MAXIMマキシムちょっと贅沢な珈琲店のスティックとドリップを飲み比べた感想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マキシムのブルーのパッケージが目印の「ちょっと贅沢な珈琲店」のブラックコーヒータイプスティック((インスタント)とドリップパック・豊かなコクのスペシャルブレンドの味を比べてみました。
この2種類はどちらも、ブラジルとインドネシアで生産されたコーヒー豆をブレンドしていてパッケージも共通なため、中身もほぼ同じみたい。

ちょっと贅沢な珈琲店シリーズでブレンドしているブラジル産コーヒー豆は最上級グレードのもので、酸味や渋味が少なく日本人の好みに合っているそうです。
特にレギュラーとドリップタイプ「豊かなコクのスペシャルブレンド」の粉末では、少し深めの焙煎と粗挽きならではの味が楽しめます。

AGf・MAXIMマキシムちょっと贅沢な珈琲店のスティックとドリップ

スティックタイプのインスタントコーヒーは、いつでも開けたての新鮮さと香りが楽しめ、簡単に入れられるので好きです。
この「ちょっと贅沢な珈琲店」のスティック(プレミアムブラック)は水にも溶けやすいので、夏場は朝ご飯と一緒に飲むアイスコーヒーとしてよく飲んでいました。
適度な苦味ですっきりした味なので、パンとよく合うし目が覚めやすい感じがします。

ドリップパックは秋になってから、お昼やおやつの時間に淹れて飲んでいます。
お湯を丁寧に注いでいると、心が落ち着いて気分転換になりますね。茶道と通じるものがあるような…
スティックよりも苦味やコクがくっきりとした味わいで、香りもとっても良いです。
瓶のインスタントも出たようですが、それで気にいった人にはレギュラータイプを一度飲んでみると感動できるかも。

両方ともコクを楽しめるのでブラックで飲んでましたが、ミルクとの相性もいいようなので、カフェラテにもおすすめです。

Post a comment

You may use the following HTML:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

注意:日本語を含む投稿限定です。(スパム対策)