キーコーヒー・トラジャブレンドドリップコーヒーを飲んだ味感想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インドネシアで栽培されたアラビカ種 の、トアルコトラジャコーヒー。
標高1000mから1800mという、寒暖差が大きく空気が綺麗な高地で育てられているのが特徴です。

キーコーヒー・ドリップオン6種類が入ったバラエティパックで初めて飲んで、すっきりした味わいにはまりました。
それまではコーヒー豆の産地・ブランド名等はあまり気にしてなかったんですが、このトラジャブレンドは別格です。

キーコーヒー・ドリップオン トラジャブレンド

昔はオランダの王侯貴族などごく一部だけで飲まれていたという、とても希少なコーヒー。
第二次世界大戦後、インドネシアの豆農園は荒廃し「幻のコーヒー」と呼ばれていましたが、1973年からキーコーヒーが主導となって復活させたそうです。

砕けた豆・黒くなった豆など見た目で選別した上で、サイズまで規格を定めるという徹底した品質管理。
インドネシアから日本への運ぶ際も、高級ワイン並みの15度という低温に保たれたコンテナで輸送されています。


トアルコトラジャコーヒーは、濃いめにいれたブラックで飲むのが好きです。
雑味・苦み・渋みがなく、香りもやわらかく飲みやすい味わい。
繊細な香りと味なので、昔の私みたいに紅茶派の人でも好みに合いそう。

なぜか、親しみを感じるというかなつかしい感じがするコーヒーなのが不思議…同じアジア圏で育った豆だからかな?
おやつのお供にするよりは、コーヒー単独でじっくりと飲むのがおすすめです。

Post a comment

You may use the following HTML:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

注意:日本語を含む投稿限定です。(スパム対策)