甘酒に含まれる美肌&疲労回復に効果的な3つの天然パワー成分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

冬のイメージが強い甘酒ですが、江戸時代の夏バテ予防には「金持ちはうなぎ、庶民は甘酒」と言われるほど一般的な飲み物で、甘酒は夏の季語として俳句や川柳にもよく詠まれました。
江戸時代は夏の暑さで体力を失い亡くなってしまう人が多かったため、幕府も甘酒の価格が高騰しないようにと、甘酒の行商人に売価上限を定めていた話が残っています。

最近はテレビや雑誌でも、甘酒の有効成分と効能から「飲む点滴」と呼んで、猛暑時の栄養ドリンクとしておすすめしてますね。
甘酒のすごいパワーはエネルギー補給だけでなく、美肌やアンチエイジングにおすすめの成分も色々と入っているのです。

冷やし甘酒

 甘酒に含まれる主な有効成分

  • ビタミンB群・・・糖質をエネルギーに変えので、疲れにくくなり免疫力を上げます。そのほかにも皮膚や髪の毛をつくったり、粘膜を保護するはたらきがあります。肌荒れや口内炎が出来やすい人は不足しているのかも。
  • 天然必須アミノ酸・・・皮膚のほとんどはアミノ酸によって構成されています。肌のコラーゲンを作ったりメラニンの抑制をするほか、脂肪の燃焼を高めたり疲労物質・乳酸の発生を抑えます。
  • イノシトール・・・脂肪やコレステロールの流れを良くしてくれダイエットや生活習慣病対策に有効です。また、頭皮トラブルを防ぎ発毛や育毛しやすい環境を整えます。

ビタミンBやアミノ酸は重要な栄養素で、ダイエットや偏った食生活をしていると不足しがちになりだるさや肌荒れの原因になります。
サプリメントで補うよりも、食品から摂った方がバランス良く摂取できます。特にイノシトールの場合、色々な栄養素と一緒の方が吸収が良くなるという説もあります。

甘酒の種類・選び方と美味しい飲み方

麹(こうじ)とお米をおかゆ状にし発酵させて作る甘酒と、酒粕を湯で液状に伸ばし砂糖を入れて作る甘酒と2種類の製造方法がありますが、どちらも糖分以外の栄養成分はほぼ同じです。
(日本酒やみりんの酒粕から作った甘酒は残留アルコール分が多いものもあるため、車の運転をする人は控えたほうが良いです)

夏に飲む場合は、冷蔵庫で冷やしておくと飲みやすくなります。
しょうがを入れてサッパリとした風味にしたり牛乳で割ったりすると喉越しがさらにすっきり。食欲がない時の朝ごはんやおやつがわりにもいですよ。
冬場の甘酒ももちろん、体を温めてくれて風邪や冷えの予防になるので、1年を通して飲むことをおすすめします。

Post a comment

You may use the following HTML:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

注意:日本語を含む投稿限定です。(スパム対策)