Tagged: 健康食品

菊正宗酒造・日本酒の乳液でアミノ酸補給した感想★9

半袖やノースリーブを着る季節になって、冬の間サボってたボディケアをちゃんとしなくてはな~と焦ってます。
ボディケアにはやはり、惜しみなくたっぷり使えるコスメが良いですね。
昔はダイソーの100円商品を使ったりもしてましたが、やっぱり安いだけあって香りや浸透具合などはそれなりです…。
さすがにいい年になったこともあり、今では大型ボトルの化粧水や乳液へとシフトチェンジしてます。
ちょうどイミュのハトムギ化粧水を使い切るところなので、気になっていた菊正宗の乳液にチャレンジ!

菊正宗のコスメでは、「日本酒の化粧水」が500mlの大容量で品質も良いと人気です。
ただ、日本酒の化粧水の原材料を見たらアルコール分が含まれていたので、使うのはやめておきました。
体の皮膚はさほど敏感肌ではないですが、首とか二の腕はそこそこ刺激に弱いし、スキンケアが面倒な日はお風呂上りにバーっと顔にも塗りたくなることもあります。
乳液の方は、「日本酒の」という名前なのにアルコール系成分はかなり後のほうにあるので、なんとなく大丈夫そうな予感が。

菊正宗酒造・日本酒の乳液

そんなわけで、何度かヒジやヒザにこの乳液を塗っていたらけっこう好感触だったため、顔にも使ってみたところ刺激がなくて一安心。
それに、すごく肌がやわらかくなる! プラセンタやアミノ酸などの保湿成分たっぷりなおかげか、肌がもっちもちになります。
元々アミノ酸やコメ発酵液などの成分が肌に合うタイプなので、特に効果を感じたのかもしれません。
アットコスメの口コミではぴりぴりした刺激があった人もいるそうですが、それはまったく感じませんでした。

浸透はゆっくりめですが、これは逆にミルククレンジングとしてふき取りしやすいです。
美白成分のアルブチンや、赤みを抑えるグリチルリチンサン2kも含まれているので、コットンパックでたまに使ってみようとも思いました。
380mlで800円くらいなので、日本酒の吟醸香の匂いが平気ならかなりコストパフォーマンスは良いです。
ただ、ポンプはプッシュ部分が細く小さいせいで押しづらく、自分に合った力加減に慣れるまでは勢いよく乳液が飛び出してくることもある点は注意が必要です。


紀州赤本の梅肉エキスサプリ・梅真珠を飲んでみました

このごろなんとなく血流が悪い気がして、青竹踏みや散歩の回数を増やしています。
たまに飲んでいた梅丹の梅肉エキスサプリがなくなってそのままだったんですが、気休めになるかな?と新しいのを試してみました。
紀州赤本の「梅真珠」は、原材料が梅だけというとても珍しい梅肉エキス錠です。
一般的に売られている梅肉エキスサプリは、つなぎとして米粉やハチミツなどが入っています。
梅真珠では梅の果肉パウダーでエキスをくるむというだけの特許製法により、梅に含まれる成分・ムメフラールの含有量も3倍だそうです。

ムメフラールは、生の梅にも梅干にも含まれていない成分です。
梅肉をじっくり時間をかけて煮詰めることで、クエン酸と糖がくっついて出来上がります。
アミノ酸・クエン酸などの有機酸が豊富なこともあり、昔から疲れたときには梅肉エキスがいいと民間療法で使われていました。
近年のムメフラールに関する実験では、血液中の赤血球や血小板に働きかけ、血流が良くなったと言う研究結果があります。

紀州赤本の梅肉エキスサプリ梅真珠

前は家族が梅エキスを飲んでいるのを見て「梅干食べるのと変わらないでしょ」と思っていたんですが、最近では「少し違う働きがあるかも」と実感してます。
梅干とかビタミンCは疲れがとれやすくなる気がしますが、梅肉エキスのほうは足のだるさが軽くなる感じというか。
単純な疲労だけでなく、体全体の巡りが悪いときに良いです。それと、梅エキスは塩分を摂らなくて済む点もGoodですね。

梅肉エキスでも、液状のものは酸っぱくて飲みづらく、一度買ってもうこりごりです。ムメフラールの純度は高いみたいですが…
粒の丸薬は容器から出すときにコロコロっと転がって落ちる確率が高いですけど、さっと飲めて楽です。
梅真珠は1日量が5粒で、他社の梅肉エキス粒が15~20粒なのに対してさらに手軽でした。
今回は6日分のお試しで飲んでみたんですが、少ない量でもそんなに使用感は変わらないように思えました。

和歌山県産の梅を100%使用していることもあって1瓶サイズになると少し高めですが、紀州産の梅は味がおいしいので、栄養価も豊富そう。
何日も梅を煮込み続けるなんて自分ではできないので、これからも梅エキス錠にお世話になることでしょう。

ピモレ熟成ヒアルロン酸EXドリンクでぐったりお疲れ肌解消!

昼間は暑いのに夜は冷え込んだりで、少々疲れ気味の日々です。
季節の変わり目は肌荒れしやすいため、意識してヒアルロン酸やプラセンタなどの美容成分を摂ってます。

この間飲んだPMOREピモレの『熟成ヒアルロン酸EX』ドリンクはかなり即効性を感じました。
1本あたり400円位と高めなだけあって、成分がぎゅぎゅっと濃縮されている気がします。
特許成分で、抗酸化力の高い熟成ECM・Eという特別なヒアルロン酸と、馬プラセンタ・低分子スカルコラーゲンをぶどう果汁で飲みやすく仕上げた美容ドリンク。
鉄分とビタミンB群も入っているので、貧血や疲れが気になるときにもいい感じ。

ピモレ熟成ヒアルロン酸EXドリンク

フタが完全密封する入れ物で、飲む直前まで新鮮に中身を保ってくれるそう。
専用の栓抜きで開けるんですが、力を入れるとこぼれそうになってしまい、コツをつかむまで大変でした。
「熟成」というだけあって、漢方薬っぽい香りがします。
飲んでみると、甘くて意外と飲みやすいですね。あまりヒアルロン酸やコラーゲンっぽさはなくて、栄養ドリンクみたい。
ボトルがとっても小さく内容量も20mlと少ないので、すぐに飲み切れて良いです。
いくら安くて効果のある美容ドリンクでも、たくさん飲まなきゃいけないのって続けにくいんですよね。
夜寝る前はあんまり水分摂りたくないですし…

熟成ヒアルロンEXを飲んで数時間すると、なんだか体がじんわりほぐれてきます。
ぐったり疲れた夜でも、体が楽になって眠りやすくなり、翌朝には首やももなど全身の肌がスベスベしてる気がしました。
さらに、そのスベスベ感が2~3日続くんです。
気のせいかな~と思ってたんですが、飲まないと疲れやすくなるし、また飲んでみると肌ツヤが良く綺麗に見えるような
そんなわけで、値段は高めですがコストパフォーマンスはけっこう良いです。
毎日ビタミンやミネラルのサプリをたっぷり飲んでいる人は、あまり効果わからないかもしれませんけど。
そうそう、ビタミンB群サプリとドリンクと一緒に飲むと栄養過多になるので、併用は避けたほうがいいですね。
ここぞ!というイベントの前に飲もうと、数本は大切に保管しておこうと思います。

ブルーチーズCASTELLOキャステッロダナブルー臭いやばし!

10日くらい前にテレビの健康番組を見ていたら、ある医師が「ブルーチーズはがんをやっつけるという研究結果がある」と言ってます。
テレビで「この食べ物が体にいい!」と話題になると、しばらくはスーパーで品切れ続出になることが多いですが、ブルーチーズはそれからも普通においてあり品薄にはなってません。
やっぱり、食べづらいからかな…? ただ、前よりもブルーチーズを買う人は増えたかもしれません。
ひんぱんに割引シールが貼られていたお店でも、このごろは回転良くなってるみたいなので…

そんなわけで、チーズ好きとしては「がんに良い」という大義名分ができて嬉しい日々。
ちょっと高くて買いづらかったチーズも「がん予防になるなら安い!」と言い訳できちゃうので。
今回紹介するブルーチーズ『CASTELLO キャステッロ ダナブルーclumbled traditional』も、家族をそう説き伏せて購入したものです。
細かく砕かれたタイプで、145g600円くらい。
普通のカットタイプダナブルーも食べたことありますが、同じくらいの値段でも量は少なかった気がします。

デンマーク産ブルーチーズCASTELLOキャステッロダナブルーのブロークンタイプ

CASTELLOキャステッロはデンマークの会社で、これはフランスのロックフォールをお手本にして作ったブルーチーズだそうです。
最初は「ダニッシュブルー・ロックフォール」と名乗っていましたが、フランス側からのクレームによりダニッシュブルー→ダナブルーと呼び方が変わっています。
パクったといってもキャステッロが製造を始めたのは1927年と古く、今ではEUの地理的表示保護に認定されているブルーチーズ。
ロックフォールは無殺菌の羊のミルクを使っていますが、ダナブルーは加熱殺菌済の牛乳で作るため、においがおだやかになっているそうです。

デンマーク産ブルーチーズCASTELLOキャステッロダナブルー中身

とはいえ、フタを開けるとブルーチーズ特有の強い発酵臭がぷんぷん漂います。
これはclumbled traditionalというブロークンタイプなせいか、においの拡がりが特に早いです。
スプーン2杯程度をお皿に入れて食卓に出したら、家族から「クサイクサイ」と大ブーイング。
匂いはやばいけど味はおいしいよ~とすすめて食べてもらったら、体調が悪くなったと言い出しました…
あれ…なんかブルーチーズの存在がストレスになってる…?
翌日からは、冷蔵庫から出しスプーン1杯分だけ素早く食べるという方法で、臭いが充満しないよう配慮してます。

チーズの味はというと、白い部分はやわらかく、ミルクのうまみがあっておいしいです。
ブルー部分は酸味が強いですが、甘めの飲み物と合わせるとちょうどいいです。
キャステッロの公式サイトを見ると、パン・サラダのトッピングにしたりパスタソースに入れたりという使い方をおすすめしています。
固まりのブルーチーズだとなんとなく一気に食べないといけない気がするんですが、砕いてあると量を調整でき便利でした。
ただ、発酵が止まってないので1週間たつとかなり酸っぱさが増してます。
その分体にいい菌も増えてて免疫上がるかな?と思いつつ今日もこっそりパクっ。

おなかマート善玉菌α(乳酸菌ビフィズス菌)と善玉菌β(植物性乳酸菌)の感想

冷え性なこともあり、冬にヨーグルトを食べると体が冷えやすいのが悩みです。
家族は気にせずに食べてますが、体にいいとわかってても寒い日が続くと食べるのがおっくうになってしまって…
そんな中おなかマートの粉末乳酸菌をみつけ、善玉菌α(アルファ)と善玉菌β(ベータ)両方がセットになったのを購入してみました。

おなかマートの善玉菌αビフィズス菌と有胞子乳酸菌βラブレ乳酸菌セット

善玉菌αは「有胞子乳酸菌・ビフィズス菌・オリゴ糖・食物繊維」善玉菌βには「ラブレ菌種植物性乳酸菌・オリゴ糖・食物繊維」が配合されています。
どっちにも、胃酸に負けず生きたまま腸に届く菌と、乳酸菌の栄養分になるオリゴ糖が一緒に入ってるそう。
粉末のまま食べてもいいし、飲み物に溶かして摂ってもOK。

おなかマートの善玉菌αビフィズス菌と有胞子乳酸菌オリゴ糖入り

まずは善玉菌α(アルファ)を1週間くらい続けて飲んでみました。
白いサラサラした粉末で、そのまま舐めるとお菓子のヨーグレット(ヨーグルトのタブレット)みたいな味。
オリゴ糖がほんのり甘いので、子供でも食べやすそう。
ぬるま湯に溶かして飲んでましたが、味を薄くしすぎるとそんなにおいしくないですね。

飲み始めてすぐに、おなかが元気になってくるのがわかりました。
腸の動きが活発になってるみたいで、毎日お通じがすっきりと出て快適~。
「有胞子乳酸菌」と名づけられてるだけあって、普通の乳酸菌よりも胞子がいっぱい作られるのかな?

おなかマートの善玉菌βラブレ植物性乳酸菌オリゴ糖入り

善玉菌β(ベータ)の方は、ココア味なので茶色い粉末。
そのまま舐めるとミロみたいでおいしい~。でも水で薄めると善玉菌アルファ以上に飲みづらいです。
ベータはコーヒーとか牛乳に入れる飲み方がいいのかもしれません。

そして、どうやら私のおなかには合わない菌らしく、飲み続けても便秘気味でした。
スーパーで売っているラブレのヨーグルトドリンクもいまいち効果が出なかったので、植物菌乳酸菌はほんとにダメな体質なんだな~
「植物性乳酸菌は漬物に含まれているから日本人に合っている」と言われてるのに不思議です。

1日分ずつの個包装で保存が利くし、オリゴ糖と食物繊維入りなのでサプリよりも総合的に良いですね。
乳酸菌の違いを意識して摂取したおかげで、自分の腸に合うのがわかったのでこれからの参考にもなります。
もう植物性乳酸菌には期待しないぞ~って(笑)
善玉菌αもβも商品リニューアルする予定らしく、3月いっぱいはセール価格で購入でき、その後は販売終了のようです。