Tagged: 美容液

ホメオバウ エッセンス美容液使用レビュー★7

ホメオバウのスターターキットで化粧水・クリームと一緒にエッセンス美容液を使ってみました。

このエッセンスに一番多く配合されているフラーレンという成分ですが、炭素から構成されていて活性酸素の発生を抑制するはたらきがあります。
フラーレンが活性酸素(フリーラジカル)をおさえる抗酸化作用により、メラニン産出も減る…とパンフレットに書いてあって、肌に刺激や副作用がないか調べてみました。
ホメオバウにも使われているフラーレンの原料会社・ビタミンC60バイオリサーチ社のサイトによると、経口毒性や光毒性・パッチテストなどで安全性は確認されているそうです。

 Homeobeauホメオバウエッセンス美容液

肌にのせた感触は、ヒアルロン酸美容液と似ていてとろんとしています。
色が乳白色なこと以外はそんなに変わった感じはしませんね。
伸ばすとそこそこ早く浸透するので、クリームをすぐに塗ることができ朝でもストレスなく使えます。
ハーブのすっきりした香りがするせいか配合成分のせいか、塗るときに少しひんやりする気がしました。冬で寒いこともあってそんなに好きな使用感ではなかったんですが、春~夏に使ったら気にならないのかも。

1ヶ月弱使ってみた感想としては、顔の色ムラやくすみがあんまり目立たなくなくなったような気がします。
ローションとクリームもライン使いしているので美容液だけの効果ではないかもしれませんが、肌に触れるとふっくら元気なさわり心地です。
保湿力がものすごく高いというわけではありませんが、潤しつつエイジングケア対策できるので、長く使い続けたら差が出るコスメかもしれません。

セルビック・FエッセンスFGF美容液の使用レビュー★9

年末にボロボロだった肌がスベスベになって、気分も良くなっている最近。
しかし人は贅沢なもので、さらに上を目指したくなっているという…
というわけで、セルビックのFエッセンスFGF美容液をプラスしてみました。

FGFは人の体の中にもある成分で、真皮内でコラーゲンを作っている「線維芽細胞」を刺激し成長させるはたらきに関わっています。
ノーベル賞をとったことで有名なEGFとともに皮膚再生医学に使われている、注目のエイジングケア成分です。

cellbicセルビックのFエッセンスFGF美容液

このFエッセンスは化粧水の前に塗る美容液なので、スペシャルケアとしては取り入れやすいです。
透明でなじみやすい液なため、塗ってからそんなに待たずに化粧水や乳液を重ねられます。
保湿成分としてプラセンタやヒアルロン酸・エラスチンが含まれてますが、浸透した後はサラサラな肌になりました。

使い始めてから5日ほどたっての変化はというと、手で口元やほおをさわった感触が大きく違います。
キメがきれいに整った、スルスルっとした肌触り。
前に使ったセルビックのEGF美容液・Eエッセンスの使い心地は「肌の弾力が増して細胞全体が元気になる」感じでしたが、今回のFエッセンス(FGF美容液)はおだやかで「ふにゃふにゃっとしたなめらか肌」という感想です。
色ムラも目立たなくなり、ファンデーションのノリがすごく良くなりました。
長く使うことで実感できるタイプのコスメなのに、なぜか短期間でも変わるので嬉しいです。

成分自体の特性が違うため、エイジングケアを期待するならばFGFとEGFのダブル使いした方がいいそうです。
私個人の考えとしては、シワなどの肌悩みが少ないうちは片方だけでもいいかな~と思います。
今回はお試しセットでお得でしたが、まだまだ高価な美容成分ですし。
FGFは私の肌と相性が良かったみたいなので、機会があったらぜひぜひまた使いたい美容液です。

アルケミー・ハイドロリフレックスディープセラム使用レビュー★7

アルケミーの美容液・ハイドロリフレックスディープセラムです。
先日の記事で書いた化粧水(ハイドロリフレックスローション)と一緒にライン使いしました。

alchemyアルケミーの大きな特徴である、独自の酵母発酵エキスVEGAL(ベガル)ももちろん入っています。
ベガルは糖質や有機酸などを含みうるおいを与えてくれる保湿成分だそうです。

alchemyアルケミー・ハイドロリフレックスディープセラム

このハイドロリフレックスディープセラムは「美容液」という位置づけのコスメアイテムですが、肌にのせた感触は乳液に近いですね。
半透明のとろっとした美容液で、顔全体に伸ばしやすいです。
ローズ系のアロマが香りますが、化粧水よりもソフトで甘い印象。
バニラビーンズ香料が入っているそうですが、お菓子っぽくはなく香水にありそうなフローラル調です。

肌に伸ばすと、すぐに浸透してやわらかく潤っていくのがわかります。
アルコール成分がニガテな肌質なため、エタノール配合美容液ということで荒れ・乾燥が心配でしたが、10日くらい使っても異常は出ませんでした。
塗った後に少しペタペタ感が残りますが、時間が経てば気にならない程度です。
ローションとセラムの2ステップだけだと、冬にガサガサ乾燥になる混合肌にはちょっと保湿力が物足りない感じがしました。
水分補給はしてくれるけど、油分が足りないというかフタをしてくれている安心感が少なくて。
普通肌・オイリー肌や、さっぱりした使用感が好きな人ならばちょうど良さそうです。

日本盛米ぬか美人NS-K・うるおい美容液使用レビュー★7

 日本酒で有名な日本盛のコスメブランド・米ぬか美人NS-K。
保湿シリーズのうるおい美容液を、トライアルセットでライン使いしてみました。

このうるおいシリーズは、日本盛が発見したアミノ酸量の多い「つや肌酵母」を使っているのが特長です。
そのほかにも保湿成分としてコメ発酵液や米ぬかエキスなどを配合していて、日本酒造りの技を活かしている感じがします。

日本盛米ぬか美人NS-K・うるおい美容液

お試しサイズですが、丈夫なプッシュ式の容器入り。
1回に出る量が少なめなので、肌の乾燥具合に合わせて少しづつ出すことができて良いです。

無色透明のとろんとしたジェルで、すぐに浸透してべたつきません。
美容液の前に塗る「米ぬか美人NS-Kうるおい化粧水」も使用感が軽くて、ていねいに水分補給するタイプのコスメだなと思いました。
化粧水と違うのは、酵母の香りがあんまりしないことです。ほぼ無香でした。

しばらくするとサラサラな肌になって、ヒアルロン酸原液を直接つけた時と似ています。
アルコール(エタノール)は入っていないし、パラベン不使用で低刺激だし、肌が弱っている時でも使いやすいです。
ただ、保湿美容液として強い個性がないのと、短期間では肌の変化もそんなにわからなかったので微妙な評価になりました。

糖質科学研究所 オリゴヴィータ・リバースセラム保湿美容液★10

本格的に肌の乾燥が気になる季節ですね。
朝のお手入れでしっかり保湿しているつもりでも、夕方にはカサカサしてしまうことが増えてきました。

スペシャルケアをしてみようと、Oligovitaオリゴヴィータのリバースセラムという保湿美容液を使ってみました。
この美容液は普段の化粧水の後に塗るもので、保湿成分としてナノサイズの低分子ヒアルロン酸(HA4)とハイドロキシアパタイトというミネラルを配合しています。

現品は12600円と高級コスメですが、5日分のお試しトライアルは1000円でした。

糖質科学研究所・Oligovitaオリゴヴィータリバースセラム

 1袋にたっぷり入っているので、2~3回は塗れますね。

とろんとしていて、肌にやさしく伸ばしやすい。においはありません。
プチプライスのちふれ・ヒアルロン酸美容液と比べると「しっかり濃密」な印象を受けます。
すぐに浸透してべたつかないので、時間のない朝でも使いやすかったです。
ふっくら&自然なツヤ感が出て、化粧ノリも良くなった感じ。

目元と口元は塗り重ねるようにしたのもあって、リバースセラムを使った日は乾燥が気になりませんでした。
とてもしっとりするので、乳液やクリームを塗らないで済ませることも(化粧下地は保湿してくれるタイプを使ってます)。

刺激や油っぽさもなく、肌状態はいいです。プラスケアなので、化粧水やクリームは気分にあわせて変えられるのも魅力的。
乾燥肌や水分不足が気になる肌におすすめです。
『オリゴヴィータ・リバースセラム保湿美容液(糖質科学研究所)』の口コミ感想レビューでした。