リコリス飴をなめたせいで一時的な味覚障害になってしまった・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いきなり、食べ物の味がわからなくなってしまいました。
ずっと口の中が甘いような苦いような変な味で、ごはんがおいしくない・・・
もしかして味覚障害になってしまったのかといろいろ検索してみたけれど、思いあたる原因がないんですよね。

 

味覚障害の原因は主に

  • 舌や口内の病気や乾燥・異常
  • 飲み薬の副作用
  • 亜鉛の欠乏
  • 風邪や花粉症・うつ病・強いストレスなど
  • 放射線治療後
  • 肝臓・腎臓などの消化器疾患

といったもの。

この中でも特に、亜鉛が不足しての一時的な味覚障害が多いそうで、病院で亜鉛を処方したら約70%の患者さんが治ったという記事がありました。
亜鉛は赤身肉や玉子・豆・のり・チーズ等に多く含まれますが、食事で玉子とか納豆とかチーズはしっかり食べてるんですよね。
口内も異常ある感じではない・・・ということは、何か内臓の病気?とさらに調査。
すると、刺激の多い物を食べた後に舌の味蕾(みらい)の機能が弱ってしまい、味を感じにくくなることがあるみたいです。化学調味料の多い料理や飲酒・タバコも要注意。

最近食べた刺激のある食べ物といえば、薬局でおまけにもらったリコリスの飴!

リコリスはマメ科のカンゾウという植物で、強い抗酸化作用があり、漢方でも甘草として配合されています。
甘味料としても使われ、アメリカではルートビア(炭酸飲料)・ヨーロッパではキャンデーやグミなどのお菓子も人気です。
ただ、フィンランドのサルミアッキというお菓子は「世界一まずい飴」と言われている・・・
前日に食べたのは日本製でしたが、苦甘くておいしくない飴。いかにも漢方!といった味でした。

 

念の為にマルチミネラルのサプリメントを飲むことにし、しばらく様子見。
飴を食べてから48時間くらい経ったら、口の中の変な味はおさまってきました。
リコリス(甘草)は胃・肝臓・風邪にも効能があるそうですが、味がわからないのがストレスになったので、もうリコリス飴は食べないでおこうと思います。

ちなみに、リコリスのお菓子が一般化しているイギリス・フィンランド・スウェーデンは「料理がまずい国」としてよく名前があがります。
リコリスをおいしく感じるような味覚だから味オンチなのか、リコリスを食べているから味がわからないのか・・・?
少なくとも料理を作る前には、リコリス飴はなめないほうがいいでしょう。

 

Post a comment

You may use the following HTML:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

注意:日本語を含む投稿限定です。(スパム対策)