Tagged: コーヒー

キーコーヒー・トラジャブレンドドリップコーヒーを飲んだ味感想

インドネシアで栽培されたアラビカ種 の、トアルコトラジャコーヒー。
標高1000mから1800mという、寒暖差が大きく空気が綺麗な高地で育てられているのが特徴です。

キーコーヒー・ドリップオン6種類が入ったバラエティパックで初めて飲んで、すっきりした味わいにはまりました。
それまではコーヒー豆の産地・ブランド名等はあまり気にしてなかったんですが、このトラジャブレンドは別格です。

キーコーヒー・ドリップオン トラジャブレンド

昔はオランダの王侯貴族などごく一部だけで飲まれていたという、とても希少なコーヒー。
第二次世界大戦後、インドネシアの豆農園は荒廃し「幻のコーヒー」と呼ばれていましたが、1973年からキーコーヒーが主導となって復活させたそうです。

砕けた豆・黒くなった豆など見た目で選別した上で、サイズまで規格を定めるという徹底した品質管理。
インドネシアから日本への運ぶ際も、高級ワイン並みの15度という低温に保たれたコンテナで輸送されています。


トアルコトラジャコーヒーは、濃いめにいれたブラックで飲むのが好きです。
雑味・苦み・渋みがなく、香りもやわらかく飲みやすい味わい。
繊細な香りと味なので、昔の私みたいに紅茶派の人でも好みに合いそう。

なぜか、親しみを感じるというかなつかしい感じがするコーヒーなのが不思議…同じアジア圏で育った豆だからかな?
おやつのお供にするよりは、コーヒー単独でじっくりと飲むのがおすすめです。

MAXIMマキシムちょっと贅沢な珈琲店のスティックとドリップを飲み比べた感想

マキシムのブルーのパッケージが目印の「ちょっと贅沢な珈琲店」のブラックコーヒータイプスティック((インスタント)とドリップパック・豊かなコクのスペシャルブレンドの味を比べてみました。
この2種類はどちらも、ブラジルとインドネシアで生産されたコーヒー豆をブレンドしていてパッケージも共通なため、中身もほぼ同じみたい。

ちょっと贅沢な珈琲店シリーズでブレンドしているブラジル産コーヒー豆は最上級グレードのもので、酸味や渋味が少なく日本人の好みに合っているそうです。
特にレギュラーとドリップタイプ「豊かなコクのスペシャルブレンド」の粉末では、少し深めの焙煎と粗挽きならではの味が楽しめます。

AGf・MAXIMマキシムちょっと贅沢な珈琲店のスティックとドリップ

スティックタイプのインスタントコーヒーは、いつでも開けたての新鮮さと香りが楽しめ、簡単に入れられるので好きです。
この「ちょっと贅沢な珈琲店」のスティック(プレミアムブラック)は水にも溶けやすいので、夏場は朝ご飯と一緒に飲むアイスコーヒーとしてよく飲んでいました。
適度な苦味ですっきりした味なので、パンとよく合うし目が覚めやすい感じがします。

ドリップパックは秋になってから、お昼やおやつの時間に淹れて飲んでいます。
お湯を丁寧に注いでいると、心が落ち着いて気分転換になりますね。茶道と通じるものがあるような…
スティックよりも苦味やコクがくっきりとした味わいで、香りもとっても良いです。
瓶のインスタントも出たようですが、それで気にいった人にはレギュラータイプを一度飲んでみると感動できるかも。

両方ともコクを楽しめるのでブラックで飲んでましたが、ミルクとの相性もいいようなので、カフェラテにもおすすめです。

コクテール堂の長期熟成豆キリマンジャロドリップコーヒー飲んでみました

本格派コーヒーカフェやコーヒー豆の卸し販売をしているコクテール堂の、ドリップコーヒー・キリマンジャロ味です。

コクテール堂は「エイジングコーヒー」という独自の珈琲豆を使っています。
エイジングとは、コーヒー豆を数十ヶ月の間湿度や温度を管理し、熟成乾燥させること。
収穫したばかりの豆は固くて、渋みや苦味が多いそうです。時間を置くことでマイルドな味になるとか・・

コクテール堂のドリップバッグコーヒーキリマンジャロ

コクテール堂のエイジングコーヒー・キリマンジャロを飲んでみた感想

袋から出した瞬間から、強いローストの香りがあたりに漂います。
一般的なのコーヒーの香りに比べて、「焦げてる!?」と思ってしまうほど焙煎のにおいがすごいです。

味はというと、薄めに入れたはずなのにビター&ダーク。
意外にも、香りから予想していたほどの苦味はなく、まろやかでやわらかい口当たり。
あまりドリップコーヒー的な味ではなく、エスプレッソのようなしっかりした飲後感なのにすっきり爽快なのが不思議です。

普段はサプリやコスメでアンチエイジングをがんばってますが、年月を重ねることで輝きが増したり価値が出るものもあるんだな・・・とあらためて実感しました。

加藤珈琲店のドリップコーヒー2種類(深いコク・芳醇マイルド)を飲んだ感想

名古屋のコーヒー豆専門店・honu加藤珈琲店のドリップコーヒーです。
アラビカ種のコーヒー豆を100%使用、世界認証Q規格で味の評価80点以上のスペシャリテコーヒーだけを取り扱っているそうです。

楽天市場で買えるほか、楽天マートではバラ売りしていました。
市場のほうではドリップ個包装100袋が送料無料2500円・1袋では80円。マートのほうは1袋60円で買えます。

加藤珈琲店のドリップバッグコーヒー

★赤袋「深い香りとコクのドリップ・バッグコーヒーです」について

  • コーヒー生豆生産国・・・ニカラグア・グアテマラ
  • 焙煎方法・・・直火で、深めのフルシティロースト焙煎

アルミ袋を開けた瞬間から、香ばしい香りがふわーっと拡がります。
外側に引っかけるフック部分が細めなので、勢いよくお湯を注いだり塗らしてしまうと、カップ内にドリップごと落っこちてしまいそうな感じになるので、ゆっくりと少しずつ注ぐ必要がありました。

味わいは、たしかに深いコクがあっておいしいです。
酸味があまりなく飲みやすい口当たりなのに、しっかりと濃い味はするので、ブラックで飲むのにもおすすめです。
他社で言う、レギュラーブレンド的な位置づけの味かな。

★黄色袋「芳醇な香りマイルドな風味のドリップ・バッグコーヒーです」について

  • コーヒー生豆生産国・・・コロンビア・ホンジュラス
  • 焙煎方法・・・直火でシティロースト焙煎

こっちも、開けた瞬間から複雑な香りが解き放たれ、圧倒されます。
味は赤袋(深い香りとコク)と比べると、苦味が少なく口当たりがやわらかく感じます。
クセや強い個性のような風味が前面に出てこないので、万人受けするコーヒーですね。
甘いものを食べるときに一緒に飲んでも、味わいを邪魔しないと思います。


どちらもおいしく飲めましたが、ドリップコーヒーをブラックで飲む私が好みだったのは赤の「深い香りとコク」のほうです。
値段と味とのバランスを考えると、けっこうお得だと感じました。

NESCAFEネスカフェゴールド・カフェインレスコーヒーの味感想

夜にコーヒーが飲みたくなった時用に常備している、ノンカフェイン(デカフェ)のネスカフェゴールドです。
妊婦さんや授乳中・胃が弱い人が飲んでいるインスタントコーヒーというのは後から知りましたが、たしかにカフェインの刺激が少ないです。

NESCAFEネスカフェゴールド・カフェインレス

私はけっこうカフェインに弱いというか、普通の人よりも過敏に反応してしまう体質です。
夕食後に緑茶を飲んだら寝付きにくくなったり、夕方にコーヒーを何杯か飲んだだけで朝まで眠れないこともありました。
それでも、無性に夜コーヒーの味を求めることがたまにあるのです・・・コーヒーはケーキと相性がいいし、テレビでおいしそうにコーヒー飲んでる映像をみると影響されてしまったり。
(推理ドラマの『探偵ガリレオ』で、湯川学先生(福山雅治さん)が研究室でコーヒーを飲んでるシーンを観て、飲みたくなった人ならわかってくれますよね!?)

このコーヒーはカフェインが入っていないので、寝る前に飲んでも睡眠に影響がありません。
味もカフェイン有りのネスカフェゴールドと似ていて、バランスが良くマイルドで飲みやすい。
香りはレギュラー品と比べると落ちるものの、「コーヒーを飲んだなぁ」という気持ちになれ満足できます。
少し粒が硬めで、冷たい牛乳にそのまま入れても溶けにくいのが難点ですね。

近くのスーパーで取り扱わなくなってしまったためamazon通販にあるのか見てみたら、カフェインレスコーヒーは他にもクライスとマウントハーゲンという海外メーカーものがありました。
しかし口コミレビューを見てみると、苦味や酸味がやや強めらしいので、飲みやすい味のネスカフェゴールドに落ち着いています。定番のコーヒーだけあって日本人の味覚にちょうどいいのかも。
先ほども書いたように、妊娠の前後に飲む人が多いためベビー用品店などではけっこう安く売っていると聞きました。