Tagged: エイジングケア

ジバンシイVAXシティローションセラム美容液を使った感想

久々に、びっくりするような使い心地のコスメに出会いました。
ジバンシイの新しいエイジングケア対策美容液「VAXシティローションセラム」です。
@コスメのファンクラブプレゼントでいただき、発売前から1週間ほど使ってるんですが、かなり幸せ気分になれちゃう美容液で、ジバンシイの他のスキンケア商品にも興味が出てきたほど気に入りました。

ジバンシイVAXシティローションセラム美容液(GIVENCHY VAX'IN CITY SKIN SOLUTION)

VAXローションセラムのパンフレットによると、この美容液は大気汚染による肌ダメージを修復させるのが目的だそう。
肌機能をアップさせることで、汚染物質が原因のくすみやシワなどに立ち向かう力をつけるというスキントレーニング発想がコンセプトです。
たしかに、汚い空気を浴びると肌が疲れちゃいますね…。自然が多くて空気がきれいな場所に行くと、なんだか肌荒れも化粧崩れもしにくいように思えてたけど、気のせいじゃなかったんだなぁ。

このごろは最先端のテクノロジーを使った化粧品が増えていますが、VAXローションセラムも生化学者が開発に携わっています。サウナやスパイスの効果として有名な、少しの刺激が細胞を活性化させるという現象・ホルミシス効果を応用し作られたそうです。
わざと微弱なストレスを与えてスーパーHSP70というたんぱく質を生産させることにより、修復機能や免疫機能が高くなったという研究結果がみられたとか。

ジバンシイVAXシティローションセラムスポイトと美容液((GIVENCHY VAX'IN CITY SKIN SOLUTION SERUM)

大きめのスポイトで取り出すタイプの美容液で、ていねいにお肌のお手入れしてる~と気分が盛り上がります。
1プッシュだと顔全面になじませるのにちょっと足りない感じかな。2プッシュを顔と首に塗ってちょうどいいくらい。
クリーミーな液は、ジェルと乳液の中間なやわらかさ。とても肌なじみが良く、朝でもストレスなく使えました。
塗ってすぐに、肌キメが整って見え、吸いつくような弾力が出たのに驚きました。
いつも使ってる美容液の前に塗るプレ美容液らしいですけど、VAXローションセラムだけでも充分しっとりふわふわなさわり心地の肌になるので、美容液はパスしてすぐ乳液塗っちゃってます。
肌状態にもよると思いますが、まだ空気の乾燥がひどくないし、その使い方でも寝る前に塗って朝の洗顔後までしっかり潤ってるので。

保湿効果は申し分なしだし、頬がふっくらしてたるみが目立たなくなるせいか、小顔に見えるところも気に入りました。
ぐぐっとリフトアップしてるのにシリコンやポリマーで無理に引きつってる感触はなく、肌自体は赤ちゃんみたいにやわらかいのが不思議。
それと、くちなしの花が咲いたかのような香りに癒されますね。ふだん匂いの強いコスメはあまり使わないんですが、香水でも有名なジバンシイだけあってすごく自然な香りで、塗っている間に気分も明るくなりました。

容器が変わっているので中身の残量がわかりにくいですが、10回ほど使っても横の透明部分が減らないので、品質の割にはコストパフォーマンスも悪くなさそう。
細胞に働きかけるコスメにしては刺激が少ないのでよほどの敏感肌でなければ使えそうですし、エイジングケアの即効さや使用感のよさにこだわる人にはかなりおすすめです。

@コスメでは9/29まで、VAXシティローションセラムのイベント参加やサンプルパウチのキャンペーン募集をしているので、気になっている方は応募してみてはいかがでしょう。

ルアンジュボーテのしっとり化粧水モイストローション★9

エステサロン限定の化粧品ブランド・ルアンジュドボーテです。
ミニサイズの基礎化粧品をライン使いした中で一番良いなと思ったのが、このしっとりタイプ化粧水のモイストローションでした。

ルアンジュドボーテは、フラーレンやEGFといった保湿成分がたっぷり入っているエイジングケアコスメ。
おもしろいのが、微量な電気を帯びたナノ化ビタミンCが入った還元水をベースにしているというところです。
微粒サイズなので普通のビタミンCよりも角質層にしっかり浸透して、メラニンのはたらきを抑制してくれるそう。
このモイストローションにはその他にも、鮭由来のマリンプラセンタ・クロレラエキスなどのアミノ酸たっぷりな生物パワーとプラチナナノコロイドが保湿成分に使われています。

ルアンジュボーテのしっとり化粧水モイストローション

手にとった瞬間はさらっとした液に思えますが、肌にのばすとジェルのようにプルンとした感触に変わりました。
ローズウォーターのせいかほんのりした香り。意識しなければわからないくらいなので使いやすいです。
しっとり潤って、他に何もつけなくても平気なくらい。全然荒れなくて、敏感肌でも使えると説明に書いてあったのは本当なんだ~と嬉しくなりました。
使い始めて3日くらいで、細胞そのものが元気になった感じの肌弾力に。
ターンオーバーも自然に整えてくれたみたいで、さわり心地はサラサラ。くすみも減ったような…
ファンデーションのノリが良くなったし、チークもぱあっと綺麗に色がのるような気がします

ルアンジュドボーテをネット通販で買えるか検索してみましたが、どうやら本当にエステサロン直売だけのよう。
この化粧品は150mlで4800円と、アンチエイジング向けコスメとしては買いやすい値段だけに、販売ルートが限られてるのはちょっともったいないと思いました。
ミニのトライアルセットもあるので、加齢肌や美白が気になる人はもし見かけたら使用感を試してみてはいかかでしょう。
ただ、クレンジングと洗顔料には果実由来のAHA(フルーツ酸)が配合されていてピーリング効果があるため、肌が弱い人には厳しいかもしれません。
(私は敏感気味で角質除去が苦手なので、洗顔クリーム等はまだ使っていません。ひじやひざ用にするかも…)

桜の花エキス入り・コーワ桜ビューティ潤サプリで透明感出たかも?

最近のエイジングケアでは、体の抗酸化に加え「糖化」に対応したサプリメントも出ててきましたね。
とはいえ、原料のせいかまだまだ高価なサプリが多く、あまり気軽に飲めません…
キューピーコーワでおなじみのKOWAが作っている『桜ビューティー潤』のお試しサイズが500円だったので、効果はどんなものかな?と気になり注文してみました。

桜ビューティー潤に含まれている成分は、桜の花エキスとフィッシュコラーゲン・エラスチンが主です。
桜の花エキスは八重桜・関山の花びらから抽出され、実験では糖化の抑制やコラーゲン産出とかかわりがあるという結果が見られた美容成分です。
桜の花は、富士山麓にあるコーワの専用農場で栽培されていて、1輪ずつ手で摘まれているそうです。

KOWAコーワ桜ビューティ潤サプリ

サプリの袋を開けると、心なしか甘酸っぱい花の匂いがします。
ほんのりとピンク色ですが、クチナシ色素で色付けされているため桜花の色ではないみたい。
サプリ錠のサイズは少し小さめなので、のどにひっかからず飲みやすいです。
コーワの健康食品は製薬基準の安全性テストが行われていて、成分はきちんと表示通りの含有量・不純物は入っていないことを確認されている…と袋にも書いてあって、なんとなく安心感はあります。
サプリメントって手軽に飲めますが、製造方法は不透明だし成分もきちんと入ってるのかわからない部分はありますね。
桜の花から抽出した成分というのも、なんとなく日本人の体に合ってるように思えます。桜餅や桜の塩漬けなど、なじみがあるので。

何日か続けて飲んでいたら、少し肌の透明感が増した気がします。自分にしかわからないくらいの変化なので、自己満足ですが(笑)
くすみが気になる人や、肌がなんとなくモヤモヤして見える…という悩みにいいと思いました。
気休め程度でも、長く続けていたら変わるかもしれませんね。お試ししやすい値段なのはかなり嬉しいです。
桜の花エキスに使われる八重桜は4月半ばから下旬に収穫されるそう。
ちょうど今頃、わさわさと花が集められているんだと想像すると、サプリなのになぜか身近に感じられます。

「レスベラトロール&プラセンタ」を摂っての肌変化

昼間は暖かい日が増えましたが、陽差しが強くて紫外線が怖い季節…
紫外線の降り注ぐ量だけでいったら、真夏よりも春のほうが多いんですよね~
UV対策と、季節の変わり目に肌が荒れやすいこともあり、2月からちょくちょくレイディアントの『レスベラトロール&プラセンタ』を飲んでます。

この『レスベラトロール&プラセンタ』は馬プラセンタがメインのサプリなんですが、コラーゲンペプチドやビタミンCといった成分のほかに5種類の植物エキスも入っています。
赤ワインに多く含まれていると話題になったブドウポリフェノール・レスベラトロールや桜の花エキス・ツバキ種子エキスといった、食べ物ではちょっと摂りづらい抗酸化物質がバランス良く入っているので、他の美容サプリを飲まなくていいのが特徴です。

RADIANTレイディアント社のレスベラトールプラセンタ

サプリ錠はちょっと大きめですね。
アメリカのビタミンサプリほどではありませんが、厚みもあってチョコラBBよりは一回りふくらんでます。
不思議なのは、なめてもまったく味がしないことです。
プラセンタサプリはカプセルでも独特のゼラチン臭がありがちなのに、全然においも味もありません。
なので、マルチビタミンを飲むのと同じ気分で飲めました。

『レスベラトロール&プラセンタ』を何日か続けて飲んでいたら、目元のかさつきが気にならなくなったような。
効果がハッキリ目に見えるわけではないものの、ふと鏡を見たときに「なんとなく肌ツヤがいいかな?」というプチ変化がありました。
抗糖化・抗酸化ポリフェノール成分は即効性を期待するというよりも、長く飲み続けて効果が出るものなので、少しずつ摂ってます。

おもしろいな~と思ったのは、写真でもわかるように包装が1週間くらいずつ小分けになっているのと、賞味期限がわかりやすく表示されてることですね。
せっかくの抗酸化サプリでも中身が劣化してたら意味無いので、いつもフレッシュな状態で飲めるのはうれしいです。

ホメオバウ エッセンス美容液使用レビュー★7

ホメオバウのスターターキットで化粧水・クリームと一緒にエッセンス美容液を使ってみました。

このエッセンスに一番多く配合されているフラーレンという成分ですが、炭素から構成されていて活性酸素の発生を抑制するはたらきがあります。
フラーレンが活性酸素(フリーラジカル)をおさえる抗酸化作用により、メラニン産出も減る…とパンフレットに書いてあって、肌に刺激や副作用がないか調べてみました。
ホメオバウにも使われているフラーレンの原料会社・ビタミンC60バイオリサーチ社のサイトによると、経口毒性や光毒性・パッチテストなどで安全性は確認されているそうです。

 Homeobeauホメオバウエッセンス美容液

肌にのせた感触は、ヒアルロン酸美容液と似ていてとろんとしています。
色が乳白色なこと以外はそんなに変わった感じはしませんね。
伸ばすとそこそこ早く浸透するので、クリームをすぐに塗ることができ朝でもストレスなく使えます。
ハーブのすっきりした香りがするせいか配合成分のせいか、塗るときに少しひんやりする気がしました。冬で寒いこともあってそんなに好きな使用感ではなかったんですが、春~夏に使ったら気にならないのかも。

1ヶ月弱使ってみた感想としては、顔の色ムラやくすみがあんまり目立たなくなくなったような気がします。
ローションとクリームもライン使いしているので美容液だけの効果ではないかもしれませんが、肌に触れるとふっくら元気なさわり心地です。
保湿力がものすごく高いというわけではありませんが、潤しつつエイジングケア対策できるので、長く使い続けたら差が出るコスメかもしれません。