サンキラーマイルドミルク日焼け止め乳液の使用感想

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

秋になって外歩きしやすくなりましたが、陽射しの強さはまだまだあなどれません。
真夏の時期は日に当たると暑いため、なるべく日陰を歩いたり日傘を使うようにしたりという意識が強いですけど、気温が下がると日焼けケアをついつい忘れてしまうことが多いですね。
うっかり焼けは絶対に防ぎたい…というわけで、今の時期でも出かける前目に入るところに日焼け止めを置いています。

秋と夏で日やけ止めに求めるものは少し変わります。
紫外線が弱めなのでSPFは高くなくていいけど、肌が乾燥しないで皮膜感も少ないのを求める傾向があるような。
今秋は、伊勢半・サンキラーのマイルドミルク日焼け止め乳液を選んでみました。
赤ちゃんでも使える敏感肌タイプ(紫外線吸収剤は無使用)で、SPF38・PA+++です。
サンキラーマイルドミルクにした一番の理由は「SPFはそこそこあるけど落としやすそう」なところ。
乳液タイプでPA値も高いのに、せっけんで落ちるというのは肌荒れを気にしなくて良いので塗りやすそうだと思いました。

伊勢半・サンキラーマイルドミルク日焼け止め乳液

日焼け止め乳液を肌にのせてみると、初めは白っぽく見えるものの伸ばすにつれ自然になじみます。
多めに塗りすぎちゃった場合は、半透明のヴェールをかけたようにうっすら白くなったまま。まあ、これはこれで手がきれいに見えるのでありかな~という気もします。
顔用として使う方は、塗る量によっては少し白くなると思っておいたほうがいいかもしれません。

塗った瞬間から、肌がとても潤うのがわかります。
ヒアルロン酸やコラーゲンといった水分保持系の保湿成分のほかにコメヌカ油も入っていて、かなりしっとり。
時間がたっても乾燥しづらいのは嬉しいんですが、ポリマーが肌に密着するからか「専用クレンジングがいらない」と書いてあるわりには落ちにくいです。
泡せっけんで1回手を洗っただけでは、日焼け止めを塗った部分だけ不自然に水を弾くしペタペタっとした感触も残ってるので、たぶん何らかの成分が落ちきってないんでしょう。
ウォーキングや散歩をよくするわりには手の甲が焼けてないので、きちんと紫外線防止はしてくれてるみたいです。
ただ、料理前にはかなり手を洗わないといけないため、使いづらいと思うこともありました。
その点を抜きにすれば、クレンジングで落とさなくても肌が荒れたりすることはなかったので、700円くらいでこの品質なら満足ではあります。

Post a comment

You may use the following HTML:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

注意:日本語を含む投稿限定です。(スパム対策)