菊正宗酒造・日本酒の乳液でアミノ酸補給した感想★9

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

半袖やノースリーブを着る季節になって、冬の間サボってたボディケアをちゃんとしなくてはな~と焦ってます。
ボディケアにはやはり、惜しみなくたっぷり使えるコスメが良いですね。
昔はダイソーの100円商品を使ったりもしてましたが、やっぱり安いだけあって香りや浸透具合などはそれなりです…。
さすがにいい年になったこともあり、今では大型ボトルの化粧水や乳液へとシフトチェンジしてます。
ちょうどイミュのハトムギ化粧水を使い切るところなので、気になっていた菊正宗の乳液にチャレンジ!

菊正宗のコスメでは、「日本酒の化粧水」が500mlの大容量で品質も良いと人気です。
ただ、日本酒の化粧水の原材料を見たらアルコール分が含まれていたので、使うのはやめておきました。
体の皮膚はさほど敏感肌ではないですが、首とか二の腕はそこそこ刺激に弱いし、スキンケアが面倒な日はお風呂上りにバーっと顔にも塗りたくなることもあります。
乳液の方は、「日本酒の」という名前なのにアルコール系成分はかなり後のほうにあるので、なんとなく大丈夫そうな予感が。

菊正宗酒造・日本酒の乳液

そんなわけで、何度かヒジやヒザにこの乳液を塗っていたらけっこう好感触だったため、顔にも使ってみたところ刺激がなくて一安心。
それに、すごく肌がやわらかくなる! プラセンタやアミノ酸などの保湿成分たっぷりなおかげか、肌がもっちもちになります。
元々アミノ酸やコメ発酵液などの成分が肌に合うタイプなので、特に効果を感じたのかもしれません。
アットコスメの口コミではぴりぴりした刺激があった人もいるそうですが、それはまったく感じませんでした。

浸透はゆっくりめですが、これは逆にミルククレンジングとしてふき取りしやすいです。
美白成分のアルブチンや、赤みを抑えるグリチルリチンサン2kも含まれているので、コットンパックでたまに使ってみようとも思いました。
380mlで800円くらいなので、日本酒の吟醸香の匂いが平気ならかなりコストパフォーマンスは良いです。
ただ、ポンプはプッシュ部分が細く小さいせいで押しづらく、自分に合った力加減に慣れるまでは勢いよく乳液が飛び出してくることもある点は注意が必要です。


Post a comment

You may use the following HTML:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

注意:日本語を含む投稿限定です。(スパム対策)