私が手にしたケースだけかもしれませんが、フタの接続部分を押さえるようにして開けないと、パッカリとフタが外れてしまいます。
まあ、チークの粉自体はお値段以上なので、容器やブラシのコストを削減してるからプチプライスなんだと思えば許せる範囲でした。
今のグロウフルールチークスの色展開は鮮やかなピンクやオレンジっぽいので、ベージュやレッド系の色が出たら30代以上の年代でももっと使いやすくなるかと思います。

キングダムツーステップマスカラ(下地付き)を使った感想

マスカラ下地とマスカラが一体化したキングダムのツーステップマスカラを使ってみました。
マスカラ色は、ディープブラックとオリジナルブラウンの2色展開です。
茶色の方がやわらかい雰囲気になっていいかな~とも思いましたが、どんなアイシャドウとも相性のいい黒を使うことにしました。

キューティス・キングダムのツーステップマスカラディープブラック

このツーステップマスカラの特長は、名前の通り、両端が下地とマスカラに分かれていてW使いできること。
下地だけでも普通にマスカラ1本分の値段するので、かなりお得な感じがしますね。
新鮮なうちに使いきれるサイズなのも、目や肌の健康を考えると衛生的。
コンパクトで、ポーチに入れての持ち運びにもかさばらない大きさです。

キングダムツーステップマスカラのカールメモリー下地

ピンクの側が、カールメモリーポリマーの入ったマスカラ下地です。
液にはパンテノールやヒアルロン酸・オタネニンジンエキス等の保湿成分が入っていて、まつげ美容液としても良さそう。
コームは長さがしっかりしていて、ブラシの角度や細さも絶妙ではじっこにも塗りやすいです。
液の色は白っぽいですが、まつ毛に塗ってみると透明になりました。

マスカラの方は、黒い繊維がたっぷり入った液です。
下地が乾いた後にササっと塗ってみると、ぐんぐんまつ毛が伸びていきました。
繊維ががっつりとつくので、かなりロング&ボリューム効果あります。
いつものマスカラと同じ感覚で重ね塗りしすぎると、ちょっとボッテリしちゃうかも。

キングダムツーステップマスカラディープブラックのコーム

下地の色が白くないため、1度塗りでも黒くて自然なまつげに仕上がるのが良いです。
ディープブラックというだけあって液の色が本当に濃い漆黒なので、きちんと目元に存在感が出ました。
プチプラ系のマスカラ&下地にしてはとても塗りやすく、ブラシや液のクォリティ高いと思います。
目だけ濃くなるのが嫌で普段は下まつ毛にはマスカラを使わないんですが、キングダムのツーステップマスカラの公式ページに「上まつ毛に黒を塗って、下まつ毛には茶色を塗る」という合わせ技な使い方があって、ナチュラルそうでいいな~と真似したくなりました。

時間が経っても繊維落ちはなく、少し汗をかいた程度では液も落ちません。
ただ、皮脂に強いウォータープルーフではあるものの、油分の多いファンデを塗ったときは時間が経ったら下まぶたに液がにじんでいました。
こってりしたリキッドファンデやBBクリームを使う場合は、まぶた周りをパウダーでおさえてからマスカラを塗るとパンダ落ち予防になるので、参考にしてみてください。
ちなみに、下地が透明なのでまゆ毛の流れを整えるのにも使ってるんですが、少し濃くなって伸びやすくなってきたような気がします。
キューティスのブログリポーター参加中