オホーツク海おこっぺヨーグルトを食べてみました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スーパーで見つけた、「おこっぺ」と書かれた変わった名前のヨーグルト。
250gで200円くらいとけっこう高めですが、絞りたて生乳100%ならおいしいかな?と信じて買ってみました。

うちに帰ってからどんな商品なのか調べてみたら、北海道・紋別の興部町にあるノースプレインファームの『オホーツク海おこっぺヨーグルト 砂糖不使用』でした。
てんさい糖を使った加糖タイプと飲むドリンクタイプも販売されています。
今年3月に開催されたFOODEXJAPAN2014のご当地ヨーグルトグランプリで金賞を獲得したそう。
食品業界のスペシャリストに選ばれたヨーグルトということで、何もかけずにプレーンでいただきました。

ノースプレインファームのオホーツク海おこっぺヨーグルト無糖

少しもったりめの重さを感じるヨーグルトで、とってもなめらかな舌触り!
水分が少ないから舌の上でも存在感があります。こんなにうまみがあるヨーグルトを食べたの初めてかもしれません。
牧場で直売している牛乳やソフトクリームみたいに、きちんと生乳の濃厚な味がするんです。柔らかさがあり酸味は少なめですね。
これは、普通のヨーグルトと味で比較にならないくらい豪華なヨーグルトだと感じました。
そう思うのも当然で、牛は100ヘクタールあたり50匹という広々した間隔で放牧をさせ、主食の牧草に化学肥料を使わない、飼料に北海産米をあたえるなどかなりこだわった飼育方法をしているそうです。そして、搾りたての牛乳によけいな手を加えず、4種類の乳酸菌を加えているとのこと。

生キャラメルブームの頃と比べると経営は縮小しているようですが、こういう「ちゃんとした味」を守ってくれる農家さんには、価格競争に負けず残ってほしいですね。
オンラインショップもあるので、牧場の味を自宅で食べたいという人にはかなりおすすめです。
初めておごっぺヨーグルトを食べるときには、何もつけたりせずに生乳味を堪能してください!

Post a comment

You may use the following HTML:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

注意:日本語を含む投稿限定です。(スパム対策)