Tagged: 乾燥

ロゴナのリップクリームキャレンデュラを使った感想と短所

しばらく愛用してたリップクリームをなくしてしまい、真冬だし次はいい物にしてみようかなと探してみつけたのが、このロゴナのリップクリーム・キャレンデュラ。
amazonで700円くらいするので、普段200~300円程度のプチプラリップクリームを使っている身としては、合わなかったらいやだなという思いはあったり。
ただ、口コミがたくさんあってトータルでは高評価なので、まあ使えるレベルだろうと気分転換がてらに購入してみました。

ロゴナ(Logona)はドイツ生まれのナチュラルコスメブランドです。
化粧品に使う植物はオーガニックや野生の無農薬もので、原料ひとつひとつにまで品質管理を徹底しているそう。
自然派コスメというと、敏感肌にとっては植物エキスが刺激になってしまうこともありますが、ロゴナは開発段階で100人以上のアレルギー疾患者の肌でパッチテストをしていて、ドイツのアレルギー喘息学会から肌に優しいという認証を得ています。
そのほかにも、パッケージはすべてリサイクル可能なもののみと地球環境に配慮しており、ヴィーガンの人が使える植物原料だけのコスメもあるとか。

LOGONAロゴナリップクリーム・キャレンデュラ

シンプルな紙パッケージに入ったリップクリーム。本体も質実剛健なデザインで、男性でも使いやすそう。
輸入品で生産国はドイツですが、日本語での全成分表記があるので安心して使い始められました。
日本法人もあるようで、ロゴナジャパンの住所や電話番号も問い合わせ先としてちゃんと書かれています。
主な保湿成分はヒマシ油・ホホバオイル・キャレンデュラエキス・蜜蝋など。
キャレンデュラ(カレンデュラ)は日本語でキンセンカやマリーゴールドと呼んでいる花のようですが、パッケージや本体に印刷されてる花は日本の花壇で見かけるマリーゴールドとは全然印象が異なる花だなぁ。八重咲きと一重咲きの違いのせいでしょうか…

リップリームを繰り出してみると、綺麗なイエローゴールド色! かすかに甘い香りもします。
天然の蜜蝋やホホバオイルが使われているというので、やわらかすぎて折れやすいんじゃないかと心配でしたが冬の気温ならばけっこう固いままですね。
唇に固形バームを押しつけた瞬間にじんわりと油が溶け出す感じなので、時間をかけずにささっと塗るなら付けすぎにはなりません。
モチは良いのか悪いのか微妙なところ。昼に塗ったあと何時間か外出しててもしっかり皮膜感を感じる日があれば、夜寝る前に塗って1時間たらずでほとんど落ちていることも…
(毛布の中で読書してただけで飲んだり食べたりまったくしてないのに、いったいどんな現象でリップクリームは消えてしまったの?)

LOGONAロゴナのリップクリーム・キャレンデュラ(カレンドラ)の中身

保湿力は、1回きりならばニベアの高保湿タイプやワセリンには負けてる気がします。
さきほども書いたようにクリームが固くてたっぷり塗りづらいのと、なぜかたまに落ちやすいことがあるため、唇がガビンガビンに乾燥してる時にはもっとしっかり潤してほしいと思うことがありました。
ただ、何日か続けて塗っているうちにリップリームがあまり必要なくなってきたので、抗炎症作用があるというキャレンデュラの成分が効いてるみたいです。
唇の荒れや皮むけをすぐに綺麗にしたいならワセリンでのパックやマッサージの方がてっとり早いですが、乾燥を根本から解決・予防したいならキャレンデュラリップクリームの方が時間をかけなくていいし手軽です。
毎日使ってても減りが早くないので、成分や品質を考えるとコストパフォーマンスはまあまあ良いかと。

大きな短所は、蜜蝋や香料のにおいが唇にずっと残る点です。
天然エキスの香りなのでそこまで不自然ではないし自分ひとりにしかわからないものの、食事の前後には使いづらいし、油っこいにおいをキツく感じたり体質によっては受け付けない方もいることでしょう。
香りがうりのリップバームやハンドクリームに含まれる香料で気分を害したことがあるなら、店頭サンプルで匂いを確認した方がいいかもしれません。
それと、部屋の温度があたたかい日が続いたらクリームが筒内でやわらかくなり横にずれてることがあったため、真夏にポーチに入れて持ち歩くと溶けて出しづらくなりそうです。

菊正宗酒造・日本酒の乳液でアミノ酸補給した感想★9

半袖やノースリーブを着る季節になって、冬の間サボってたボディケアをちゃんとしなくてはな~と焦ってます。
ボディケアにはやはり、惜しみなくたっぷり使えるコスメが良いですね。
昔はダイソーの100円商品を使ったりもしてましたが、やっぱり安いだけあって香りや浸透具合などはそれなりです…。
さすがにいい年になったこともあり、今では大型ボトルの化粧水や乳液へとシフトチェンジしてます。
ちょうどイミュのハトムギ化粧水を使い切るところなので、気になっていた菊正宗の乳液にチャレンジ!

菊正宗のコスメでは、「日本酒の化粧水」が500mlの大容量で品質も良いと人気です。
ただ、日本酒の化粧水の原材料を見たらアルコール分が含まれていたので、使うのはやめておきました。
体の皮膚はさほど敏感肌ではないですが、首とか二の腕はそこそこ刺激に弱いし、スキンケアが面倒な日はお風呂上りにバーっと顔にも塗りたくなることもあります。
乳液の方は、「日本酒の」という名前なのにアルコール系成分はかなり後のほうにあるので、なんとなく大丈夫そうな予感が。

菊正宗酒造・日本酒の乳液

そんなわけで、何度かヒジやヒザにこの乳液を塗っていたらけっこう好感触だったため、顔にも使ってみたところ刺激がなくて一安心。
それに、すごく肌がやわらかくなる! プラセンタやアミノ酸などの保湿成分たっぷりなおかげか、肌がもっちもちになります。
元々アミノ酸やコメ発酵液などの成分が肌に合うタイプなので、特に効果を感じたのかもしれません。
アットコスメの口コミではぴりぴりした刺激があった人もいるそうですが、それはまったく感じませんでした。

浸透はゆっくりめですが、これは逆にミルククレンジングとしてふき取りしやすいです。
美白成分のアルブチンや、赤みを抑えるグリチルリチンサン2kも含まれているので、コットンパックでたまに使ってみようとも思いました。
380mlで800円くらいなので、日本酒の吟醸香の匂いが平気ならかなりコストパフォーマンスは良いです。
ただ、ポンプはプッシュ部分が細く小さいせいで押しづらく、自分に合った力加減に慣れるまでは勢いよく乳液が飛び出してくることもある点は注意が必要です。


アクセーヌモイストバランスR保湿ジェルの使用感想★9

真夏のような陽射しの日もあるせいか、さっぱりしたコスメを使いたくなりあれこれ探してます。
前にサンプルをもらったアクセーヌ・モイストバランスR保湿ジェルも、そろそろちょうど良い季節かな?と使ってみました。

モイストバランスRジェルは水分不足を補ってくれる処方がされていて、肌の上で水分を保持する「持続型アクアフィーダー」によって、時間がたっても角質層に水分が送られ続けます。
さらに、セラミファクターという整肌成分が、肌内のセラミドのはたらきを良くしてたっぷり保湿。
アクセーヌの実験によると、角質層内の水分量が350%もアップしたそうです。

acseineアクセーヌモイストバランスR保湿ジェル

手にのせてみると、すりガラスのように半透明でさらっとしたジェルです。
商品説明文にあるように、肌にのばしたとたん、水のようにとろんと溶けてやわらかくなります。
ジメチコンが配合されていて、シリコンが苦手なのでもしかしたら荒れちゃうかも…と心配していたんですが、時間がたっても赤みなどは出ず問題ナシでした。
さすが敏感肌向けのアクセーヌ! (もしかしたらシリコン系でも、ジメチコン以外の成分がダメなのかな?とも思い始めました)

浸透が早くて、重ね塗りしても肌が重くなったりペタペタしないので使っていてストレスになりません。
ジェルを伸ばしていると水分で満たされていく感じがして、なんだか心地いい感じ。
だいたい乾いたかな~という程度でBBクリームや化粧下地を塗ってしまっても、全然モロモロが出ないしいつもよりファンデののりも良くなるので、朝でも使いやすいですね。
混合肌の悩みであるTゾーンの化粧崩れに関しても、このモイストバランスRジェルを塗った日のほうが脂浮きが抑えられて、時間がたっても綺麗でした。
目元はこのジェルだけだとさすがに油分が物足りない気がしたので、乳液やクリームを塗りました。

敏感ぎみの肌でも使えるジェル美容液は少ない…というかほとんどないため、荒れないうえにアルコールフリーなのは嬉しいです。
多めにたっぷり塗ればパック代わりにもなるようですし、暑い時期に気持ち良い保湿ジェルだと思いました。

ラナス・スペシャルリンクルエッセンスでたるみバイバイ!?

最近、春なのに湿度が低くお肌もカラカラに乾きがちになっていました。
とにかく肌に水分を蓄えてくれる美容液がいいな~というわけで、ラナスのスペシャルリンクルエッセンス美容液を使うことにしました。

本当は特別なイベント前に使いたいくらい、豪華な美容液です。
しわのリンクルケア用の保湿成分としてポリリフト・クイックリフト・アルゲエキス・プルランが配合されている上に、肌のターンオーバーを正常化してくれるEGF(ヒトオリゴペプチド-1)・抗酸化力の高いフラーレン・キャッツクローエキス(AC-11)などのエイジングケアに人気の美容エキスがたっぷり入っています。

RANASラナス・スペシャルリンクルエッセンス美容液

小ジワはないものの、目の周りが乾燥しやすくたるみも気になるので、目元とほおを引き上げるイメージで塗ってみました。
半透明のやわらかいジェルで、肌に力を入れずにすーっと伸ばせます。
美容成分が多い美容液なのでベッタリしてるかと思ってましたが、ぷるぷるで塗りやすいテクスチャー。
浸透も早くすぐに日焼け止め下地を塗れるため、朝にも使いやすいです。
野バラとレモンのすっきりした香りで、塗ると気にならない位ほんのりしたアロマでした。

塗った後の肌は、ぷるんともっちりの中間くらいのさわり心地。
少量でもかなり潤うので、このリンクルエッセンスだけで乳液が必要ないくらいのしっとり具合です。
鏡を見てみると、いつもより肌にハリが出てリフトアップしたような気がします。
ぐぐっと上げてくれて、なんとなく若々しい雰囲気。夕方になっても、乾燥してません。
それと、3日くらい塗りつづけていたら、心なしか洗顔後でもたるみが減ったような…
ポリリフトやプルラン等の保湿成分は即効性だけでなく長期的にも良いみたいなので、まだ若くてシワを定着させたくないという人にもいい美容液じゃないかと思いました。

ピモレ熟成ヒアルロン酸EXドリンクでぐったりお疲れ肌解消!

昼間は暑いのに夜は冷え込んだりで、少々疲れ気味の日々です。
季節の変わり目は肌荒れしやすいため、意識してヒアルロン酸やプラセンタなどの美容成分を摂ってます。

この間飲んだPMOREピモレの『熟成ヒアルロン酸EX』ドリンクはかなり即効性を感じました。
1本あたり400円位と高めなだけあって、成分がぎゅぎゅっと濃縮されている気がします。
特許成分で、抗酸化力の高い熟成ECM・Eという特別なヒアルロン酸と、馬プラセンタ・低分子スカルコラーゲンをぶどう果汁で飲みやすく仕上げた美容ドリンク。
鉄分とビタミンB群も入っているので、貧血や疲れが気になるときにもいい感じ。

ピモレ熟成ヒアルロン酸EXドリンク

フタが完全密封する入れ物で、飲む直前まで新鮮に中身を保ってくれるそう。
専用の栓抜きで開けるんですが、力を入れるとこぼれそうになってしまい、コツをつかむまで大変でした。
「熟成」というだけあって、漢方薬っぽい香りがします。
飲んでみると、甘くて意外と飲みやすいですね。あまりヒアルロン酸やコラーゲンっぽさはなくて、栄養ドリンクみたい。
ボトルがとっても小さく内容量も20mlと少ないので、すぐに飲み切れて良いです。
いくら安くて効果のある美容ドリンクでも、たくさん飲まなきゃいけないのって続けにくいんですよね。
夜寝る前はあんまり水分摂りたくないですし…

熟成ヒアルロンEXを飲んで数時間すると、なんだか体がじんわりほぐれてきます。
ぐったり疲れた夜でも、体が楽になって眠りやすくなり、翌朝には首やももなど全身の肌がスベスベしてる気がしました。
さらに、そのスベスベ感が2~3日続くんです。
気のせいかな~と思ってたんですが、飲まないと疲れやすくなるし、また飲んでみると肌ツヤが良く綺麗に見えるような
そんなわけで、値段は高めですがコストパフォーマンスはけっこう良いです。
毎日ビタミンやミネラルのサプリをたっぷり飲んでいる人は、あまり効果わからないかもしれませんけど。
そうそう、ビタミンB群サプリとドリンクと一緒に飲むと栄養過多になるので、併用は避けたほうがいいですね。
ここぞ!というイベントの前に飲もうと、数本は大切に保管しておこうと思います。