石澤研究所のゲルマバス黒湯入浴剤レビュー★10

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

冬真っ盛りなうえにこの頃は風が強く、晴れてても寒い日が続いています。
体を動かすのはウォーキング程度で運動といえるような運動はしていないため、しばらくいい汗をかいていないような気が…
そんなわけで、石澤研究所のリラク泉・ゲルマバス黒湯のお風呂に入ることに。

石澤のゲルマニウム入浴剤は気温が寒い時でも体があたたまるので何度もリピート購入してますが、黒湯は初めて。
有機ゲルマニウムのほかにも、死海の泥と天然塩を配合していてミネラルたっぷり。
保湿成分としてトウガラシエキスも入っているので、保温も期待できそう。

石澤研究所のゲルマバス黒湯

お風呂に入浴剤を溶かしたとたん、泥のぬめっとした感触がします。
よーく混ぜると、茶色がかった黒いお湯に変化!
ほんのりと硫黄の香りがするので、温泉っぽい雰囲気です。泥湯に入ってるような気分。
浴室の気温が低いせいでお湯が冷めやすかったんですが、ゲルマニウムのおかげで血行が良くなったのかぬるめ(38度くらい)でもいつもより長く入っていられました。
汗はほんのりにじむ程度でしたけど、お湯の温度を40度以上にすれば真冬でも大汗が出るかもしれません。

お肌への効果は、まあまあなめらか~といった感じでした。
時間がたっても体の芯がポカポカして湯冷めしにくいし、気分もスッキリしてよかったです。
お湯の色が黒いせいかなんとなく効き目が強そうで(プラシーボ効果ですな)、ノーマルのゲルマバスよりも好みでした。

Post a comment

You may use the following HTML:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

注意:日本語を含む投稿限定です。(スパム対策)