加湿器の種類別比較と健康・手入れを考えたおすすめな選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

暖房をしていると室内の湿度はどんどん低くなってしまうため、健康に最適な湿度である40~60%を保つには、8畳の和室なら500ml、洋室でも300mlは加湿が必要と言われています。

冬に活発になるインフルエンザウイルスも、高温多湿な場所では増えにくいという研究結果がありますし、のどが潤うだけでも風邪の予防になります。
さらに空気中の水分量が多いと、女性の悩みである肌荒れ・乾燥・シワなども防いでくれるのです。

最新の加湿器には空気清浄機能やプラズマクラスターがついていたり、USBに対応した卓上タイプ・ペットボトル給水等いろいろな種類がありますが、どれにも共通した加湿方式をわかりやすくまとめてみました。

湯気で加湿

家庭用加湿器の方式まとめ

スチーム・加熱式…お湯をわかして、その湯気を噴き出させます。やかんや鍋で出る湯気と同じ方法。
周りの湿度と関係なく加湿できますが、しすぎると結露やカビの原因になることもあります。
デメリットは、電気代がとても高い(1時間あたり6円前後)ことと、容器内にミネラル分・塩素が白く固まってしまうため、月に1回程度クエン酸での洗浄手入れが必要。
湯気が高温なので、熱い吹き出し口にさわったり物を落としたりすると危険です。

気化式…常温の水を送風によって気化させるという、ドライヤーの冷風機能の原理で加湿します。
消費電力が少ないので省エネ。蒸発効率が他の方式よりも良いため、水の補充回数が少なくて済みます。
メーカーにもよりますが、機械自体が大きく、ファンの回転音がうるさいものが多いです。

超音波式…超音波振動によって、水を霧(ミスト)に変えて加湿します。
煙は出ますが冷たいのでさわっても平気。短時間で加湿でき、音が静かで消費電力も少ないです。
デメリットは、水道水に含まれる塩素やミネラル分も蒸発してしまうせいで、部屋の家具に白い粉が積もることがあります。
さらに、機械の周りが水滴で濡れやすく、加湿器内部の容器にはカビが生えやすいため、こまめな掃除が必要。
(ほおっておくと、カビ・雑菌を部屋中に撒き散らしてしまい、アレルギーの原因になる)

ハイブリッド式…上で紹介したいくつかの方式の長所を組み合わせ、湿度が低くても短時間で加湿できるようにしています。
加熱+超音波式の場合、ヒーターで加熱した水を霧状にし噴出します。音は静かです。
気化式+ヒーターの場合、水を超音波で振動させた後でフィルターに温風をあてているため、風があたたかく暖房効率を下げません。ファンが回るため、送風音がします。
両方に共通するデメリットは、消費電力が多く電気代がかかることと、専用フィルターの交換がこまめに必要なこと。


加湿器の電気メーカーによって細かい性能や消費電力には違いがありますが、おおまかに分類すると上のような特徴が見られます。
ちまみに木造住宅の場合、洋風プレハブ造りに比べて機密性が低いため、加湿器の効きも弱くなります。
給水タンク容量が大きければ補充の手間は減りますが、重すぎると持ち運びが大変なことも覚えておきたいポイントです。

ライフスタイル・使うシーン別おすすめ加湿方式

小さい子供や年配者のいる家庭の場合、気化式かハイブリッド式ならお手入れが簡単で、安全性が高いです。

短時間で部屋全体をしっかりと加湿したいなら、気化式かハイブリッド式がおすすめです。
超音波式を使う場合は、レジオネラ菌やカビの発生を防ぐため掃除を怠らないようにしましょう。

夜眠るときに寝室でつける場合は、運転音が静かなハイブリッド式(加熱+超音波式)・超音波式・スチーム加熱式がおすすめです。

どの加湿器を選んでもある程度の掃除は必要なので、お手入れの手軽さや頻度・交換フィルターの値段についてもリサーチしてから購入すれば後悔は少ないと思います。

Post a comment

You may use the following HTML:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

注意:日本語を含む投稿限定です。(スパム対策)