Category: コスメ・美容関連レビュー

ジバンシイVAXシティローションセラム美容液を使った感想

久々に、びっくりするような使い心地のコスメに出会いました。
ジバンシイの新しいエイジングケア対策美容液「VAXシティローションセラム」です。
@コスメのファンクラブプレゼントでいただき、発売前から1週間ほど使ってるんですが、かなり幸せ気分になれちゃう美容液で、ジバンシイの他のスキンケア商品にも興味が出てきたほど気に入りました。

ジバンシイVAXシティローションセラム美容液(GIVENCHY VAX'IN CITY SKIN SOLUTION)

VAXローションセラムのパンフレットによると、この美容液は大気汚染による肌ダメージを修復させるのが目的だそう。
肌機能をアップさせることで、汚染物質が原因のくすみやシワなどに立ち向かう力をつけるというスキントレーニング発想がコンセプトです。
たしかに、汚い空気を浴びると肌が疲れちゃいますね…。自然が多くて空気がきれいな場所に行くと、なんだか肌荒れも化粧崩れもしにくいように思えてたけど、気のせいじゃなかったんだなぁ。

このごろは最先端のテクノロジーを使った化粧品が増えていますが、VAXローションセラムも生化学者が開発に携わっています。サウナやスパイスの効果として有名な、少しの刺激が細胞を活性化させるという現象・ホルミシス効果を応用し作られたそうです。
わざと微弱なストレスを与えてスーパーHSP70というたんぱく質を生産させることにより、修復機能や免疫機能が高くなったという研究結果がみられたとか。

ジバンシイVAXシティローションセラムスポイトと美容液((GIVENCHY VAX'IN CITY SKIN SOLUTION SERUM)

大きめのスポイトで取り出すタイプの美容液で、ていねいにお肌のお手入れしてる~と気分が盛り上がります。
1プッシュだと顔全面になじませるのにちょっと足りない感じかな。2プッシュを顔と首に塗ってちょうどいいくらい。
クリーミーな液は、ジェルと乳液の中間なやわらかさ。とても肌なじみが良く、朝でもストレスなく使えました。
塗ってすぐに、肌キメが整って見え、吸いつくような弾力が出たのに驚きました。
いつも使ってる美容液の前に塗るプレ美容液らしいですけど、VAXローションセラムだけでも充分しっとりふわふわなさわり心地の肌になるので、美容液はパスしてすぐ乳液塗っちゃってます。
肌状態にもよると思いますが、まだ空気の乾燥がひどくないし、その使い方でも寝る前に塗って朝の洗顔後までしっかり潤ってるので。

保湿効果は申し分なしだし、頬がふっくらしてたるみが目立たなくなるせいか、小顔に見えるところも気に入りました。
ぐぐっとリフトアップしてるのにシリコンやポリマーで無理に引きつってる感触はなく、肌自体は赤ちゃんみたいにやわらかいのが不思議。
それと、くちなしの花が咲いたかのような香りに癒されますね。ふだん匂いの強いコスメはあまり使わないんですが、香水でも有名なジバンシイだけあってすごく自然な香りで、塗っている間に気分も明るくなりました。

容器が変わっているので中身の残量がわかりにくいですが、10回ほど使っても横の透明部分が減らないので、品質の割にはコストパフォーマンスも悪くなさそう。
細胞に働きかけるコスメにしては刺激が少ないのでよほどの敏感肌でなければ使えそうですし、エイジングケアの即効さや使用感のよさにこだわる人にはかなりおすすめです。

@コスメでは9/29まで、VAXシティローションセラムのイベント参加やサンプルパウチのキャンペーン募集をしているので、気になっている方は応募してみてはいかがでしょう。

ロゴナのリップクリームキャレンデュラを使った感想と短所

しばらく愛用してたリップクリームをなくしてしまい、真冬だし次はいい物にしてみようかなと探してみつけたのが、このロゴナのリップクリーム・キャレンデュラ。
amazonで700円くらいするので、普段200~300円程度のプチプラリップクリームを使っている身としては、合わなかったらいやだなという思いはあったり。
ただ、口コミがたくさんあってトータルでは高評価なので、まあ使えるレベルだろうと気分転換がてらに購入してみました。

ロゴナ(Logona)はドイツ生まれのナチュラルコスメブランドです。
化粧品に使う植物はオーガニックや野生の無農薬もので、原料ひとつひとつにまで品質管理を徹底しているそう。
自然派コスメというと、敏感肌にとっては植物エキスが刺激になってしまうこともありますが、ロゴナは開発段階で100人以上のアレルギー疾患者の肌でパッチテストをしていて、ドイツのアレルギー喘息学会から肌に優しいという認証を得ています。
そのほかにも、パッケージはすべてリサイクル可能なもののみと地球環境に配慮しており、ヴィーガンの人が使える植物原料だけのコスメもあるとか。

LOGONAロゴナリップクリーム・キャレンデュラ

シンプルな紙パッケージに入ったリップクリーム。本体も質実剛健なデザインで、男性でも使いやすそう。
輸入品で生産国はドイツですが、日本語での全成分表記があるので安心して使い始められました。
日本法人もあるようで、ロゴナジャパンの住所や電話番号も問い合わせ先としてちゃんと書かれています。
主な保湿成分はヒマシ油・ホホバオイル・キャレンデュラエキス・蜜蝋など。
キャレンデュラ(カレンデュラ)は日本語でキンセンカやマリーゴールドと呼んでいる花のようですが、パッケージや本体に印刷されてる花は日本の花壇で見かけるマリーゴールドとは全然印象が異なる花だなぁ。八重咲きと一重咲きの違いのせいでしょうか…

リップリームを繰り出してみると、綺麗なイエローゴールド色! かすかに甘い香りもします。
天然の蜜蝋やホホバオイルが使われているというので、やわらかすぎて折れやすいんじゃないかと心配でしたが冬の気温ならばけっこう固いままですね。
唇に固形バームを押しつけた瞬間にじんわりと油が溶け出す感じなので、時間をかけずにささっと塗るなら付けすぎにはなりません。
モチは良いのか悪いのか微妙なところ。昼に塗ったあと何時間か外出しててもしっかり皮膜感を感じる日があれば、夜寝る前に塗って1時間たらずでほとんど落ちていることも…
(毛布の中で読書してただけで飲んだり食べたりまったくしてないのに、いったいどんな現象でリップクリームは消えてしまったの?)

LOGONAロゴナのリップクリーム・キャレンデュラ(カレンドラ)の中身

保湿力は、1回きりならばニベアの高保湿タイプやワセリンには負けてる気がします。
さきほども書いたようにクリームが固くてたっぷり塗りづらいのと、なぜかたまに落ちやすいことがあるため、唇がガビンガビンに乾燥してる時にはもっとしっかり潤してほしいと思うことがありました。
ただ、何日か続けて塗っているうちにリップリームがあまり必要なくなってきたので、抗炎症作用があるというキャレンデュラの成分が効いてるみたいです。
唇の荒れや皮むけをすぐに綺麗にしたいならワセリンでのパックやマッサージの方がてっとり早いですが、乾燥を根本から解決・予防したいならキャレンデュラリップクリームの方が時間をかけなくていいし手軽です。
毎日使ってても減りが早くないので、成分や品質を考えるとコストパフォーマンスはまあまあ良いかと。

大きな短所は、蜜蝋や香料のにおいが唇にずっと残る点です。
天然エキスの香りなのでそこまで不自然ではないし自分ひとりにしかわからないものの、食事の前後には使いづらいし、油っこいにおいをキツく感じたり体質によっては受け付けない方もいることでしょう。
香りがうりのリップバームやハンドクリームに含まれる香料で気分を害したことがあるなら、店頭サンプルで匂いを確認した方がいいかもしれません。
それと、部屋の温度があたたかい日が続いたらクリームが筒内でやわらかくなり横にずれてることがあったため、真夏にポーチに入れて持ち歩くと溶けて出しづらくなりそうです。

スイーツスイーツ・シャイニードルチェシャドウ03ショコラモンブラン★7

秋が深まってから大活躍してるのがスイーツスイーツの「シャイニードルチェシャドウ03ショコラモンブラン」というアイシャドウです。
ブラウン系のシャドウはどこのブランドでも出してる基本色ですが、人の肌の中にある影色だからこそシビアなのか、長年あれこれ使ってきたのにどうもぴったりと合う物をみつけられずにいたんですよね。

このシャイニードルチェシャドウは、あまり色がつかなそうな茶色のアイシャドウを探していてみつけました。
さらに細かい条件はというと、締め色に濃い色が入っているライトブラウンかベージュのパレットで、ラメやパール感があまり強くなく、値段はできればプチプラ(1500円以下位)、ブラシやチップも付属してる…というところでしょうか。
ドラッグストアでテスターをあれこれ試してみて、粉のやわらかさと色合いの絶妙さに気に入り購入です。
シャイニードルチェシャドウのラインナップには、他にも赤みが強い色やゴールドよりのブラウン系パレットがありましたが、「人気ナンバー1色」とポップが貼ってあったので03を購入です。
ショコラモンブランという名前も、なんだかおいしそうで気に入りました。

シャンティ・SWEETSSWEETSスイーツスイーツシャイニードルチェシャドウ03ショコラモンブラン

塗ってみてまず感じたのが、クリームベースがけっこう良いこと。
アイシャドウベースは昔試したことあるものの、ヨレやすい・落ちやすいのが気になってしまいずっと使わずじまいでした。
このクリームベースには平らなフロストパールが入っていて、肌にしっかり密着して適度なツヤ感がでます。色はほとんどつかずべたつきも少ないので、日常メイクに取り入れやすいです。
パレットシャドウのおすすめ手順はパッケージ裏と公式サイトに載ってるので、その通りに塗ればナチュラルに立体感を出せます。
どのシャドウも粒子が細かく、溶けるように色がなじんでいくのに驚きました。
肌色の延長上カラーなので、塗りすぎちゃったりしてミスってもぼかせばなんとかごまかせるのも、不器用にとってはありがたいです。
締め色ダークブラウンにもパールが入ってますが、ぱっと見はほとんど目立たず、シャドウを塗っているとは見えないことも。
パールが強いクリームベースを使わなければ、化粧にうとい人にはすっぴんだと思われるかもしれません。
ただ、ベースに入っているパールは半日くらいたつと少しくすんだように感じました。
それと、時間が経つとなじみすぎるのか取れてしまうのか、自分でもアイシャドウの効果がよくわからなくなるのでメイク直しは必要かな。

SWEETS SWEETS(スイーツスイーツ)はグロスやネイルカラーがかなり高発色の明るいが多く、通りすがりに眺めていただけの頃は学生向けのコスメブランドだと思ってました。
ただよく見てみると、アイライナーやシャドウはかなり肌なじみの良さそうな色がそろっています。
ヌーディーで自然な色も多いので、オトナ世代がちょっと流行を取り入れたい…という時にいいブランドだと思いました。

サンキラーマイルドミルク日焼け止め乳液の使用感想

秋になって外歩きしやすくなりましたが、陽射しの強さはまだまだあなどれません。
真夏の時期は日に当たると暑いため、なるべく日陰を歩いたり日傘を使うようにしたりという意識が強いですけど、気温が下がると日焼けケアをついつい忘れてしまうことが多いですね。
うっかり焼けは絶対に防ぎたい…というわけで、今の時期でも出かける前目に入るところに日焼け止めを置いています。

秋と夏で日やけ止めに求めるものは少し変わります。
紫外線が弱めなのでSPFは高くなくていいけど、肌が乾燥しないで皮膜感も少ないのを求める傾向があるような。
今秋は、伊勢半・サンキラーのマイルドミルク日焼け止め乳液を選んでみました。
赤ちゃんでも使える敏感肌タイプ(紫外線吸収剤は無使用)で、SPF38・PA+++です。
サンキラーマイルドミルクにした一番の理由は「SPFはそこそこあるけど落としやすそう」なところ。
乳液タイプでPA値も高いのに、せっけんで落ちるというのは肌荒れを気にしなくて良いので塗りやすそうだと思いました。

伊勢半・サンキラーマイルドミルク日焼け止め乳液

日焼け止め乳液を肌にのせてみると、初めは白っぽく見えるものの伸ばすにつれ自然になじみます。
多めに塗りすぎちゃった場合は、半透明のヴェールをかけたようにうっすら白くなったまま。まあ、これはこれで手がきれいに見えるのでありかな~という気もします。
顔用として使う方は、塗る量によっては少し白くなると思っておいたほうがいいかもしれません。

塗った瞬間から、肌がとても潤うのがわかります。
ヒアルロン酸やコラーゲンといった水分保持系の保湿成分のほかにコメヌカ油も入っていて、かなりしっとり。
時間がたっても乾燥しづらいのは嬉しいんですが、ポリマーが肌に密着するからか「専用クレンジングがいらない」と書いてあるわりには落ちにくいです。
泡せっけんで1回手を洗っただけでは、日焼け止めを塗った部分だけ不自然に水を弾くしペタペタっとした感触も残ってるので、たぶん何らかの成分が落ちきってないんでしょう。
ウォーキングや散歩をよくするわりには手の甲が焼けてないので、きちんと紫外線防止はしてくれてるみたいです。
ただ、料理前にはかなり手を洗わないといけないため、使いづらいと思うこともありました。
その点を抜きにすれば、クレンジングで落とさなくても肌が荒れたりすることはなかったので、700円くらいでこの品質なら満足ではあります。

財宝の美水スペシャルミストスプレーを使ってみました

財宝オンラインからスプレータイプの化粧水を作ったというメルマガが来たので、さっそくお試しキャンペーンに申し込んでみました。
財宝といえば最近では相撲取りの遠藤関がイメージキャラクターになっています。
会社が独自に掘った温泉水を使ったミネラルウォーターや焼酎・健康食品などが有名ですが、化粧品まで作っているとは知らなかったです。

この美水スペシャルは、地下1200メートルの深さから湧き出ている水と温泉水をミックスし、ミストスプレーがついたボトルに入れたものだそう。
保存料や香料など、肌の刺激になる成分がまったく入ってなくて、天然水だけが詰まっています。

財宝の美水スペシャルウォータースプレー

とはいえ実は、実際に使うまでは保湿成分の入った化粧水なんだと勘違いしていました。
サイトの説明文に「肌をひきしめる」とか「肌にうるおいをもたらす」などと書いてあって、ちょっとまぎらわしかったです。
たしかに、水道水と比べて温泉水のスプレーは肌にいいらしいですね。
昔アベンヌやエビアンのミストスプレーが流行ったときに、何度か買った記憶があります。
肌の調子が悪いときには、ミネラルウォーターを洗顔後スプレーしてティッシュオフするとなんとなく余計な塩素が取れて肌にやさしい感じがしました。それに、その後につける化粧水のなじみもよくなります。

そんなわけで、財宝の美水スペシャルもプレ化粧水にしたんですが、肌荒れしてないからか劇的な効果は感じられません。
化粧水代わりに使ってみると、さすがにこれだけでは保湿力が足りなかったです。
気分転換として日中シュッシュッするのは、気分も肌もスッキリして良かったかな。
弱アルカリ性の温泉水で天然鉱石が入っているというわりには、においや硬さは感じられず優しい水でした。
九州産の水なので、海外のミネラルウォータースプレーよりは日本人の肌に合ってそうな気はしますが…
消費の期限が2ヶ月弱と短いのに、1人で顔だけに使ってる限りでは全然なくならないというコストパフォーマンスの良さが逆に困りもの。
スプレーノズルがしっかりした作りで、ちゃんと細かい霧状になり顔全体にまんべんなくかけられる点は使いやすかったです。