Tagged: 化粧水

財宝の美水スペシャルミストスプレーを使ってみました

財宝オンラインからスプレータイプの化粧水を作ったというメルマガが来たので、さっそくお試しキャンペーンに申し込んでみました。
財宝といえば最近では相撲取りの遠藤関がイメージキャラクターになっています。
会社が独自に掘った温泉水を使ったミネラルウォーターや焼酎・健康食品などが有名ですが、化粧品まで作っているとは知らなかったです。

この美水スペシャルは、地下1200メートルの深さから湧き出ている水と温泉水をミックスし、ミストスプレーがついたボトルに入れたものだそう。
保存料や香料など、肌の刺激になる成分がまったく入ってなくて、天然水だけが詰まっています。

財宝の美水スペシャルウォータースプレー

とはいえ実は、実際に使うまでは保湿成分の入った化粧水なんだと勘違いしていました。
サイトの説明文に「肌をひきしめる」とか「肌にうるおいをもたらす」などと書いてあって、ちょっとまぎらわしかったです。
たしかに、水道水と比べて温泉水のスプレーは肌にいいらしいですね。
昔アベンヌやエビアンのミストスプレーが流行ったときに、何度か買った記憶があります。
肌の調子が悪いときには、ミネラルウォーターを洗顔後スプレーしてティッシュオフするとなんとなく余計な塩素が取れて肌にやさしい感じがしました。それに、その後につける化粧水のなじみもよくなります。

そんなわけで、財宝の美水スペシャルもプレ化粧水にしたんですが、肌荒れしてないからか劇的な効果は感じられません。
化粧水代わりに使ってみると、さすがにこれだけでは保湿力が足りなかったです。
気分転換として日中シュッシュッするのは、気分も肌もスッキリして良かったかな。
弱アルカリ性の温泉水で天然鉱石が入っているというわりには、においや硬さは感じられず優しい水でした。
九州産の水なので、海外のミネラルウォータースプレーよりは日本人の肌に合ってそうな気はしますが…
消費の期限が2ヶ月弱と短いのに、1人で顔だけに使ってる限りでは全然なくならないというコストパフォーマンスの良さが逆に困りもの。
スプレーノズルがしっかりした作りで、ちゃんと細かい霧状になり顔全体にまんべんなくかけられる点は使いやすかったです。

好きな大きさにカットできるロールケーキコットンを使ってみました

コットン売り場で変わった物を発見して、おもわず衝動買い!
丸三産業から出ている『ロールケーキコットン』という化粧用の綿製品です。
箱の大きさや見た目はシルコット等のカットコットンと同じなんですが、中にはこんな巻き巻きでロールケーキ状になったコットンが入っています。

丸三産業・ロールケーキコットン

 コットンの内容量は、幅60mm(6センチ)×8メートル。
一般的なコットンが6センチ×5センチくらいなので枚数に換算したら160枚分ですが、400円くらいしたのでお値段はちょっと高め。

丸三産業という会社は初めて知りましたが、公式サイトを見ると医療用の消毒綿や赤ちゃん用の清浄綿などのコットンを作っているようです。
お茶っぱポンという茶葉パックはよく売っているのをみかけるし、もしかしたら使ったことあるかもしれません。

丸三産業・ロールケーキコットンの説明文

そんなコットン製品メーカーだけあって、このロールケーキコットンは繊維の有害物質を調べる国際規格「エコテックススタンダード100」において、乳幼児にも使えるレベルの安全性が認証されているそうです。

とはいえ、箱にそのままロールコットンが入ってるので、カットするために取り出す際はしっかり手を洗ってからがいい気がします。
雑菌やほこりがついたまましまっちゃうと、いくら元の品質がいいコットンでも危ないですよ~

丸三産業・ロールケーキコットンで腕をコットンパック

ロールケーキコットンの箱にあるイラストでは丸型やハート型にカットしてますが、私はシンプルに長くカットして使ってます。
写真のように、腕全体にも幅広くコットンパックできるのは便利。首にくるくる巻いて、うなじケアするのも簡単です。
でも、曲面には化粧水をしみこませるとうまく貼り付きません。
顔やデコルテにも使いたかったんですが、起きた状態で貼ってもすぐにびろ~んと落っこちてきちゃいます。
コットンが厚めで毛羽立ちやすいタイプなせいか、水分を含むと重くなってしまうのが原因みたい。
おでこや目元にぴたっとコットンパックしたいという場合は、重力に反せずあおむけになって貼るしかなさそうです。

化粧水をひたひたにしてのパッティングでは肌あたりがやわらかくて良いコットンですが、パックにはあまり向かないですね。
今のところ、コットンパックでは腕にしか使えないのでなかなか減りません… 結局、普通のカットコットンと同じようなサイズにして使い切る予定です。

アクセーヌADコントロールシリーズをライン使いした感想

エアコンは体が冷え過ぎないようドライ設定にすることが多いんですが、そうすると気になるのが肌が乾くことです。
さらに、日焼け予防のためにファンデーションをたっぷり塗るようにもしているので、真夏といっても乾燥しやすい条件がそろっちゃってますね…

春にもらったアクセーヌ・ADコントロールシリーズのサンプルをみつけたので、最近は朝も夜も使ってます。
ADコントロールは「肌への刺激をとにかく減らす」というコンセプトのもと、皮膚科と共同で開発された基礎ラインです。
低刺激で保湿力が高いので、肌トラブルが多い敏感肌にも人気のよう。
肌の水分量を保つと、紫外線やほこりなど外的刺激からのバリア機能も高まる…と特設サイトに書いてあり、たしかに乾燥している時は肌荒れしやすいなと秋冬のことを思い出しました。

アクセーヌacseineのADコントロールローション・ミルキィジェル AD・ADコントロールエッセンス美容液

ADコントロールローション・ミルキィジェル・ADコントロールエッセンス美容液の3日分サイズらしいんですが、保湿力が高いおかげで1週間たっても余裕で中身が残っています。どのアイテムにも含まれている主な成分はグリセリンやヒアルロン酸なので、さほど目新しくはないものの、肌なじみが良く刺激もありません。

ADコントロールローション(化粧水)の感想…とにかく水々しい使い心地。元になっている水自体がとてもやわらかいのか、肌あたりがやわらかくつけてて気持ち良いです。
浸透もよく、これだけでスキンケアOKなんじゃないかというくらい塗った後に肌のしっとり感がアップしました。

ミルキィジェルAD(保湿液)の感想…朝専用の美容液で、肌にもともとある皮脂膜のように水分で保護バリアを作って刺激から肌を守ってくれるそうです。
プルンとした半透明のジェルで伸びが良いし、とてもしっとりします。オールインワンジェルのように化粧水なしでもいけるかもしれません。

ADコントロールエッセンス(美容液)の感想…これも水分で肌に保護膜を作る美容液なんですが、サラサラすぎる液なため、サンプルボトルから出すときに勢い良く出てこぼれやすかったです。
現品はプッシュ式のボトルなので大丈夫そうですが、25mlで7000円以上するので毎回2~3プッシュ使うとなるとちょっと高すぎるような気はします。
肌に重さを感じさせず水分だけを補うタイプで、油っぽさもジェル特有のぬるぬる感もないという点は、脂が出やすい人やさっぱりした肌仕上げが好きな人に向いているのでしょう。
わかりやすいアンチエイジング成分が入ってないので、30代の年齢が気になる私としては値段と使用感のバランスで物足りなさを感じました。

 1週間ほど使い続けていたら、洗顔後でも肌がもっちりするようになったので、基礎水分量は上がっているみたいです。
エアコンで目や体にかさつきを感じても顔だけはもっちりしているレベルなので、かなりスゴイです。
アクセーヌの店頭カウンセリングでサンプルがいただけるので、敏感肌でかさつきやすいという悩みには試しやすくていいんじゃないでしょうか。

ルアンジュボーテのしっとり化粧水モイストローション★9

エステサロン限定の化粧品ブランド・ルアンジュドボーテです。
ミニサイズの基礎化粧品をライン使いした中で一番良いなと思ったのが、このしっとりタイプ化粧水のモイストローションでした。

ルアンジュドボーテは、フラーレンやEGFといった保湿成分がたっぷり入っているエイジングケアコスメ。
おもしろいのが、微量な電気を帯びたナノ化ビタミンCが入った還元水をベースにしているというところです。
微粒サイズなので普通のビタミンCよりも角質層にしっかり浸透して、メラニンのはたらきを抑制してくれるそう。
このモイストローションにはその他にも、鮭由来のマリンプラセンタ・クロレラエキスなどのアミノ酸たっぷりな生物パワーとプラチナナノコロイドが保湿成分に使われています。

ルアンジュボーテのしっとり化粧水モイストローション

手にとった瞬間はさらっとした液に思えますが、肌にのばすとジェルのようにプルンとした感触に変わりました。
ローズウォーターのせいかほんのりした香り。意識しなければわからないくらいなので使いやすいです。
しっとり潤って、他に何もつけなくても平気なくらい。全然荒れなくて、敏感肌でも使えると説明に書いてあったのは本当なんだ~と嬉しくなりました。
使い始めて3日くらいで、細胞そのものが元気になった感じの肌弾力に。
ターンオーバーも自然に整えてくれたみたいで、さわり心地はサラサラ。くすみも減ったような…
ファンデーションのノリが良くなったし、チークもぱあっと綺麗に色がのるような気がします

ルアンジュドボーテをネット通販で買えるか検索してみましたが、どうやら本当にエステサロン直売だけのよう。
この化粧品は150mlで4800円と、アンチエイジング向けコスメとしては買いやすい値段だけに、販売ルートが限られてるのはちょっともったいないと思いました。
ミニのトライアルセットもあるので、加齢肌や美白が気になる人はもし見かけたら使用感を試してみてはいかかでしょう。
ただ、クレンジングと洗顔料には果実由来のAHA(フルーツ酸)が配合されていてピーリング効果があるため、肌が弱い人には厳しいかもしれません。
(私は敏感気味で角質除去が苦手なので、洗顔クリーム等はまだ使っていません。ひじやひざ用にするかも…)

ホメオバウローションで乾燥知らず・使用レビュー★8

Homeo Beau(ホメオバウ)のスターターキットで化粧水・美容液・クリームをライン使いしました。
ホメオバウというブランド名は聞いたことあったんですが、売っているのは見たことなかったんですよね…
それもそのはず、もともとは直営のエステサロン用に開発されたコスメで、今でも個人経営サロンや美容室など限られたお店でしか取り扱ってないそうです。
エステ通いはハードルが高いですが、ホメオバウの公式サイトでトライアルキット購入できました。

ホメオバウの基礎化粧品は、その人が持つ「基礎肌力」をアップさせることを目的として作られています。
主な保湿成分はアミノ酸・抗酸化物質フラーレン・EGF作用のあるプロテオグリカンなどで、しっかりと保湿してバリア機能を高めつつ、血行を良くしたり肌の再生力や代謝(ターンオーバー)を高めるようなエイジングケアできるのが特徴です。

ホメオバウ化粧水

ホメオバウローションを手のひらに出してみると、ほとんど水というくらいサラッとしています。
コットン使用でもOKらしいですが、肌にぐんぐん浸透していく感触なためハンドプレスしながらつけるほうが気持ちいい。
全成分を見ると、一番初めに書いてあるのは「水」で、そのあとはカミツレ水・ラベンダー水・グリセリンという順番です。アロマの香りはひかえめだし肌に残らないため、気づかない人もいるかも。
知ってからは、カモミール&ラベンダーがほんのり香るおかげで心地良いのかなと思いました。

ローションをなじませると肌がふっくらとやわらかく潤って、化粧水だけでもたっぷり水分補給できてる感じがします。
保湿力のわりには軽いつけ心地だし、刺激やクセが無いので、ライン使いでなくても取り入れやすそう。
2月はいつも肌がバリバリになりやすいんですけど、今年はあまり乾燥が気にならずファンデのノリも良かったです。
肌全体にきちんと水分が行き渡る感触なので、真冬でも安心して使えました。
使用量がちょっとでも潤うおかげで、予想してたより長く使えました。見た目よりはコストパフォーマンスも良さそう。
ドクターズコスメによくあるように、パッケージがシンプルすぎなのは好みが分かれるかもしれません…