Tagged: 歯みがき

ライオンデントヘルス薬用デンタルリンス

歯ぐきの調子が悪く知覚過敏 など気になったので、デントヘルスの歯みがき粉とあわせて液体デンタルリンスも使っています。

デントヘルス薬用デンタルリンス

今までも虫歯や歯垢予防用のデンタルリンスはたまに使っていましたが、デントヘルスは「弱ってきた歯ぐきを活性化し、歯ぐき組織を修復」してくれる成分が入っているそうです。
液体ハミガキは口内のすみずみまで薬用成分がいきわたりやすいので、歯科医も推奨していると本で読みました。

ボトルは横から注ぐタイプなので、衛生的だし量の調整もしやすいです。
刺激をおさえたタイプとありますが、他の低刺激用デンタルリンスと比べたらアルコール感はあります。

数日間は歯みがき粉・軟膏と一緒に使用し、腫れや痛みが減ってからは日中やゆっくりみがくときに単独で使っています。
歯みがき粉だけよりも、ダブル使いのほうが歯垢が落ちやすく感じます。歯ぐきの色も落ち着き、調子が良くなってきました。
2週間使って半分ほど減ったので、ボトル1本は約1か月分のよう。
いつものハミガキに20秒プラスするだけなので、口臭や歯槽膿漏予防にお手軽です。

 

[配合されている主な薬用成分]

  • 歯ぐき活性化作用・・・アラントイン
  • 殺菌作用・・・IPMP(イソプロピルメチルフェノール)
  • 抗炎症作用・・・トラキネム酸
  • 抗炎症作用・・・GK2(グリチルリチン酸ジカリウム)

知覚過敏と歯ぐき弱りがデントヘルスシリーズを2週間使ったら良くなった

この間まで歯医者に通っていたのに、下の八重歯周辺で冷たい飲み物がしみたりツキンツキンとした痛みが。
鏡で歯ぐきを見てみると、一部がちょっと腫れてるような。 強く歯ぐきをみがきすぎたのか、歯周病か、最近テレビCMで聞く加齢による歯ぐき下がりか・・・。
とりあえず歯みがき粉類を変えようと近くのドラッグストアであれこれ迷った結果、ライオンのデントヘルスシリーズから3つを試してみることに。

歯周病対策デントヘルス

  1. 知覚過敏にいいという「薬用ハミガキしみるブロック」をシリーズ内数種類からチョイス。1400円弱。
    薬用成分の乳酸アルミニウム(細管封鎖作用)と硝酸カリウム(神経鈍麻作用)がダブルで配合されているのは、店頭ではこれしかなかったので。
  2. 液体ハミガキの「デントヘルス薬用デンタルリンス」 。800円位。
    抗炎症作用と殺菌作用があるので、ゴシゴシみがかなくても歯垢が落ちやすくなるかと。
  3. 歯ぐきの一部が腫れてるのをおさえるため「デントヘルスR」という指で塗るジェル軟膏。600円位。歯ぐきの腫れ・出血・痛み・口内炎に効くよう。

そして歯ブラシも「田中重吉のふつう」から「エビスのやわらかい」に変更。

<使ってみた結果>

使い始めて3日目までは、朝晩3種類・昼は歯みがき粉のみで使用。歯みがき粉でブラッシングしただけでも知覚過敏は減りましたが、軟膏をぬったほうが時間がたっても気になりませんでした。
液体ハミガキも奥歯のみがきづらい部分にも浸透する感じで、力を入れなくても歯垢が落ちやすくなりました。

そこから5日間は歯ぐきが腫れたりしみることがほとんどなくなったので、朝晩は歯みがき粉と液体ハミガキのみ。気になるときだけ軟膏。

それから1週間は、朝晩も歯みがき粉か液体のどちらかを使えば気にならないほどまで回復! 軟膏は必要ないです。

知覚過敏ケアや歯槽膿漏予防のオーラルケア製品がたくさん出ているのは知ってましたが、自分が実際に使うまでは、値段が高いだけで改善は期待できないだろうとあなどってました。
歯周病の進行を遅くすることはできたみたい。歯みがき粉は少しでも泡立つので、コストパフォーマンスは悪くないです。

(7月25日追記)
上の記事から4ヶ月ほどたちましたが、今では歯ぐきに知覚過敏はありません。水を飲んでも大丈夫です。
デントヘルスの歯磨き粉は、朝夜使ってまだなくなりません。5ヶ月くらい持ちそう。

※2月まで歯科に通っていて特に虫歯等の指摘はなかったため、自己判断でデントヘルスを使用しました。体質や症状によっては合わないこともあるので、痛みが長引いている方や何年も歯科検診をしていない方は専門医に見てもらうことをおすすめします。

 

ライオン デントヘルス薬用ハミガキ しみるブロック

歯ぐきの調子が悪く、歯がしみたりと知覚過敏するようになったので成分など吟味し、ドラッグストアにあった中で一番効きそうなハミガキ粉を使ってみました。 デントヘルスしみるブロック

結果からいうと、効果はばっちり。
デントヘルスも数種類ありますが、細管封鎖作用のある乳酸アルミニウムが入っているのはこれだけ。「痛みが伝わる入り口を防ぐ」と箱に説明があり、そのとおり最初にみがいた時から痛みが緩和されているのがわかりました。

はじめは同じデントヘルスシリーズのデンタルリンス・軟膏と併用し、数日後には腫れや知覚過敏が落ち着いてきたので朝はハミガキ粉だけにしたりという使い方。
単独で使っても、ハミガキする前と後では冷水のしみかたが違うのがびっくり
ハーブティーの味とかいてありますが、紅茶っぽいような香りで好きな味です。

泡立ちが良いので、ゆっくりと時間をかけてみがくのには向いていません。スローブラッシングにはデンタルリンスのみを使っています。
少量でみがけるため、ひとりで使って4ヶ月はもちそうです。

 

[配合されている主な薬用成分]

  • 抗炎症作用・・・トラキネム酸
  • 殺菌作用・・・IPMP(イソプロピルメチルフェノール)
  • 細管封鎖作用・・・乳酸アルミニウム
  • 神経鈍麻作用・・・硝酸カリウム
  • 歯質強化・・・フッ素

ライオン デントヘルスR軟膏 使用感想

デントヘルスR歯槽膿漏薬

知覚過敏や腫れなど歯ぐきの調子が悪いので、デントヘルスの歯みがき粉の補助的に塗ってみた。
指で塗るタイプの、半透明ジェル状クリーム。
ヒノキの香りか、すっきりした風味。メントール入りでひんやりする。使用感は悪くない。
説明書きには使う量が1.5cmとあるけど、歯ぐき全部に塗らないなら少なめでいい。逆に塗る量が多すぎると、唾液が出やすくなって良くない感じがした。

たしかに腫れが気になる部分に塗っていると、おさまってきたように感じる。鏡で見てみても、腫れがひいてきたのがわかった。

口内炎の初期にも使えると書いてあります。常備薬としても便利。

[有効成分]

  • 抗炎症作用・・・グリチルリチン酸ジカリウム
  • 組織修復作用・・・アラントイン
  • 組織修練作用・・・ヒノキチオール
  • 殺菌作用・・・セチルピリジニウム塩化物水和物

同時にデントヘルスシリーズを使用した感想まとめ記事『知覚過敏と歯ぐき弱りにデントヘルスシリーズを2週間使ってみて』も合わせてどうぞ。