プリマテイスト・シンガポールチキンライスペーストの味感想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

寒くなってきたら自然とアジアン料理を作ることが減りました。
鶏のフォー麺とか辛いものとかは体を温める効果もありそうですが、やっぱり気温や湿気が高くてムシっとした中で食べるほうが元気が出るというか、本場っぽくて好きですね。
そんなわけで久々に食べたアジア料理がこの『プリマテイスト・シンガポールチキンライスペースト』で作った海南鶏飯です。

プリマテイストのシンガポールチキンライスペースト

シンガポール風のチキンライス・海南鶏飯(ハイナンチーファン)は、日本人がイメージするトマトケチャップで炒めたチキンライスとは全然味付けが違います。
塩味の鶏がらスープと香草・しょうが・にんにく等で炊いたご飯に、蒸したり焼いたりした鶏肉をのせ、きゅうりやトマトを添えて数種類のソースをつけながらいただきます。

シンガポール以外にマレーシアやタイでも食べられていて(タイではカオマンガイという名前です)、ご飯と鶏はまったく辛くないし、あっさりした味付けなので日本人でも食べやすいでしょう。
ナンプラーや香菜(パクチー)も後のせなので自分の好みで調整できます。

プリマテイストのシンガポールチキンライスペースト(海南チキンライス)

このチキンライスペーストは、炊飯器に米と一緒に入れて作る炊き込みご飯の素。
米の上に鶏肉を入れて一緒に加熱する事で蒸し鶏の具もできるとのことですが、モモ肉を買ったら大きすぎたので別に焼いてのせることにしました。
簡単に作りたい場合は、炊飯器の大きさや容量に合ったサイズのお肉を選んだほうがいいです。

原産国はシンガポールだし、原材料欄を見るとエシャレットやらパンダンリーフやらなじみのない香味野菜が入っていて、出来上がるまで口に合うかドキドキでした。

プリマテイストのシンガポールチキンライス炊き込みの素で作った海南鶏飯

作り方に「1合と4分の1のお米で作る」と書いてあるのでその通りに作ったんですが、ご飯の味はかなりしょっぱめでした。
海南チキンライス専門店で食べた味とかなり近くて、塩味もダシもしっかり効いてるのでソース要らず。
ナンプラーや香味ソースをつけるなら2,5~3合炊きでもいいかもしれません。
それと、分量どおりにしたのにべちゃっとした口当たりの炊き上がりなので、日本のお米だと水を少なめにしたほうがパラッと本格的な味に仕上がるでしょう。

付け合せの野菜は夏ならキュウリとかがさっぱりしていいんでしょうけど、体を冷やしたくないのでベビーリーフ少し・ほうれんそうソテー・温コーンにしました。
チキンライスのハーブ香はそこまできつくないので、どんな野菜とでも相性良さそうです。
そこそこ日本人の口に合う素なので、また本格的な海南チキンライスを食べたくなったら買っちゃいそうです。

Post a comment

You may use the following HTML:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

注意:日本語を含む投稿限定です。(スパム対策)