Tagged: ファンデーション

カネボウ レヴュー スーペリアステイパクトUVn のレビュー ★8

SPF25 PA++
夏用として10年ほどリピート中。今までに6~7個は購入してます。

この「レヴュースーペリアステイ」オークル10が肌の色味とぴったりで、これ以上自然な色のファンデーションがみつかりません。
(後続ブランドのコフレドールも2種類試しましたが、色や仕上がりが合いませんでした)
ファンデ粒子の大きさも適度で、毛穴やしみをふんわりとぼかしてくれます。
夏は汗の量が多くTゾーンが脂っぽくなりますが、時間がたっても崩れにくく、落ち方もまだらにならず綺麗です。

ドラッグストアでは値引きしていて安いのも魅力ですが、そろそろ廃番になってもおかしくない時期。
他ブランドの新しいファンデを試してみると立体感やツヤ感が優れてるものが多く、いいものがみつかれば変えたいと思っています。


2013年11月追記:この記事を書いてから、資生堂マキアージュ数種類やコーセーヴィセのミネラルファンデを試してみました。
比較してみると、レヴューは立体感が出ないという印象です。
最近開発されたファンデはささっと塗るだけで、自然なメリハリのある顔に仕上がります。
時間が経ってからの持ちはイマイチだったりしますが、メイクにも流行の質感はあるし、ファンデーションも時代に合わせて変えた方がいいのかなと思いました。

 

資生堂マキアージュ トゥルーリキッドモイスチャーUV の感想★6

サンプルで3回使いました。
資生堂の新製品ファンデ・トゥルーリキッドモイスチャーUVを口コミレビューします。

オイルとスーパーヒアルロン酸などの保湿成分を美容液ジェルにして配合しているため、肌の水分を逃がしにくいそうです。
それプラス「ツヤ・粉っぽさのなさ・よれ・薄れ」についての効果についてデータ取得済みで、なんだかすごいファンデーションな感じがしますが…

資生堂MAQUILLAGEマキアージュのトゥルーリキッドモイスチャーUV

まず、いつも使っている保湿下地(サナ・なめらか本舗の豆乳イソフラボン)と合わせて塗ってみました。

とっても伸ばしやすくて、本当に美容液みたい。「美容液成分が80%」というのも頷けます。
リキッドタイプのファンデって、物によっては水っぽすぎたり固すぎたりして、なかなか好みのテクスチャーのがないんですよね。
そのため最近はBBクリームを使うことが増えていたんですが、このトゥルーリキッドのするする~っとなめらかに伸ばせる感触は良いです。
カバー力そこそこで自然な立体感も出してくれるし、時間がたっても乾燥しにくいし、これで3500円位というのはけっこうお得かも。

ただ、夕方の崩れ方はお疲れ顔にみえてしまい、あまり綺麗ではなかったです。

その次の日には、同じマキアージュのパーフェクトマルチベースBBを下地として使いファンデを塗りました。
サンプルセットに付いていたので、資生堂はこの2つのダブル使いをおすすめしているようです。

パーフェクトマルチベースBBは肌色で、単独で使ってもけっこうカバー力があります。
そのため、リキッドファンデを重ねて厚ぼったくならないか心配でしたが、意外に薄づきです。
鼻周りの毛穴が、まったく見えなくなりました。
「ヌルン」という形容がぴったりの、水分たっぷりの綺麗な肌仕上がり。

しかし夕方には、ほおの毛穴の凹凸と肌の薄皮の毛羽立ちが目だってしまい微妙でした。
もともと私はツヤ肌だと毛穴が汚く見えやすいので、下地もファンデもツヤ系という組み合わせは良くないみたいです。

塗りたてはとっても美麗な肌に見えるのに、崩れ方は全然合わないという結論に。
今回試したのは標準色のオークル10ですが、マキアージュ ライティングホワイトパウダリーUV よりもかなり暗い色に感じます。
普段は標準よりひとつ薄い色を選ぶことが多いんですが、このリキッドをつけると首に比べて顔だけが赤黒いような。
資生堂の色が合う人でも、一応テスターで色を見たほうがいいと思います。

クリアジーノBBミネラルクリームエクストラ のレビュー ★9

SPF 30,PA++

美容成分が100種類入ったクリアジーノBBクリームの新リニューアル品・エクストラです。
新たに5種類の保湿成分(シン-ハイカン・クイックリフト・オバリス・オシリフト・ポリリフト)を配合。リフトアップやたるみ対策を考えている模様。乾燥小じわにアプローチするシン-エイクやEGFも含有で豪華です。
標準色のナチュラルを、3回ほどサンプルで試してみました。

クリアジーノBBミネラルクリームエクストラ・ナチュラル

肌に伸ばしてみると、けっこうグレー気味の色合い。
出始めのBBクリームはグレーがかったものが多かったですが、最近はリキッドファンデと同じような色出しが多いので懐かしい感じ。
実際に塗ってみると、意外と暗くならずに肌なじみ良いんですよね。
このBBクリームも、「ちょっと濃い目」位で、フェイスパウダーを重ねればそこまで違和感のない色です。

適度なツヤ肌になりますが、ギラギラしなくて自然です。微粒の宝石パウダーが入っているので、その輝きなのかな。
リニューアル前のクリアジーノBBクリームを使っていないので細かな違いはわかりませんが、保湿力とカバー力があるのに崩れにくく、汗ばんでも綺麗な仕上がりがずっと続きました。

たるみに関して目に見えた変化はないですが、とにかく乾燥しないし肌荒れしないので良いです。
塗り方が下手でもヨレや厚ぼったさが気にならないところも、使いやすくてGood。

現品欲しくなりました・・・新色でもう少し明るめのライトナチュラルも出たので、BBクリーム単独で使うならそっちにしようと思います。

ラロッシュポゼUVイデアXL BBクリーム 口コミ ★7

SPF 50,PA+++

ラロッシュポゼ(LA ROCHE-POSAY)のBBクリーム・UVイデアXLです。

夏の真っ最中8月から使い始め、1ヵ月半たちました。色は02のナチュラルをチョイス。
普段ファンデーションは標準色より薄い色を使うことが多いですが、BBクリームの場合は下地としても使えるしフェイスパウダーを重ねることも多いので、あえて濃い目の方を選んでみました。

ラロッシュポゼUVイデアXL BBクリーム

ラロッシュポゼは敏感肌用のスキンケアブランド。世界で2,5000人以上の皮膚科医がクリニックおすすめとして採用しています。
クチコミで見たことはあったものの、実際に使うのはこの顔用日焼け止めが初めてなのでドキドキでした。

ラロッシュポゼは元はフランスにある村の名前で、皮膚病に良いと評判になった水が湧いています。
その抗酸化や解毒作用が高いセレニウムというミネラル成分を豊富に含んだ湧き水・ターマルウォーターを全てのコスメで配合しているそうです。
フランスの地名が語源だったり肌にいいと昔から有名な話など、アベンヌと似たような感じですね。

ラロッシュポゼのBBクリーム・BBイデアXLのチューブ

肌につけてみると、けっこう伸びはいいです。
SPF50なので、軽さはイマイチかな。皮膜感とまではいきませんが、普通に日焼け止め下地を塗った感触はあります。
時間がたっても肌荒れ・乾燥が気にならないのはGood! しかし、汗や皮脂には弱かったです。

ラロッシュポゼUVイデアXL BBの色味と質感について

色は予想通り、少し濃い目でした。
黄色味具合はちょうど良かったので、顔だけ色が違って見えて浮いてしまうことはないです。
資生堂マキアージュのパウダーファンデトゥルーパウダリーUV の標準色オークル10と同じ位の色だと思います。

公式サイトにもBBクリームを塗る前と後の比較写真が載っているので見れば質感がわかりますが、かなりツヤのある仕上がり。
肌の色むらとシミのカバー力はそこそこあるけれど、細かいラメ(パール?)の反射光で毛穴が少し目立つ気がしました。

元々私はツヤ肌が似合わないこともあるので、出かける時はTゾーンとほおにささっとマットなファンデーションを重ねています。
さっきも書きましたが、汗をかいてタオルやティッシュで押さえるとBBクリームも一緒に取れてしまいます。
猛暑日には下地としてしか使えませんでした。その欠点さえなければ、もっと高評価なんですが・・・。


おもしろいな~と思ったのは、チューブの出し口がスポイト状に細くなっていることです。
BBクリームを出す量を微妙に加減できるので、部分的にコンシーラーとしても使いやすいし、塗りすぎや出しすぎといったムダがなくなりますね。

(2013 12/27追記)
最近はこのBBクリームとアクセーヌのマイルドサンシールドUV乳液をミックスして塗っています。
アクセーヌの方は白っぽい色でセミマットな質感なので、ラロッシュポゼの不満点をうまく中和してくれます。

メイベリン スーパーミネラルリキッドロングキープファンデーション★7

SPF25,PA+++
オークル2(標準色)をサンプルで8回使用。
肌の色味はオークルとイエローオークルの中間くらいでふだんは標準色より薄い色を使うことが多いですが、「少し濃いかな」という程度で黄色味はちょうど良かったです。

メイベリン スーパーミネラルリキッドロングキープファンデーション

ノンコメドジェニックテストのほかにも皮膚科学的テスト済み・アレルギーテスト済みで、敏感肌対応しています。
しかし中国製なことを考えると、ちょっと高めの値段設定かも。

使用方法に「手の甲にファンデを取ってから、指で適量を顔の5ヶ所に置いて、顔全体になじませてください」とかありますが、その通りに塗るとファンデが乾いてしまって伸ばせませんでした。
全体にすばやく均一に伸ばすイメージで塗ると、綺麗に仕上がります。
すぐにチークを塗ったら、うまくぼかせませんでした。間にフェイスパウダーをはさむ必要あり。

 

毛穴は隠れますが、しみは色でべったりとカバーしている印象。
光のあたり方によっては、毛穴の凹凸や乾燥による細かい皮むけなどが目立つことも。
ただ、塗りたてよりも4~5時間後の方が肌が綺麗に見えます。時間がたつにつれて皮脂となじむせいかな。
Tゾーンや鼻周りの皮脂の出方は、ヴィセのパウダーファンデ使用時と同じでした。汚く崩れないのは良いです。

塗ってから8時間後では、色はついているものの肌のアラが見えるような崩れ方。
BBクリームのような塗り方でなく、化粧下地を使うと少しましな気がしました。
手についたファンデをせっけんソープで2度洗いしても、指紋に入り込んだのは全然落ちません。
しっかり落としたいならクレンジング必須です。